こんにちは。
しっかし寒いですねー。(・・;)

冷えは大敵やし、あらゆる首(首・手首・足首)を温めなアカン!と、
あちこちぐるぐる巻きにしてたら、

姉さんに「だるまやん」て笑われたわ(w)


ええねんっ。
だるまでええねんっ。
不調になるよりなんぼかマシやーーー!



・・・でもやっぱ、だるまはアカンよね。(笑)


てことで、コレ食べてます。


豚みそ7


↑『生姜&長ねぎたっぷり!豚みそ』


体を温める「生姜」と「長ねぎ」がたっぷり!
あと、「にんにく」も入った豚みそです。

おなかの冷えを改善してくれる「味噌」もたーーーっぷりなので、
まさに!体の冷えを改善するのにぴったり。^^



しかし、なぜに豚みそなんか?ていうと、
先日、ママ友から沖縄土産に「油みそ」をいただいたんです。

うちの新婚旅行先は沖縄やってんけど(かれこれ15年くらい昔)、
そのとき以来、油みそとはずっとご無沙汰で。

今回久々に食べたら、やっぱりめちゃおいしくてー♪(≧▽≦)

家族みんな(※ド偏食の息子含む)でドハマリしてわしわし食べてたら、あっという間になくなってしまった・・・。


みんなめっちゃさみしそうやったんで、似たようなもん作らねばー!と。
どうせ作るなら、今の時季の養生にぴったりなものにしちゃおー!と。

で、できたのが今日のコレ。^^


豚みそ11


いただいた「油みそ」とはぜんぜん別物やけど、(笑)
バッサリ侍からも、食欲魔人からも、ド偏食からも、「これおいしー♡」をいただきましたー!v( ̄∇ ̄)vイェイ♪



豚みそ9


ほかほかご飯に乗っけて食べたら、もう最高♡
お箸が止まらんうまさですー!

「ご飯おかわり!」の声が、あっちこっちから飛んできたよ。(笑)


豚みそ6

ちなみに、これって味が結構濃いめなので、
お茶碗1杯のご飯にこれくらいの豚みそで十分ですよー。^^



それでは、作り方いきまーす!


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『生姜&長ねぎたっぷり!豚みそ』


【材料】(作りやすい分量)
・豚ひき肉 150g
・長ねぎ 白い部分・青い部分を各10cm分
・生姜 1片(親指くらいの大きさ)
・にんにく 生姜の1/2量
・ごま油 大さじ1

<A>
・みそ 150g
・砂糖 50g
・酒 大さじ2


【作り方】

豚みそ工程1

①長ねぎ、にんにく、生姜をみじん切りにする。<A>をよく混ぜ合わせておく。

豚みそ工程2

豚みそ工程3

②フライパンにごま油を熱し、中火に落として①を加えて炒める。香りが十分にたったら、ひき肉を加えて炒める。

豚みそ工程4

豚みそ工程5

③お肉の色が完全に変わるまでしっかり炒めたら、<A>を加えて全体に味を絡める。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□



ひき肉とお味噌は同量の150g、
砂糖はその1/3の50gなので、覚えやすいかなーと。^^


生姜とか長ねぎをみじん切りにするのがちょっと面倒かもやけど、
それさえやってしまえば、あとは簡単!

あっという間にできちゃいまーす!(^O^)/


一週間は日持ちするので「作りおき」にもおすすめ。
(※一週間以上は実験したことないのでわかりません!すみません~><)

年末のバタバタに備えて作りおきしておけば、助かるかとー!
(ほかほかご飯さえあればなんとかなる!的な。笑)



豚みそ12


レシピの分量で作ると、私がいつも作りおきの保存に使ってる「セリアのタッパ」にぴったりの量ができまーす!

あ、そうそう。
できあがってすぐはこんな感じなんやけど、冷蔵庫に入れるとどうしても脂が固まってしまう部分があるんですよね~。

豚みそ

こんな感じで。
なので、気になる方はスプーンなどで脂を取り除いてください。

あと、冷蔵庫から出したての冷たい状態でも、ほかほかご飯の上に乗せたら、ご飯の熱でいい感じに馴染んでくれるんですが、もしもめんどうでなければ、耐熱の小皿に食べる分だけ移して電子レンジでちょこっと温めていただくと◎です。


豚みそ8


「豚肉」は気・血ともに補い体の潤いを補ってくれて、から咳・肌の乾燥・便秘などに効果的。また「腎」を補うので、疲労回復効果にも優れています!


「味噌」は脾・胃を温めその働きを高めてくれる食材。おなかの冷えを改善してくれます。また、体内の老廃物を排出し、二日酔い美肌にも◎。

そして、「ねぎ」・「生姜」・「にんにく」の【辛味(しんみ)の食材3兄弟】で、体をしっかり温め、免疫力を高め風邪予防寒さからくる風邪のときにもいいですよー。^^

てことで、疲労回復、冷えの改善、風邪予防、寒さからくる風邪のときなどにおすすめの一品でーす!(^O^)/



豚みそ4


めっちゃおすすめなので、
よかったら、作ってみてくださーい。^^




***

【薬膳メモ】

<ねぎ>
体を温めるので、寒気から風邪のときにいい。免疫力も高めてくれる。
胃腸の働きを整えてくれる。

<豚肉>
(部位によって効能は様々だが)気を補い、血を補い、体の潤いを補ってくれる。
→から咳や、肌の乾燥、便秘にも◎
腎を補い、疲労回復や、産後の体力回復、母乳の出をよくする効能もあるとされる(特に豚足)。

<味噌>
「脾」「胃」を温め働きを高める。(お腹の冷えをとる)
体内の老廃物を排出し、二日酔い、美肌、老化防止にも◎。
抗酸化作用もあるとされる。

<生姜>
体を温めてくれ、慢性的な冷えに効果的。→免疫力アップ、老化防止にも。
寒さからくる風邪に効果的。
脾と胃を補い、食欲増進に。


<にんにく>
体を温め、下痢や、寒さからくる風邪に効果的。
咳や痰を鎮めてくれる。
胃の活動をととのえ、体力の回復にも◎
(※はちみつとの組み合わせはNG。陰虚体質の人にもNGとされる)


<ごま油>
腸を潤すので、便秘を解消してくれる。お肌にも潤いを与える。→美肌に。
胃に食べ物がたまってることによる腹痛や、熱をもった腫れ物・できものを改善。



******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んで下さりありがとうございました!今日もいい一日でありますように~♪
****************************************