こんにちは。^^

今日は姉さんの三者懇談デーでして、
ちょっとドキドキしております。(いろんな意味で)

いままで三者懇談行くのにドキドキしたことなんて、一回もなかったのに。(それもどやねんw)



・・・とか書いてたら・・・

なんでドキドキするかわかったかも!
今回は、正真正銘の三者懇談やからかもー!(意味不明?)

なんせいままでの三者懇談はもれなく息子付きで、(=四者懇談)
毎回息子に気をとられ過ぎて(必死)ドキドキする余裕もないんやったわ。(^^;)

(今回は、息子の保育中に行ける!ありがたやぁ~~~)


今日は、しっかり集中して話聞いてきまーす!


さてっと、
それでは早速今日の一品。

塩昆布和え5


↑『トマトとチーズの塩昆布和え』


トマトとチーズを切って、塩昆布・ごま油で和えるだけ。
切って和えるだけ!

材料も少なく、
火を使うことなく1分で完成する!(最近こんなん多いw)

真夏にうれしい超簡単な一品です。.。゚+.(・∀・)゚+.゚


そしてこれ、先日の「茄子ときゅうりの海苔ナムル」と同じく、
夏バテ対策の献立写真の中にあった副菜のひとつで、

トマト・昆布で体の余分な熱を取り、トマトで胃の働きを整え体を潤し喉の渇きを癒しドロドロ血を解消!(あと、チーズも体を潤してくれます)

効能面でも、真夏にうれしい一品でーす.。゚+.(・∀・)゚+.゚


塩昆布和え6


甘酸っぱくてジューシーなトマトは、
そのまんまで十分すぎるほどおいしいけど、(←無類のトマト好き)

チーズのコク、ごま油のまるっと丸み、塩昆布のうまみと塩気が加わると、これまたおいしー♪


切って盛っただけのトマトやと、
手抜き感がすごくてちょっと気が引けたりするんやけど、

これやと、堂々と食卓に出せる!(気がするw)


それでは、作り方です。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『トマトとチーズの塩昆布和え』

【材料】(2人分)

・トマト 1個
・プロセスチーズ 30g(ベビーチーズ2個) 

<A>
・塩昆布 4~5g(お好みで調整)
・ごま油 小さじ1


【作り方】

塩昆布和え工程1

①トマトをざく切りに、プロセスチーズを食べやすい大きさに切り、ボウルに入れる。

塩昆布和え工程2

塩昆布和え工程3

②<A>を加えて混ぜる。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


混ぜてすぐより、
塩昆布が馴染んでやわらかくなった頃(だいたい5分後くらい)が、食べ頃です。^^
(5分の間も冷蔵庫に入れて冷やしておきましょ~)

トマトはなるだけ完熟のものを、
そして、チーズはお好みで増量していただいても◎。

あと、ご使用の塩昆布によって、塩気が多少違ってくると思いますので、
味をみながら調整してくださいね。^^


塩昆布和え3


あと一品足りへーん!てときにでも、よかったら~。^^



***

【薬膳メモ】

<トマト>
体を冷やし、喉の渇きを止める働きがある。
(冬に食べるなら、体をあたためるものと組み合わせると◎。)
胃の働きを助け、血液サラサラ効果もあり、美肌やアンチエイジング効果も。


<昆布>
腎を補う黒い食材なので、冬にいいが、寒性で、体を冷やす。(熱を取る)
→摂りすぎ注意。合わせる食材や、調理法に気をつける。
余分な水分を排出する効能がある。→むくみ解消に。
血や痰によるしこりや結石などをやわらげる。
便秘の解消にも○。
高血圧にも、いいとされる。


<チーズ>
体の潤いを補い、皮膚や粘膜を保護する。
肺に潤いを与え、から咳や喉の渇きを鎮めてくれる。
腸に潤いを与え、便秘にもいいとされる。


<ごま油>
腸を潤すので、便秘を解消してくれる。お肌にも潤いを与える。→美肌に。
胃に食べ物がたまってることによる腹痛や、熱をもった腫れ物・できものを改善。



******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んでくださりありがとうございました!
****************************************