こんにちは~。

ここんとこ毎日、卒園式の練習があった息子。

家でも修了証書授与の練習をしたいて言うので、
私が先生役で練習。

「〇〇くん!」「はい!」て大きな返事をして
前まで歩いてって証書をもらうっていう一連の動きをやっててんけど、、、

歩く姿がテケテケめっちゃぎこちない。(・・;)
(右手右足が一緒に出ることもw)


私「もしかして、緊張してる?」

息子「・・・めっちゃドキドキする。(*'-'*)」


かわいすぎるやないかーーーい♡(* ̄∇ ̄*)


そんな息子も、いよいよ今日卒園!

元気にこの日を迎えられたことが、とにかくうれしい&ホッとしています~。*^^*

息子はやっぱり、本番も緊張してまうんかな?
(ロボット歩きがみれるんかな?笑)

とにもかくにも、息子の姿を目に焼き付けてこようと思います!



さてさて。

先日も書いたんですが、徐々に暖かくなってくるとともに、
旦那のビール消費量がぐんぐん増え、

それにともない、日々のおかずもおつまみ的なものが多めにいるようになりまして。

がしかし、節約も意識せなアカンし(単なる家庭の事情)、
あれこれ作るのめんどくさいし(単なる私の事情)、

てことで、今日の一品はコレ。


蒸し鶏3


↑『レンジ蒸し鶏*タイ風ピリ辛ねぎダレ』


「蒸し鶏」に「ねぎだれ」をかけていただく一品です。

ねぎだれは、長ねぎ切って調味料と混ぜるだけ

蒸し鶏は、鶏むね肉使用電子レンジ調理で、節約&簡単お手軽!


ねぎだれは、ピリ辛なタイ風の味付けで、
ビールのおつまみにぴったり!

蒸し鶏もねぎだれもめちゃ簡単&作り置きできるので、
おつまみがすぐ必要ってときでも、スッ・・・と出せる!(できる主婦風)


蒸し鶏9


しっとりやわらか~な鶏むね肉に、
さっぱり&ピリ辛なねぎだれをたっぷり乗せて食べると、おいしー♪

ビールのおともにぴったりかと。^^


鶏むね肉があっさりヘルシーな上に、
ねぎだれもノンオイルでさっぱりヘルシー仕様なので、

わたくし世代の方や、薄着の季節に向けて頑張るぞー!て方にもおすすめです◎。


逆に、あっさりしすぎなんは物足りないなぁ~て場合は、
むね肉の代わりに鶏もも肉、あるいはゆで豚とかで代用してもいいし、

ねぎだれに、お好みのオイル(ごま油とか米油とか)をプラスしても◎。

お好みでアレンジを~。^^



それでは、作り方です。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『レンジ蒸し鶏*タイ風ピリ辛ねぎだれ』

【材料】(主菜としてなら2人分、おつまみとしてなら4人分くらい)

・鶏むね肉 1枚(300~350gくらい)
・塩、砂糖 各小さじ1/2
・酒 大さじ1+大さじ2
・サンチュやキュウリスライスなどお好みの野菜 適量

<A>
・長ねぎ 1本(白い部分のみ)
・レモン汁 大さじ2
・ナンプラー、薄口醤油 各大さじ1
・砂糖 小さじ4
・一味唐辛子 お好みの量(※辛いのが苦手な方は抜いても◎)
・おろしにんにく、おろし生姜(チューブ使用) 各1cm分

お好みで、サンチュやグリーンリーフレタスなどを添えて。



【下準備】


鶏肉の身の厚い部分を開き、厚みを均等にする。塩、砂糖、酒(大さじ1)をもみこみ、冷蔵庫で半日~一晩置く。(急ぐ場合は30分でも。でも長く置く方がしっとり感がアップします)


【作り方】

蒸し鶏工程2

蒸し鶏工程4

むね肉を室温に戻し、耐熱皿に乗せ、酒(大さじ2)をふり、ふんわりラップをかけて電子レンジ(500W)で3分加熱→一旦取出し、お肉をひっくり返してラップをかけて2分加熱する。電子レンジから取出し、ラップをかけたまま粗熱を取る。(※すぐに食べない場合は蒸し汁に漬けたまま冷蔵庫で保存する)

蒸し鶏工程1

蒸し鶏工程3

②長ねぎの白い部分をみじん切りにする。<A>と混ぜ合わせ、冷蔵庫に入れておく。

③鶏肉の粗熱が取れたら(or冷やしてから)薄くスライスし、②のねぎだれをかける。

(※お使いの電子レンジや肉の厚みにより、加熱時間が多少前後することがあります。切ってみて、もしも火の通りが完全でない場合は、お肉を耐熱皿に乗せ、ゆで汁を適量かけてラップをし、1~2分加熱して様子を見てください)


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


冷蔵庫で保存してたむね肉は、レンジ加熱する前に室温に戻しておく(20分ほど)のが、中までしっかり火を通すポイント。

また、電子レンジの加熱時間は、ご使用になる電子レンジによって、また
お肉の大きさや厚みによっても違ってくるかと思いますので、様子をみながら調整してください。

ちなみにわが家の電子レンジだと、むね肉が250~280gのときはだいたい4分でOKなんやけど、300g~350gのときは、加熱時間を長め(5分)に&途中で上下を返すようにしています。



蒸し鶏4


「鶏肉」は脾・胃を補い機能を高め疲労回復効果にも優れていて、「ねぎ」もまた胃腸の働きを整え免疫力を高めて風邪予防に◎。疲労回復にも効果的と言われていて。さらに、にんにく・生姜・唐辛子を加えることで、パワーアップ!
また、「レモン」の果汁の酸味は「肝」が好む味で、イライラやストレスの解消にぴったり!

てことで、仕事がヘビーな旦那にぴったり!
これでまた翌日も、元気にお仕事頑張れるかなぁ~と。

ていう願いを込めた一品です。(笑)

(※「のぼせ」や「ほてり」がある方は、赤唐辛子やにんにくは控えた方がよかったりするので、体と相談しながら、足し引きしていただくといいかと思います)


蒸し鶏7

いつもの蒸し鶏の食べ方に飽きたわ~
てときにでも、よかったら。^^


***

【薬膳メモ】

<鶏肉>
脾と胃を温め、その働きを高めてくれる。
成長・発育を助ける→成長期のこどもに。(生殖能力を高める働きも)
皮にはコラーゲンも。→美肌、老化防止。

<生姜>
体を温めてくれ、慢性的な冷えに効果的。→免疫力アップ、老化防止にも。
寒さからくる風邪に効果的。
脾と胃を補い、食欲増進に。

<にんにく>
体を温め、下痢や、寒さからくる風邪に効果的。
咳や痰を鎮めてくれる。
胃の活動をととのえ、体力の回復にも◎
(※はちみつとの組み合わせはNG。陰虚体質の人にもNGとされる)
<鶏肉>

<ねぎ>
体をあたためてくれるので、寒気からくる風邪のときにいい。免疫力も高めてくれる。
胃腸の働きを整えてくれる。

<レモン>
体を潤して、口の渇きをいやし、体の余分な熱をとってくれる。
夏バテやつわりなどで、食欲がないときにも。
風引きのときや、美肌にも効果的。
(※皮には気のめぐりをよくする効能がある)

<赤唐辛子>
脾・胃を温め、機能を高めて、食欲不振や消化不良を改善する。
体を温め、汗や尿として湿邪を取り除く。発汗作用を高める。心臓の働きを高める。
(※便秘や咳のひどいときにはNG)
(※高血圧やのぼせがある人はNG)


******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んでくださりありがとうございました!それでは、卒園式に行ってきまーす♪明日は姉さんの卒業式やし、今日で目が腫れ腫れにならんようにせんとー!(w)
****************************************