こんにちは。^^

えーっと実は、一昨日から姉さんが入院しておりまして。
そして昨日が、手術の日やったんです。


あ、病気ではないんですよ~。

5月に部活で足を負傷し、リハビリを頑張って続けてきたんやけど、
結局どうしてもよくならなくて、、、

日常生活には大きな支障はなくなったものの、部活とか体育はやっぱり思うようにはできなくて、ずっと手術をするかどうか2人で悩んでたんやけど、手術受けたら完全復活まで数か月かかっちゃうからなかなか踏み切れなくて・・・
でもやっぱ手術しよう!て2人で決心し、いろんな行事などを考慮して手術するならこのタイミングやねってことで、思い切って手術することにしました。



ただ、ありがたいことにといっていいのかどうかわからないけど、
姉さんは今まで一度も入院も手術も経験したことがなく、今回が初めての経験で。

とにかくめちゃめちゃめちゃめちゃ心配でー!(;´Д`)(でた!心配性)

姉さん入院前の数日間なんて、
そわそわ落ち着かなくて夜もあまり眠れんかったわ。(;´Д`)(;´Д`)(どんだけ)



だけど、昨日無事に手術も終わり、
ちょっと肩の荷がおりましたー。
(-。-;)

まだしばらく入院やから病院に毎日通うわけやし、
退院後は毎日学校まで送迎&リハビリっていうハードな日々が待ってるんやけどね。(^^;)
(そして何気に難関は、息子の体調管理やったりするんやけどね。(^^;))



でもでも、
ここから先は、いい状態になっていくだけのはず!

そう思ったら私も頑張れるし、姉さんもきっとリハビリ頑張ってくれるはず!

姉さんと二人三脚で頑張ろうと思います。^^
(あ、旦那と息子にも頑張ってもらうけど。笑)




と、報告が終わったところで、今日の本題。(やっと)

今日は、姉さんが入院する直前に準備した「作りおき」について書こうかなーと。(またもや新しいレシピじゃない・・・
( °д°))

姉さんが入院したら、毎日のお見舞いや息子の送迎など、なんやかんやとバタつくに決まってるー!てことで、
かなり気合い入れて「作りおき」しましたー!(@先週の土曜日)



まずは、【午前の部】

作り置き2


◆白菜と長ねぎと豚肉の塩麹蒸し煮
◆菜の花のクリームチーズおかか和え

◆赤かぶのなます(ゆず皮入り)+甘酢
◆たことわけぎのピリ辛ぬた

◆スティックブロッコリー(茹でただけ)

◆ちくわと大豆ののり塩炒め
◆蕪の葉と薄揚げの炒めもの


ちょっと遠いスーパーに行ってみたら、菜の花とかわけぎとかスティックブロッコリーとか赤かぶとか、近所のスーパーでは見かけない野菜がいろいろあったので、ウキウキ購入。

おかげで、いつも茶色いもんに偏りがちな作りおきが、やたらと青々しております(笑)



午前の部の作業工程は、こんな感じでしたー。

①白菜、長ねぎを切る。さっと水で内側をぬらしたお鍋に、長ねぎ→豚肉→白菜の芯→豚肉→白菜の葉の順に重ね、塩麹・酒を加えてフタをして蒸し煮(30~40分)。白菜がくたっとやわらかくなったら白だし・みりんで調味する(塩麹蒸し煮完成)
(※蒸し煮する間に②以降を行う)
(空いてる方のコンロで)ブロッコリー、わけぎ、菜の花のゆで、わけぎと菜の花は冷水にとって冷ます(ブロッコリー完成)
③たこを切ってわけぎと酢味噌で和える(ぬた完成)菜の花をクリームチーズ・かつお節・醤油と和える(菜の花のおかか和え完成)
④合わせ酢を作って冷ます。(冷ます間に)蕪の実を千切りに、葉を4cmくらいに切る。葉をごま油で炒め、薄揚げも加えてさらに炒め、だし醤油で味付けして白ごまをふる(蕪の葉の炒めもの完成)千切りにした蕪を合わせ酢に漬けてゆず皮を散らす(なます完成)
⑤ちくわを切り、大豆とともに片栗粉をまぶしてごま油で炒め、青のり・塩で味付けする(のり塩炒め完成)


蒸し煮を作ってる間に、他の作業を全部やっちゃう感じ?
あと、茹でるもんは一気にゆでておいて、順番に仕上げていくとラクかな~と。^^




そして、【午後の部】

作り置き12


◆レンジで鶏マヨ
◆長芋入り和風カレー
◆長芋のわさび漬け
◆鰤かまの塩麹漬け(後日焼きました)



午前より品数少なめ。
(息切れw)

しかも色どり悪すぎるー!(ww)

でもまぁ実際に食卓に出すときは、
午前の部で作ったものと合わせるから、問題なっしんぐ!てことで。(笑)



午後の部の作業工程は、こんな感じでしたー。

①ジップ袋に塩麹・酒を入れて混ぜ、鰤かまを漬けて冷蔵庫で保存(鰤かまの仕込み終わり)
長ねぎ・生姜・にんにくをみじん切りに、長芋(カレー用)の皮をむき、1.5cm角にカット。長芋(わさび漬け用)の皮をむき、漬け汁に漬ける(長芋のわさび漬け完成)
鍋にサラダ油・長ねぎ・生姜・にんにくを入れて火にかけ炒め、ひき肉を加え塩・こしょうをふって炒める→長芋を加えて炒め、だし汁を加えてふたをして中火で2~3分煮込む→カレールゥを加えて2~3分煮込み、醤油とみりんを加えて仕上げる(和風カレー完成)
(カレーを煮る間に)鶏むね肉の皮を剥ぎ取る(皮は食べやすい大きさにカットしてラップに包んで冷凍保存)→身を薄くそぎ切りにしてポリ袋に入れ<下味>をもみ込み片栗粉ももみこむ→
耐熱皿に並べ入れ、レンチン3分→取出して混ぜレンチン1分→調味料と混ぜレンチン1分(鶏マヨ完成)


簡単なもんばっかなので、30分くらいでできました。^^
(息切れしててもできるレベルw)



作り置き10


↑ 『白菜と長ねぎと豚肉の塩麹蒸し煮』


白菜と長ねぎを切って(豚肉も長ければ切って)、鍋に重ね入れて蒸し煮するだけ。

20~30分(量が多ければ30~40分)かかるけど、ほったらかしでできるので、

その間に他のお料理作ったり、他の家事だってできちゃうのがうれしいところ。^^


タッパに入れて冷蔵庫で保存すれば、4日はぜんぜん大丈夫。
食べるときに、温めなおしていただきます!

詳しいレシピはコチラ➡★です。




作り置き7


↑『菜の花のクリームチーズおかか和え』


材料は、菜の花・クリームチーズ・かつお節。たったの3つ!
味付けは、お醤油のみ!

まさに、「シンプル・イズ・ベスト」な一品です。^^



ほろ苦い菜の花、コクうまなクリームチーズ、うまみたっぷりのおかかを、
お醤油がキュッとひとつにまとめてくれてる感じ。

めっちゃおいしいです。^^

詳しいレシピはコチラ➡★です。



作り置き8


↑『赤かぶのなます(柚子皮入り)』


わが家のなますは、大根の皮・人参・セロリ・柿、を使うのが定番なのですが、
(しかもぜんぶ干してから使うのが基本なのですが)➡★

今回は、赤かぶのみで。
しかも、干してない。(超手抜きw)

この時点ではまだ白い部分が残ってるけど、
時間が経つと、
紅生姜かーい!てツッコミたくなるくらい真っ赤になります。(笑)


今回は柿がない分ちょっと甘みが足りないので、合わせ酢にいつもは加えない砂糖をちょこっとだけ加えました。

ちなみに合わせ酢は、実家の母に教えてもらった【万能合わせ酢】で。^^


『実家の母の万能合わせ酢』
・みりん 200cc
・塩 小さじ1/2~1(お好みで調整)
・米酢 150cc(※煮詰めたみりんの1.5倍の量)
→小鍋にみりんを入れて火にかけ、半量(100cc)になるまで煮詰め、塩を加えて溶かし、酢を加えて混ぜる。


作り置き9


たっぷりできるので、残った分は冷蔵庫で保存。
寿司飯とか酢の物とか、いろいろ使えて便利です。^^

お好みで、砂糖を加えたりだし汁を加えたりしても◎です。


作り置き11

これが、今回使った赤かぶ。
葉っぱの方が断然多い。(笑)

てことで、葉っぱを使って一品。↓

作り置き5


↑『蕪の葉と薄揚げの炒めもの』


蕪の葉を食べやすい長さに切って、ごま油で炒め(茎→葉の順に)、しんなりしてきたら細く切った薄揚げを加えてさらに炒め、だし醤油で味付け。仕上げに白ごまをふりました。

大根の葉でもよく作るし、
薄揚げの代わりに、ちりめんじゃこを使うことも多いです。

だし醤油の代わりに、白だしで味付けしてもいいよね。^^
(要は、あるものでテキトーに作るってことですなw)



作り置き6


↑『たことわけぎのピリ辛ぬた』


うちの「ぬた」は、
基本が「わけぎ」&「イカ」で(旦那がイカ星人)、わけぎがないときは「青ねぎ」で作ったり、イカの代わりに「たこ」や「あさり」で作ったり、魚介が高いときは「薄揚げ」で作ったり。

あとは、酢味噌に「ごま」を入れたり「くるみ」を入れたり、
「からし」を入れたり「豆板醤」を入れたり。

要は、その日の気分や体の調子、お財布事情によっていろいろなのでございます(笑)


今回は、「わけぎ」と「たこ」で。
あと、酢味噌には「豆板醤」をちょこっと入れて、ほんのりピリ辛に仕上げました。^^

詳しいレシピはコチラ➡★です。



作り置き4


↑『ちくわと大豆ののり塩炒め』


フライパンでちくわと大豆をさっと炒め、のり塩で味付けするだけ。
5分でできる簡単副菜でーす!(^O^)/

ちくわをキッチン鋏で切れば、包丁もまな板も不要ですよ(w)



大豆はホクホクで、ちくわは弾力があって、食感楽しいー♪

青のりの風味、ちくわの塩気とうまみで、
大豆の甘みがさらに際立って、めちゃおいしいー♪


詳しいレシピはコチラ➡★です。



作り置き3


例のごとく、茹でただけのブロッコリーです(笑)

いつもと違うのは、これが『スティックブロッコリー』やってこと。
ただそれだけです。(すみません~(^^;))

で、これをどんな感じで食べたかというと、
「濃厚コチュマヨチーズディップ」をつけて食べました。^^


ちなみに、コチュマヨチーズディップってこんなん。↓

コチュマヨディップ6

なんとな~く、明太子風ていうか?ウニ風っていうか?
そんな感じの(あくまで感じの)味がするディップです。

画像みたいにスティック状に切った生野菜とか、温野菜とかに、めちゃ合います。

詳しいレシピはコチラ➡★です。



作り置き14


↑ 『レンジで鶏マヨ』


わが家では「海老マヨ」ではなく、「鶏むね肉で鶏マヨ」が定番です。(お財布にやさしい。笑)

そして、「レンチン5分」で作ります。(めちゃ簡単です。v( ̄∇ ̄)v)

お安くついて簡単なのに、家族にも大好評!
作りおきもOKなので、しょっちゅう作ってまーす。

詳しいレシピはコチラ➡★です。



作り置き16


↑『長芋と豚ひき肉の和風だしカレー』


ダッシュで作れば10分、普通に作っても15分くらいで完成する簡単カレー!

あっという間にできてすぐに食べてもおいしいのが、うれしいポイント♪

(コトコト煮込んで~とか、
一晩寝かせて~とかしなくても、おいしい♡)

時間がないときの、わが家の定番カレーです。^^

盛り付けると、こんな感じ。↓

和風カレー1


長芋ホクホク!豚肉と出汁のうまみがぶわっと広がるー!
ねぎ、生姜、にんにくが、これまたいい仕事しております。

ご飯とカレーだけでも十分おいしいんやけど、
刻みねぎとか七味唐辛子をかけると、これまた美味♡(カレーうどん食べてる気分になります。笑)


詳しいレシピはコチラ➡★です。



作り置き13


↑ 『長芋のわさび漬け』


ジップ袋に漬け汁の材料を入れて混ぜ、皮をむいた長芋を漬けるだけ!
作業時間たったの2~3分!(※漬け込み時間除く)

すきま時間にササッと仕込んでおけば、
2~3日後においしい食べ頃になってるので、「作りおき」にぴったり。

あと一品ほしい!てときにめちゃ助かりまーす!



長芋のシャクシャク感&ねばっと感、

出汁のきいた上品なお味に、ほのかな山葵のピリリがおいしいですよ♪


詳しいレシピはコチラ➡★です。




作り置き15


↑ 『鰤かまの塩麹漬け』


ド偏食の息子が大好きなもののひとつが、魚の塩麹漬け。

生鮭を使うことが多いけど、
お買い得な鰤や鰤かまが売られてるときは、それで!(今回は鰤かま)

塩麹と酒を3:1の割合でジップ袋に入れ(魚の大きさによって量は調整しますが、今回は塩麹大さじ3・酒大さじ1で)、魚を一晩以上漬け込み、魚焼きグリルで焼くだけ。(※塩麹は焦げやすいのでなるだけぬぐい取って焼きます)

簡単です。^^


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


以上、姉さんの入院に備えて、
ちょっくら気合いを入れて準備した「作りおき」でしたー。

今日でぜーんぶなくなりそうなので、
また作りおきに励まなくてはー!(できるかなw)



******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んでくださってありがとうございました!今から姉さんの病院に行ってきまーす!(^O^)/
****************************************