こんにちは。

ただいまお昼の13時前。
軽い眠気と戦うdecoでございまーす。(笑)


若い頃はバリバリの遅寝遅起きやったんですが、(なんせ呑むから)
姉さんが幼稚園の頃に「早起き」することに目覚め、毎日5時起きしてました。

そのことをママ友たちに話すと、だいたい「えぇーー?!そんなに早く起きて何やってんのん?!」て、めっちゃ引かれたりしたんですが・・・



今の私は、だいたい4時起きでーす。
(あ、やっぱり引きました?( ̄▽ ̄;))



10年近く早起きを続けてると自然に目が覚めるようになるし、
さらには目覚める時間も少しずつ早くなってくるんよね。(オバァの階段のぼる)

今朝なんて、
目覚めて時計みたら3時50分やったからね。

さすがにもう一回目を閉じたけど。
そして4時に起きたけど。(目を閉じた意味ー!笑)



でも、たま~に4時に起きれないときもあって。

ふと時計みて5時過ぎてたら「寝坊したー!
(@Д@;」て思ってしまう。
そんな自分が、ちょっと怖いです。(笑)



さてさて。
いよいよ梅雨本番なのか・・・はたまた真夏日に戻るのか・・・

よくわからん感じの天気ですが、
今日は梅雨や真夏向きの、簡単ロールサンドいきまーす!



きゅうりサンド3



↑ 『きゅうりロールサンド』


具材は「きゅうり」だけ!めちゃシンプル!

いさぎよく?きゅうりだけでも、(笑)
十分おいしいサンドイッチになりまーす。^^


作り方は、きゅうりを千切りにして調味料と合わせてパンでくるっとロール状に巻くだけ!
めちゃ簡単!

100均のかわいいクッキングシートでキャンディー包みにしておくと、
見た目にかわいくて子どもたちのテンションがアップするし、なにより食べやすいのがうれしいポイント♪


もちろん、巻く方式じゃなく挟む方式でもOKやし、
チーズとかハムとかお好みの具材をプラスしてもおいしいです。^^



きゅうりサンド6


きゅうりがパリパリ、
パンはふんわり~♪(時間が経つとしっとり~)

粒マスタードとヨーグルトのさわやかさと、
バター(orマーガリン)のコク&風味がめっちゃ合う♡

作ってすぐでも、冷蔵庫でしっかり冷やしてもおいしい~♪

暑い時季の朝食やおやつにぴったりのロールサンドです。^^



実はコレ、4年くらい前にレシピアップしてるんやけど、
例のごとく当時の画像&レシピがめっちゃ雑なので(w)、改めてレシピ書きまーす。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『きゅうりロールサンド』


【材料】(ロールサンド4~5本分)


・きゅうり 1と1/2本

・塩 ひとつまみほど

・食パン(サンドイッチ用) 4~5枚

・バター or マーガリン 適量(たっぷりがおすすめ)


<A>

・マヨネーズ、ヨーグルト 各大さじ1

・粒マスタード小さじ1/2

・はちみつ少々



【作り方】


きゅうりサンド工程1


きゅうりサンド工程3

①きゅうりをちょっと太めの千切りにして塩をふり、全体に馴染ませ5~10分ほど放置。2~3枚重ねたキッチンペーパーでしっかりと水気を絞る。(できればもう一度新しいペーパーで水気をふき取る)


きゅうりサンド工程2


きゅうりサンド工程4

②ボウルに<A>を混ぜ合わせ、①のきゅうりを加えて混ぜる。


きゅうりサンド工程5

きゅうりサンド工程6

きゅうりサンド工程7

③食パンにマーガリンorバターを塗り(たっぷりめがおすすめ)、ラップを敷いたまな板の上に縦長に置く。1/4~1/5量のきゅうりを乗せ、巻き寿司の要領で手前からくるっと巻いてラップでキャンディー包みにする。(※カットする場合・クッキングシートで包み直す場合は、5~10分ほどラップで包んだ状態で冷蔵庫で冷やしてください)




□■□■□■□■□□■□■□■□■□




ポイントは、

◆きゅうりの水気をしっかり取り除く(水っぽくならないように)
◆食パンを縦長に置く(パンが正方形の場合は関係ないです・笑)

◆きゅうりを真ん中より手前に置く

こうすると、きゅうりをたっぷりときれいに巻きやすいです。^^


あと、巻いたときに、もしもきゅうりが端からムニッと出てきたら、きゅきゅっと手で押し込めれば大丈夫です。(笑)



きゅうりサンド工程9

きゅうりサンド工程8


巻いたあと5~10分ほど冷蔵庫で冷やすと、
画像のようにいい感じに巻き終わりが馴染んでくっついてるので、クッキングシートに包みかえやすい&カットしやすい&冷えたきゅうりがおいしいです。

(すぐ食べる!てときは、ラップを外してパクッといっていただいても◎)



きゅうりサンド1


きゅうりは利尿作用が高く、体内の余分な水分を排出する効能があり、むくみの解消に効果的。梅雨どきにぴったりの食材。
さらにきゅうりには、体の余分な熱を取り体や喉を潤す効能もあるので、夏バテの予防・解消にも効果的。夏にもぴったりの食材です!

ただ、梅雨どきも真夏も体の冷やし過ぎはNGなので、「からし(マスタード)」で冷やし過ぎを予防

「からし」は体をあたため気のめぐりをよくし、恐怖の「痰」を取り除く効能もあるので、梅雨どきにおすすめのスパイスなのでーす!

てことで、
梅雨どきのむくみ取りや、夏バテの予防・解消におすすめのサンドです。(^O^)/




きゅうりサンド5


きゅうりがパリパリ食感よくて、すぅ~っと熱取りしてくれるので、
「部活後の補助食」なんかにもいいと思います。^^




***


【薬膳メモ】

<きゅうり>
たっぷりの水分とカリウムを含む食材。
体の余分な熱を取り、潤いを与え、喉の渇きを癒す。→夏バテのときに○。
利尿作用が高く、余分な水分を排出する。→むくみや、尿の出が悪いときなどに。


<からし(マスタード)>
五味のうちの「辛味(しんみ)」にあたるもので、気のめぐりをよくし、体をあたため、発汗を促す作用がある。(こしょう、にんにく、唐辛子、ねぎなど・・・)
強い殺菌作用がある。痰を取り除く。
(※秋には、五色でいう「白」、五味でいう「辛味」のものを摂るといいとされる。ただし、皮膚の乾燥や空咳のあるとき(皮膚や肺の乾燥がひどいとき)にはNG)

<小麦>
涼性で、体の余分な熱を取り、口や喉の渇きを癒す。 →夏バテのときによい。
お腹の張りを解消し、胃腸の機能を整える。下痢のときにも。
心の不安感などをとって落ち着かせる。不眠の解消にも。
腎を補うので、体を丈夫にする。



******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪  

最後まで読んでくださりありがとうございました!昨日から姉さんがテスト前期間に入り、毎日早く帰宅するので、軽食を多めに(←もはや軽食ではないw)用意しとかねば・・・!(ちょっとした重圧)
****************************************