こんにちは。^^

いよいよ夏休みも残すところあと10日。

やり残したことはないか?
宿題の残りはどのくらいや?
と、そろそろ姉さんにやんわり問うてみないといけない頃やなぁと。


なぜなら私は、夏休み最終日にまだまだ大量に残ってる宿題と泣きながら格闘するような子だったから。(いけてない笑)


しかしうちの姉さんは、意外にも、
小学生の頃から、そういう状態に陥ったことはなくて。(意外てw)

たぶん、今年も大丈夫かなーと。(知らんけどww)

とりあえず、私のようにならないように、一応声かけはしておこうと思いまーす。




さてー。
昨日の日曜は、姉さんは早朝から終日試合に行っておりました。(暑いなかお疲れさまやー(;´・ω・))

試合のときはいつもお弁当が必要なので、昨日も作って持たせたんやけど、
弁当作るのはたまに&なんせ要領悪いので、毎回必死です。(笑)

写真も毎回撮るに至らず・・・(どんだけ)


一年半後には、毎日お弁当生活がスタートするっていうのに・・・!
こんなことではヤバいので、少しずつ修行せねば・・・!(と毎回思う)

そんな私でも、朝からササッと準備できるお弁当おかずのひとつがコレ。


ちくわピカタ11


↑ 『ちくわの青海苔チーズピカタ』


めっちゃフツーですみません。(;´・ω・)


とにかく簡単&家に常備してるもんでできるので、
お弁当のおかずや旦那のおつまみが一品足らん!なんてときに重宝してる、わが家の定番おかずです。

みなさんのおうちでも、定番おかずやでー!て感じでしょか?^^



ちくわピカタ14


材料は、ちくわ・卵・粉チーズ・青海苔。
(たいていおうちにあるもんばっかかなーと)

そのまんま食べておいしいちくわに、
チーズ&青海苔のうまみと風味たっぷりの卵を絡めて焼くわけやから、、、

おいしいに決まってるー♪



ちくわピカタ16

ちくわピカタ17


卵の衣がいっぱい付いてるヤツ(おいしいヤツ)の、取り合いになります。(笑)


粉チーズの代わりに、プロセスチーズをちくわの穴に詰めて焼くこともあります。
(この場合は、縦には切らずに)←そらなw

どっちもおいしいです。

ただ、粉チーズバージョンの方が簡単(詰めなくていいから)なので、こっち作る方が多いです。(笑)



てことで、レシピです。
(レシピいらんわってくらい簡単やけど)


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『ちくわの青海苔チーズピカタ』


【材料】(2人分)

・ちくわ 4~5本
・卵 1個
・粉チーズ 大さじ1/2
・青海苔 小さじ1
・サラダ油 大さじ1
・薄力粉 大さじ1/2


【作り方】

ちくわピカタ工程1

①ちくわを縦・横それぞれ半分に切る(1本を4等分に)。薄力粉を薄くはたきつける。(ビニール袋を使うと簡単!)

ちくわピカタ工程2

②ボウルに卵を溶きほぐし、青海苔、粉チーズを入れてよく混ぜる。

ちくわピカタ工程3

③フライパンにサラダ油を熱して弱火に落とし、①のちくわを②の卵液にくぐらせてフライパンに並べ入れる。

ちくわピカタ工程4

④片面に焼き色が付いたらひっくり返して裏面も焼き色が付くまで焼く。
(焦げやすいので、弱火~弱めの中火で!)


□■□■□■□■□□■□■□■□■



ポイントは、
◆卵液をしっかり絡ませて焼くこと

(ちくわの穴の部分を上に向けて卵液を絡めてフライパンに並べ入れると、卵液が穴の部分にも入った状態で焼けます。なんならフライパンに並べた後に上から卵液かけても◎)

味がしっかり付いて、おいしいです。^^


卵液に粉チーズが入ってる&ちくわがそもそも焦げやすいので、
弱めの火加減で焦げないように焼いてくださいね~。



ちくわピカタ5


そういえば、、、

姉さんが小学生低学年の頃(息子っちが生まれる前)は、
夏休み中は毎日お弁当(学童用)作ってたっけ・・・。(遠い目)

これもお弁当に入れてた気がするわ。^^
(当時も写真撮ってないから記録はないけどw)



***



(すみません、もうしばらく薬膳メモお休みします!(>_<)もう少し落ち着いたら再開しまーす!)



******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んでくださりありがとうございました!今週も頑張っていきましょー♪
****************************************