こんにちは~。^^


昨日の朝のことなんですが、
起きてすぐ洗面所に行った姉さんが、急に叫び声をあげました。
(※朝はいつも無表情かつ声も発さないのに)



姉「げっ!!目にできものできてるーー!!」



うちの姉さんは、
今までほとんど目のトラブルに見舞われたことがなく、

てことはつまり、
「目薬をほとんどさしたことがない」てことなんですが。

めばちこ(ものもらい)できたら、そりゃあ目薬さすしかないでしょう~?




で、
常備してある抗菌目薬を姉さんにそっと手渡しました。

姉「え、目薬なんてさされへんし」
私「ちょっと~中学生が何いうてんねん」

姉「だってまともにさしたことないし!」
私「もぅーーーーー」


ていうやりとりのあと、
姉さんの起き抜けのちっこいお目目を無理矢理こじあけ、
いざ!目薬を・・・!


(ぽちょんぽちょん)





姉「ぎゃーーーーーー!!」



・・・大袈裟な。(笑)



私「はい、次は反対の目な」
姉「えぇっ?!なんでーー?!」
私「この目薬は両目にさせって書いてんねんもん」
姉「無ーーー理ーーー!!」


そんな言葉には一切耳を貸さず、
再びちっこいお目目をこじあけ、目薬を・・・


(ぽちょんぽちょん)





姉「ふぎゃぁあーーー!!」(悶絶)



私「はい、終了!」
姉「・・・はぁ、はぁ・・・('д` ;)」(息切れ)




あ~、おもしろかった♡
(ドSな姉さんに日頃何かといたぶられてるので、ここぞとばかりに。w)←ひどい母




そして今朝もまた目薬さしてやろうと、
手ぐすね引いて待ってたんですが、、、

一日ですっかり治ってましたわ。(笑)
(若さゆえ?普段さすことない目薬やからめちゃ効いた?)


ま、治りが早くてよかったです。^^ 





さてさて、
それでは今日の一品いきまーす!



漬け豆腐6



↑ 『豆腐のレモン醤油漬け』


もめん豆腐を水切りする。(=放置)
レモン醤油に漬ける。(=放置)

2段階の「放置プレイ」で完成する、超簡単な一品でーす。(笑)



漬け豆腐は、いろいろ作って楽しんでるけど、
(塩麹漬けとか、味噌漬けとか、塩豆腐とか)
最近のお気に入りが、このレモン醤油漬けなのであります。^^



ただただ放置するだけやし、
お味もそんなもんやろ?て思うでしょ?

どころがどっこい!!

食べてみたら、びっくりするかもよ?!
(かもよw)



漬け豆腐10


(かまぼこですか?)


漬け豆腐11



しっかり水切りした豆腐は、まったり~とした食感で、

昆布風味のレモン醤油(ぽん酢的な)が豆腐にしっかりなじんでいて、
豆腐本来の「豆の味」と「ほんのり甘み」が際立ちつつ、
とてもさっぱりしてるので、いくらでも食べられるー!!ていう感じ。(説明長い)


一言でいうと、「めっちゃおいしい!!」です。^^




お豆腐に、
醤油をかけて食べるのとも違うし、
ぽん酢をかけて食べるのともまた違う。

ひと手間かけてる分(言うても「放置プレイ」w)、うまさが際立つ一品になりま~す♪



漬け込み時間は、「丸1日」が一番おいしいなぁ~と。^^

2~3日くらい置いても全然おいしいままですが、
レモン醤油に漬けたままだと、どんどん味が濃くなってしまうので、
丸2日目以降は醤油から引き上げて保存するのがおすすめです。

(※ちなみに、3日以上保存したことがないので最大何日もつかは不明。ついついすぐ食べきってしまって・・・すみません(^^;)



漬け豆腐8


「豆腐」も「レモン」も、体を潤し余分な熱を取ってくれるので、
熱っぽい風邪のときや、風邪予防にもおすすめ。

また、「豆腐」はストレスで弱った体を回復させ、「レモン」の香りは気の巡りをよくしてストレス解消に効果的なので、日頃ストレスを感じやすい方にもおすすめです。

ただ、冷えが気になる方は、
とり過ぎないor体を温めるものを献立に組み入れるのがベターです。^^
(今回は、体を温める「大葉」を添えて一緒に食べました~)



それでは、作り方いきまーす。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『豆腐のレモン醤油漬け』


【材料】(作りやすい分量)

・もめん豆腐 1丁(400g)

<A>
・薄口醤油 大さじ3
・レモンスライス 2枚
・昆布 3×5cmくらい


【作り方】


漬け豆腐工程1

漬け豆腐工程2

漬け豆腐工程3

①木綿豆腐を半分に切り、3枚重ねたキッチンペーパーで包み、重しを乗せて豆腐の厚みが2/3~1/2くらいになるまでしっかり水切りする。(※2リットルのペットボトルがちょうどいい重しになります)

漬け豆腐工程6

厚みはだいたいこれくらいに~。


漬け豆腐工程5

漬け豆腐工程7

②保存袋に<A>を入れ、①の豆腐の水気をキッチンペーパーでやさしくふき取って入れる。空気を抜いてぴっちり封をして、冷蔵庫で丸1日寝かせる。(途中で2~3回上下を返すと◎)

+++食べやすい大きさにカットして、お皿に盛り付けてください(漬け汁はかけなくても十分味が染みてます)+++



□■□■□■□■□□■□■□■□■□



ほんまにめっちゃ簡単でしょ?^^

ポイントは、
豆腐の水切りをしっかりやること!ただそれだけ!



漬け豆腐4


見た目はめっちゃ地味やし、フツーの豆腐やんって感じやけど、
食べるてみると
「・・・ん?おぉ?!・・・おいしいやん!何これ?!」てなると思うので、(たぶん)

おもてなしのときのちょこっとした一品なんかにもおすすめです。^^
(何もかけずパクっとつまめるっていう手軽さもポイント高し)



漬け卵2


ちなみにこれ、
ゆで卵を漬けてもおいしいのです。^^

「さっぱりとした味わいの煮卵」って感じかな?(煮てへんけどw)

そのまんま食べてもいいし、
ラーメンとか丼の具として食べてもいけますよ~♪



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


◆ゆで卵で作る場合◆

・ゆで卵 2個(ゆで時間*8分推奨)

<A>
・薄口醤油、水 各大さじ1
・砂糖 小さじ1
・レモンスライス 2枚
・昆布 3×5cmくらい


漬け豆腐工程8

卵の殻をむいてから<A>に漬けてください。
(※豆腐の場合と<A>の配合が違います。注意してください!)



□■□■□■□■□□■□■□■□■□




漬け卵1


これが、ゆで時間6分。


漬け卵3


こっちが、ゆで時間8分。


姉さんは6分が好み、(めちゃ殻むきにくいけど)
他の家族は8分が好みです。

てことで、ゆで時間はお好みで。^^




漬け豆腐2


完成までちょっと時間はかかるけど、
ほったらかしでできるので、よかったら~。^^
(たまには放置プレイもね♡笑)



***

【薬膳メモ】

<豆腐>
体内の余分な熱を取り、体の潤いを補い、口の渇きを鎮める。
消化吸収がよく、便通をととのえる効能がある。胃腸が弱い人にも◎
過労やストレスで弱った体を回復させてくれる。
母乳の出をよくする効能もあるとされる。
(※豆乳は平性、豆腐は涼性、納豆は温性、と性質が違う)

<レモン>
体を潤し、口の渇きを癒し、体の余分な熱を取ってくれる。
夏バテやつわりなどで、食欲がないときにも◎
風邪引きのときや、美肌にも効果的。
(※皮には気のめぐりをよくする効能がある)


******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪  

今日も来て下さってありがとうございました~!今朝たまたま「あさイチ」見てたら、ボンジョヴィの特集やってて。めちゃめちゃめーーっちゃめちゃ懐かしい気分に。^^ 高校の頃、友達とライブ行ったりしたなぁ~。(青春の1ページ) 今日は久々に、ボンジョヴィのCD引っ張り出して聴いちゃお~♪(そして一人歌い踊る)

****************************************