こんにちは~。^^


ここんとこまた寒いですねぇ。
お正月が穏やかな晴天続きだったせいか、余計に寒さがしみるぜよ・・・。

年末年始で体にたっぷりお肉まとったのに、なんでやろ・・・。
痩せたらもっと寒いんかな・・・どないしょ。( ̄∇ ̄)(←いらん心配)




さてさて。
明日は七草粥を食べる日ですね。^^

てか、我が家では、
すでに昨日から七草粥食べてますけど。(なんなら今日も食べる勢いw)


七草粥:
邪気を払い一年の無病息災を祈って1月7日の朝に食べるもの

てことは、もちろん知ってますけど、
胃腸がすでに悲鳴をあげてたし、(笑)
それよりなにより!七草粥が大好きだから作らずにはいられない~!


てことで。^^


七草粥3



↑ 『里芋入り七草粥』


我が家の七草粥は、「里芋入り」。
ここ数年、ずーーーっとこれ一筋。(一筋いうても年に一回)

里芋からいいお出汁が出て、お粥さんがさらにおいしくなるんです!
「滋味深い味」ていうのかな?しみじみとおいしいです。^^

もちろん、効能もアップアップ!


「白米」には気を補い胃腸の調子を整える効能があり、「七草全般」にも胃腸の調子を整える効能があります。

七草の中には、体内の余分な水分を排出して、むくみを解消してくれるものもあり!

「里芋」も胃腸をととのえむくみを取る効能があり、便通も整えてくれますよー。


てことで、

お正月に暴飲暴食した体をいたわるのにぴったりのお粥でーす。^^




七草粥6


食べるときに、

クコの実をちょこっとトッピングするのがおすすめ。 ^^



地味~なお粥が、クコの実を乗っけるだけで華やかになるし、

なんとなく「薬膳粥」って感じの風貌になるし。(笑)


もちろん、効能大幅アップ!

なんてったってクコの実は「スーパーアンチエイジング食材」ですからーー!!



月のものがある女性にとって美しさと健康を保つために重要なことは、血を補うことと巡りをよくすること

クコの実は、この両方をバッチリ補ってくれて、アンチエイジング効果絶大♡

しかも、水で戻せばそのままぱくっと食べれちゃうお手軽さ。(調理しなくてオッケ)


と、いうわけで、彩りの面でも、効能の面でも、ぜひぜひクコの実を~♡ 





それでは、七草粥の作り方いきまーす。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□



『土鍋でコトコト*里芋入り七草粥』



【材料】(4人分)


・米 1合分

・水 5合分の水

・塩 小さじ1

・里芋(大きめ) 3~4個

・春の七草 1パック



【作り方】


七草粥工程6

①お米をといでざるにあげ、土鍋などの厚手の鍋に移し、分量の水を加えて浸水させる。(30分ほど)


七草粥工程5

里芋を洗って皮をむき、小さめの一口サイズに切って塩でもんで水で洗い、水気を切っておく。七草は、白い実の部分は火が通りやすいように薄く輪切り(大きいものはいちょう切りでも)にする。緑の部分はさっと塩ゆでして水にとって冷まし、水気を絞って粗く刻む。


七草粥工程7


七草粥工程10

③①に塩を入れて軽く混ぜ、里芋を乗せフタをして強火にかける。沸騰したら、一度だけ鍋底をこそげ取るようにしてくっついたお米をはがし、弱火にしてフタをして30分ほど炊く。


七草粥工程11

④炊き上がりの5分前に七草の白い部分を加えて火を通し、炊きあがったら緑の部分を加えてフタをして1分蒸らして混ぜたら完成。

 


□■□■□■□■□□■□■□■□■□





七草粥1


炊き上がりの図。

ご飯と色が同化してて、よく見えないけど、

里芋も、ゴロゴロと結構たっぷり入ってまーす。




七草粥8


お米と一緒に最初からコトコト煮込んだ里芋は、
ほくほくねっとりとした食感で、本当においしい~♪

そして、「芋のお出汁」というかなんというか?
うまみのようなものも出てるのかな?お粥自体がすごくおいしくなる気がします。^^



 以前は、「葉っぱの味がする」って七草粥を敬遠してた姉さんと旦那も、

里芋を入れるようになってから、たくさん食べてくれるようになったんですよーん。(※二人とも無類の里芋好きです。笑)




七草粥4



明日も、土鍋でコトコト作る予定でーす。^^





***



土鍋でコトコト七草粥、すごくおすすめなんですが、
もっと手軽に!とか、ひとり分だけ!なんてときには、
「スープジャー」で作るのが、とってもお手軽・便利でおすすめ。^^

準備に5分とかからないし、
スープジャーがおいしく保温調理してくれちゃうからね~♪


てことで、
スープジャーでの七草粥の作り方もいきまーす。^^


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『スープジャーで*とろとろ七草粥』

【材料】(1人分)

・米 1/4カップ
・水 250cc(1と1/4カップ)
・塩 少々
・七草 七草それぞれを少しずつ


【作り方】

①スープジャーに熱湯を入れてふたをし、十分あたためておく。

七草粥工程2

②七草は、白い実の部分は火が通りやすいように薄く輪切り(大きいものはいちょう切りでも)にし、緑の部分は粗く刻む。(※できるだけ簡単に作るため、下茹ではしてません)

七草粥工程3

七草粥工程4

③小鍋に、洗った米・水・塩・七草の白い部分を入れて火にかけ、ぐらぐらを煮立ったら、スープジャーの中のお湯を捨て、すばやく鍋の中身をすべて入れてすぐフタを閉める。

七草粥工程8

七草粥工程9

④2~3時間後に、フタをあけて七草の緑の部分を加えて混ぜ、再びフタをして5分ほど蒸らして完成。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□



それでは、
できあがりをみてみましょう~♪


ジャー七草1


どやさ?
湯気がほわ~っと上がってるの、わかります?!

3時間後でも、こんなに熱々をキープできてるってすごくね?
スープジャー、めちゃめちゃ優秀!(≧▽≦)


ジャー七草3


ジャー七草5


お粥さん、とろっとろ~♡

土鍋でコトコトにはやっぱりちょっと負けてるなぁとは正直思うけど、
これがスープジャーにお任せ(=ほったらかし)でできちゃうって、ほんとうれしいなぁ~と。



ジャー七草7


胃腸が疲れてるねん~とか、
風邪引いてるねん~とか、
受験生のお夜食なんかにもおすすめです♪

スープジャーお持ちでしたら、よかったら~。^^




***


【薬膳メモ】

<白米>
気を補い、脾・胃の機能を補って、消化機能を高める。

<里芋>
脾・胃を補い、消化機能を整え、便通をよくする。
むくみを取る。

<せり>
涼性、体の余分な熱を取り、余分な水分を排出する。

<なずな>
涼性、体内の余分な水分を排出し、むくみを解消する。
胃の不快感をなくし、調子をととのえる。

<すずな(蕪)>
温性、胃腸の調子を整え、消化を促進する。便秘の解消にも。

<すずしろ(大根)>
体にこもった熱を取り、胃腸の調子を整え、喉の痛みや咳・痰を改善する。→熱からくる風邪に○
潤いを補ってくれる。→風邪予防、美肌に。

<クコの実>
「肝」「腎」ともに補ってくれる、代表的なアンチエイジング食材。
体を丈夫にし、視力を回復させる効能も。
増血作用があり、血の巡りをよくする。→美肌効果あり。月経トラブルにも。



******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪  

今日も来て下さって本当にありがとうございました!どうやら悲鳴をあげてるのは胃腸だけじゃなく、洋服たちからも悲鳴が・・・(はち切れるー!キャーー)お粥生活で、ちょいとリセットせなあきませんね。(w)ゆるっとがんばりまーす!

****************************************