こんにちは~。

昨日の暑さは、えぐかったですねー。
なんかわからんけど、ヤバさを感じる暑さでした。(;´・ω・)


そして今日は、台風くるとか?!
この辺りは、夕方ごろがヤバいとか?!

仕事や学校からの帰宅時間にかぶるよね・・・
うちもちょうどその頃、姉さんのリハビリに行くんやけどなぁ・・・マジやめてー!

みなさまも、お気をつけてー!



それでは今日の一品。


ゴーヤかき揚げ5



↑ 『ゴーヤととうもろこしのかき揚げ』


こんなクソ暑いときに揚げもんって・・・
誰がやるんじゃーい!ヽ(#`Д´)ノて感じですね、すみません(汗)

暑いときだけじゃなく、年中通してあまり揚げ物しない派なんですが、(おい)
家族から熱い要望があったときor自分がどーーーーしても食べたいときのみ、作ります。(笑)



今回は、後者。
私がどーーーーしてもこのかき揚げが食べたかった!(自分のためかーい)

「苦みのあるゴーヤ+甘いとうもろこし」の組み合わせが大好きで、
毎年とうもろこしの季節には、この2つを使った炒飯を作るんですが、かき揚げも外せないのよねー。^^

あとね、ゴーヤの苦みを一番感じにくいと思う調理の仕方が【油で揚げる】
ゴーヤの苦みが苦手な家族も、このかき揚げはおいしい!て食べてくれるんよねー。v( ̄∇ ̄)v


てことで、自分のためでありつつ、
ゴーヤが苦手な家族にゴーヤをおいしく食べてもらうためでもあるのだー。(はい、言い訳です)



あと、このかき揚げにはもうひとつうれしいことが。

揚げるのは正直めんどくさいけど、ゴーヤの下処理をしなくて済む!


わが家では、ゴーヤの苦みを取るための【下処理】をしっかりやらないと、旦那に一発でバレてバッサリ斬られるんですが・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン

これだと何の下処理もいらない!
ただただ切って揚げるだけ!

それだけで、旦那にバッサリ斬られることなくおいしく食べてもらえるのであるー!v( ̄∇ ̄)v



ゴーヤかき揚げ7


衣はサクサクッ、とうもろこしが甘~い♪
ゴーヤは食感よく、苦みはほとんど感じません。(と、思いますw)

塩をちょこっと付けて食べると最高でーす!


でも、うちの姉さんのお気に入りの食べ方はちょと違う。


かき揚げ1


マヨソースでお好み焼き風。(さすが関西人。笑)

私としては、シンプルに塩で食べてほしいとこなんやけど、
ゴーヤ食べてくれるなら、ま、いっか。^^



それでは、作り方いきまーす!


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『ゴーヤととうもろこしのかき揚げ』


【材料】4人分(8個分)

・ゴーヤ 1/2本
・とうもろこし 1/2本
・薄力粉 大さじ2
・揚げ油 (フライパンや鍋に1~1.5cmの高さ分)

・薄力粉 片栗粉と合わせて1/2カップになる量
・片栗粉 大さじ3
・卵 1個
・冷水 卵と合わせて1/2カップ分
・昆布茶 小さじ1/4



【作り方】

①ゴーヤの種とわたを取り、薄切りにする。とうもろこしの実を包丁でそぎ取る。


ゴーヤかき揚げ工程1


②ボウルにゴーヤととうもろこしを入れ、薄力粉大さじ2をまぶし、軽く和える。


ゴーヤかき揚げ工程2


③別のボウルに卵・冷水・昆布茶を入れてよく混ぜ、薄力粉と片栗粉を合わせてもの1/2カップを加えて菜箸でぐるぐると数回混ぜる。粉っぽいくらいで混ぜるのをやめる。


ゴーヤかき揚げ工程3


ゴーヤかき揚げ工程4

(味見で1個すでになくなってるの図)


④③のボウルに②を移し入れてさっくり混ぜ、1個分ずつお玉に取って、油の中にスライドさせて入れ、180度で揚げる。(だいたい8個できます)ひっくり返してから、油の通り道を箸でさして作る。油をしっかり切って、器に盛り付ける。(塩を添えるorソース・マヨ・青のりをかける)




□■□■□■□■□□■□■□■□■□




中までしっかり、さくっと揚げるポイントは、


◆少量ずつお玉に取り、うすーく広げながら形をととのえて揚げる

◆ある程度かたまってきたら、菜箸でつついて穴を開けながら揚げる

◆仕上げに温度を少し揚げる



あと、揚げ油は高さ1~1.5cm分くらいで十分です。

なんせうすーい状態で揚げるので。(笑)




ゴーヤかき揚げ3

「とうもろこし」は気を補い胃腸の働きを高め、体内の余分な水分を排出し、むくみの解消に◎。また、高血圧の予防にもいいと言われています。


「にがうり(ゴーヤ)」は体の余分な熱を取り夏バテ解消に効果的。目の疲れ・かすみなど目のトラブルにもよく、苦味成分には血糖値を下げる効果もあるとされています。


てことで!
「ゴーヤ」×「」とうもろこし」=蒸し暑い今の時季の養生にぴったり!

おすすめの組み合わせでーす。^^



ゴーヤかき揚げ2


生のとうもろこしがあるうちに、よかったら。^^
(キッチンのエアコンつけて作れば、きっと大丈夫!)←キッチンにエアコンない人





***


【薬膳メモ】


<にがうり(ゴーヤ)>
寒性の食材で、体の余分な熱を取るので、夏バテ解消に効果的。
(ゴーヤに含まれるビタミンCは、加熱しても壊れにくいといわれる)
目の疲れ・かすみなどにいいとされる。
苦味成分には、血糖値を下げる効果もあるとされる。


<とうもろこし>
気を補い、胃腸の調子を整えて高める。
体内の余分な水分を排出し、むくみの解消に効果的。
高血圧の予防にも。

<とうもろこしのひげ>(※ひげを日干しにしたもの=「南蛮毛」という生薬)
体内の余分な水分を排出し、むくみを解消する。
尿がでにくいときにもいいとされる。
高血圧の予防や、糖尿病の方にいいとされる。




******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪  

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!今(午前10時)はまだ、風もほとんどなく穏やか。台風っぽさ全然ないんやけどなー。今のうちにいろいろ済ませておかないとね!
****************************************