こんにちは。^^

週の真ん中水曜日。
そろそろ疲れがたまってくる頃だよね~。(ほんまは月曜からしんどいけどw)


てことで、今日の一品はコレ!

作り置き4


↑『きのこたっぷり*タイ風鶏そぼろ』

前回の作り置き記事の中にあった、アレ。

きのこがたっぷり入った鶏そぼろを、ナンプラーなどで味付けしたものです。
(ナンプラー=タイ風。単純すぎるネーミング)


気を補う「鶏肉」&「椎茸」、血を補う「しめじ」で、疲労をしっかり回復!

疲れがたまってるなぁ~てとき(まさに今のわたくし)に、ぴったりの一品です。^^


たっぷりの「きのこ」は疲労回復にお役立ちなだけじゃなく、
うまみアップボリュームアップにもお役立ち!(おいしくかさまし)

何気に節約料理だったりして。(笑)



姉さんが幼稚園くらいの頃から作り続けてる、
そして今でも姉さんがめっちゃ好きっていう、わが家の定番料理なのですが、

なんせレシピが古くてちょこちょこ修正を加えたりしてるので、今回新たにレシピを書こうかと。^^

あ、そうそう、うちの姉さんは小さい頃からナンプラーOKてか結構好んで食べてくれてたんやけど、
息子はナンプラーの匂いが漂うだけで「くっさー!」言うて逃げていくので、これ食べてくれません~(^^;)(わからんでもないけど。笑)

でもまぁきっとそのうち、おいしさに目覚めてくれるんちゃうかな~と。(願望)


てことで、作り方いきまーす!

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『きのこたっぷり*タイ風鶏そぼろ』

【[材料】(4~5人分)

・鶏ひき肉 400g
・しめじ 1/2パック
・椎茸 3個(舞茸と同じくらいの量)
・にんにく 1/2片分
・サラダ油 大さじ1
・酒 大さじ1

<A>
・ナンプラー、醤油、砂糖 各大さじ1
・レモン汁 小さじ1/2


【作り方】

そぼろ工程1

①にんにく、きのこをみじん切りにする(きのこは粗みじんでOK)。<A>を混ぜ合わせておく。

そぼろ工程2

②フライパンに油、にんにくを入れて中火で炒め、香りが立ったらひき肉を加え、そぼろ状になるように炒める。

そぼろ工程3

ひき肉の色が完全に変わったら、きのこ・酒を加えて炒める。

そぼろ工程4

そぼろ工程5

④きのこがしんなりとしたら、<A>を加えて汁気を飛ばすように炒める。(完全に飛ばなくても、軽く煮詰まればOK)


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


今回は、椎茸としめじを使ってますが、
お好みのきのこor冷蔵庫にあるきのこでOKです。^^

清潔な保存容器に入れて冷蔵庫で保存すれば、4日はおいしく食べられるので、作り置きに◎。

たっぷり作り置きしておくと、いろいろ使えて便利ですよー♪


たとえば・・・

そぼろごはん2

定番の「のっけご飯」

ホカホカご飯の上に、そぼろ&目玉焼きをのっけるだけ。

そぼろさえ作り置きしておけば、あとは目玉焼きを焼くだけでOKなので、ラクチンです。^^

このままでも十分おいしいのですが、
わが家のマヨラーたちは、マヨをぴゃーっとかけて食べるのがお好き。

そぼろごはん4

こんな感じで。
(相変わらず、マヨネーズぴゃーーってかけるのめちゃヘタクソ。笑)

そぼろごはん7

そぼろごはん8

全体をぐちゃっと混ぜて食べると、最高でーす♪(^O^)/



あと、麺類との相性もよくって◎。

うどん3

私は、「そぼろのっけ冷やしうどん」にするのが好き。^^

茹でて(冷凍うどんならレンチンでも)氷水でしめたうどんの上に、そぼろ&温玉をのっけるだけ。(お好みで、これまたマヨネーズをかけても◎)

めちゃ簡単!(☆゚∀゚)

うどん7

うどん8

うどん9


温玉を崩してぐちゃっと混ぜて食べると、おいしいー♪

ただ、うどんの場合はご飯と違って、そぼろだけだとちょっと味が薄く感じるというか物足りない感じがするので、レシピの<A>を混ぜ合わせたものを、タレとしてちょこっとかけてあげると◎。ぐっとおいしくなります。^^

余談ですが、梅雨どきは「パクチー」をたっぷり加えて食べるのがおすすめで。(画像の葉っぱはパクチーです)
なんせ「パクチー」は、体を温め体内の余分な水分を排出し、むくみ解消デトックスに効果的なのでー!(女性の味方食材ですよー!)



(話をそぼろのアレンジに戻します)
あと、このそぼろはパンとの相性もいいので、、、

トースト1

パンに乗っけて「トースト」にしたり。
(白身の雪崩が起きてますが、お気になさらずw)

卵にフォークを入れると・・・

トースト2

トースト3

トースト4


黄身がとろ~~り♡
(卵とろ~りショー、何回やるねんw)

カリッと焼けた食パン、コクまろなマヨネーズ、とろ~り半熟卵、そしてうまみたっぷりのそぼろが、めっちゃ合う!おいしー!(≧▽≦)(食べにくいけど)

これ、いろんなアレンジの中で一番簡単!

トースト5

オーブントースター用の天板の上に、アルミホイル(私はオーブンシートを使ってますが、推奨はいたしません(^^;))を敷き、その上に食パンを乗せ、外側をマヨネーズでぐるりと土手を作ってからそぼろを乗せ、真ん中をくぼませてそこに生卵を割り入れ、トースターで焼くだけ。

そぼろさえ作り置きしておけば、忙しい朝でもささっとできまーす!(^O^)/

(ちょっとひと手間かけて、好みの野菜やチーズと一緒に「サンドイッチ」にしてもおいしいです◎)



あと、写真はないんですが、

生野菜のサラダにどかっと乗っけて食べたり、
レタスやサンチュで巻いて(ちょこっとマヨプラスしたりして)食べてもおいしいです。^^


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


めちゃめちゃ長い記事になってしまいましたが、
何が言いたいかっていうと、この鶏そぼろがめっちゃおいしくて便利でおすすめやってこと!

よかったら、お試しくださいませ~。^^


***

【薬膳メモ】

<鶏肉>
気を補い、脾と胃を温め、その働きを高めてくれる。
成長・発育を助ける→成長期のこどもに。(生殖能力を高める働きも)
皮にはコラーゲンも。→美肌、老化防止。


<椎茸>

気を補い、免疫力を高めてくれる。

生活習慣病の予防やガン予防にも効果があるといわれている。

(※天日に干した方が、栄養価がアップする)


<しめじ>

血を補ってくれるので、貧血や、肌荒れなどに。→美肌に○。

高血圧にもいいとされる。

便通を整え、便秘を解消する。ガン予防にも効果があるといわれている。


<レモン>
体を潤して、口の渇きをいやし、体の余分な熱をとってくれる。
夏バテやつわりなどで、食欲がないときにも。
風引きのときや、美肌にも効果的。
(※皮には気のめぐりをよくする効能がある。)

<にんにく>
体を温め、下痢や、寒さからくる風邪に効果的。
咳や痰を鎮めてくれる。
胃の活動を整え、体力の回復にも。
(※はちみつとの組み合わせは×、陰虚体質の人にも×、とされる。)


******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んで下さりありがとうございました!感謝です。*^^*
****************************************