こんにちは。^^


さっきレシピをPCに打ち込んでいて、
「ブラックペッパー」て打ったつもりが、「ブラック
おえおおあー」てなっててビビリました。
(※PとOを打ち間違えてた模様)


そんな(どんな笑)日曜の朝。

すでに暑さで頭が沸いておりますが、今日の一品いきまーす!



トマトぽん酢9



↑ 『ジューシーチキンとしゃきしゃきレタスのトマトぽん酢サラダ』


メインにも、サブにもなる、
さっぱりだけど、食べ応えのある、そんな「おかずサラダ」です。

暑くて食欲ないわーてときでも食べやすくって、
それでいてしっかりパワーのつくものを!と思って作りました。^^



トマトぽん酢6


ジューシーで香ばしいチキン、
ひんやりシャキシャキのレタス、
うまみたっぷりのトマトぽん酢ドレッシング、、、


トマトぽん酢10


3つが合わさると、たまらんうまさー♡(≧▽≦)

家族全員の「これおいしい!」いただきましたー!イェイ♪



それでは早速、作り方です!


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『ジューシーチキンとしゃきしゃきレタスのトマトぽん酢サラダ』



【材料】(3人分くらい)


・鶏もも肉 1枚(約300g)

・塩 小さじ1/4

・片栗粉 大さじ1

・サラダ油 大さじ1

・トマト(完熟) 大1個

・レタス(今回は水菜も) 適量

・にんにく 1/2片分

・ブラックペッパー(お好みで) 適量


<A>

・ごま油 大さじ1/2

・醤油、ぽん酢 各大さじ1

・砂糖 小さじ1/2(お好みで増量してね)




【作り方】


トマトぽん酢工程2


トマトぽん酢工程1

①レタスは手でちぎり、水菜は3~4cmの長さに切り、冷水にさらしてパリッとさせてから水気を切る。トマトをざく切り、にんにくをみじん切りにする。<A>を混ぜ合わせておく。


トマトぽん酢工程6

②鶏肉を一口サイズにカットし、塩をもみ込み、片栗粉をふる。


トマトぽん酢工程3

トマトぽん酢工程4

トマトぽん酢工程5

③フライパンにサラダ油大さじ1/2とにんにくを入れて弱火にかけてゆっくり炒め、香りがしっかりたったらトマトを加え、中火でトマトから水分が出てくるくらいまで炒める。<A>に加えて混ぜる。(=トマトぽん酢ドレッシング)


トマトぽん酢工程8

④フライパンをキッチンペーパーで拭き、サラダ油大さじ1/2を熱し、中火に落として鶏肉を皮目から焼く。焼き色が付いたらひっくり返し、フタをして3~5分ほど蒸し焼きにする。


トマトぽん酢工程7

⑤焼いてる間に、お皿に水菜とレタスを盛り付けておく。お肉に火が通ったら、野菜の上にお肉を乗せ、③のドレッシングをかける。お好みで、ブラックペッパーをふる。



□■□■□■□■□□■□■□■□■□



ポイントは、

◆トマトをしっかり炒める(甘みとうまみを引き出します)
◆トマトと鶏肉はそれぞれ別々に炒める(油っぽくなくさっぱりとした仕上がりになります)
◆レタスや水菜は冷水に浸してぱりっとさせる

これで、野菜はひんやりシャキシャキ!チキンはジューシー!コクうまかつさっぱり!
な仕上がりになると思います。^^


もっと簡単に、鶏肉とトマトを一緒に炒めてぽん酢で味付けしてレタスにどばっと乗せてしもたらええやん~て思うんですが、、、

それやとちょっとくどいっていうか?
油っぽい仕上がりになってまうっていうか?そんな感じなんよね。(^^;)


ひとてまかけることで、おいしさワンランクアップでーす!(^O^)/



トマトぽん酢8


「鶏肉」「にんにく」で胃の働きを高め疲労を回復!パワーアップ!
「トマト」「レタス」「水菜」で体の余分な熱を取り、クールダウン!
「水菜」で体を潤し「レタス」で血を補い、「トマト」と「レタス」で血の巡りをよくし、恐怖のドロドロ血を予防・改善!胃腸の調子も整え、美肌にも効果的♡

てことで、夏バテの予防・解消、美肌作りに効果的な一品でーす。(^O^)/


余談ですが、、、
「水菜」はお酒を飲むときに一緒に食べると二日酔いを防いでくれる、なんて言われてます。「今日は気合い入れて飲むぞー!」てときには、水菜を食べるようにするといいかも。(w)



トマトぽん酢4


珍しく、家族全員絶賛やったんで、
調子に乗って、また今日も作っちゃおかと。(w)

簡単でめっちゃおいしいので、よかったら~。^^




***


【薬膳メモ】

<鶏肉>
脾と胃を温め、その働きを高めてくれる。
成長・発育を助ける→成長期のこどもに。(生殖能力を高める働きも)
皮にはコラーゲンも。→美肌、老化防止。


<レタス>
血を補い、巡りをよくしてくれる。→美肌に◎
体の余分な熱をとり、余分な水分を排出してくれる。→むくみ解消に◎。
胃腸の調子を整え、機能を高めてくれる。便通をととのえる。

<トマト>
夏が旬なので、体を冷やし、喉の渇きを止めてくれる働きがある。
(冬に食べるなら、体をあたためるものと組み合わせると◎。)
胃腸の働きを助け、血液サラサラ効果もあるので、美肌やアンチエイジング効果も。

<水菜>

体にこもった熱をとってくれる。(冷えてるときは生で摂りすぎないこと)
潤いを補ってくれる。→風邪予防、美肌に◎。
食感、薬効を損なわないよう、加熱しすぎに注意。
お酒を飲む時、一緒に食べると二日酔いを防ぐとも言われている。 

<にんにく>

体を温め、下痢や、寒さからくる風邪に効果的。

咳や痰を鎮めてくれる。

胃の活動を整え、体力の回復にも。

(※はちみつとの組み合わせはNG、陰虚体質の人にもNGとされる)




******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んでくださりありがとうございました。^^ 言いたくないけど、今日も暑い!外に出たくないけど、出ないわけにもいかない!てことで、今から息子と行ってきまーす!(どこいこ笑)
****************************************