こんにちは。^^

いやはや寒いですな。(毎日言うてる)

今朝、ごみ出しに外にでたら、
ちょこっと雪が積もってる部分があったりして、びっくり。


そら寒いはずやわ~て思いつつ家に入ったら、
寒さのせいか口がぜんぜんうまいこと回らなくて、言い間違いが多発。

姉さんに笑われまくりで、ちょい凹み。(笑)


何気に年々、口が回りにくくなってる気がするわ・・・

早口言葉でもやって、鍛えるかな?
(そういえば以前姉さんと一緒に楽しんでたっけなぁ~笑)



とかぶつぶつ言いつつ(笑)、今日の一品いきまーす!


ポークソテー1


↑『マスタードバター醤油で*ジューシーポークソテー』


「とんかつ用の豚肉」が特売だったんで、ウキウキ購入。

そして、いつものように、
「ポークソテー」を作りました。(とんかつちゃうんかーい)


とんかつ大好きやねんけど、めんどくさくて、
ついついポークソテーにしてまうんよね。( ̄▽ ̄;)

なんせめっちゃ簡単&すぐできるし、
ソースを変えれば、印象も味わいも違って、家族も飽きずに喜んで食べてくれるからー♪



ポークソテー10


てなわけで、いつもと変わらないポークソテーに、
今回はなんとー!


「マスタードバター醤油ソース」をかけましたー!


・・・めちゃ普通。(笑)

だけど、間違いないうまさー!(≧▽≦)


ポークソテー8


豚肉はやわらかジューシーで、
マスタードのきいたバター醤油ソースと相性抜群♡

ワインにも合うし、ほかほかご飯にもめっちゃ合う!
姉さんのご飯おかわり!が止まりませんでしたー。(笑)


ポークソテー7


野菜不足を補うべく、
レンチンしたじゃがいも&人参、そして貝割れ菜を添えて。(レタスもキャベツも高すぎて断念w)

食べ応え&栄養価UP!

(※じゃがいも&人参は、レンチン後に豚肉と一緒にちょこっと焼いてます)


ポークソテー11

ポークソテー12


野菜たちにもバター醤油ソースを絡めて食べると、おいしいです。^^



それでは、作り方いきまーす!

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『マスタードバター醤油で*ジューシーポークソテー』


【材料】(3人分)

・豚肩ロース肉(とんかつ用) 3枚
・塩 小さじ1/4
・こしょう 少々
・薄力粉 適量
・オリーブオイル 大さじ1
・バター 15g

<A>
・酒、醤油 各大さじ2
・みりん 大さじ3
・粒マスタード 小さじ1(お好みで加減してください)


【作り方】

①包丁の先で、豚肉の脂身と赤身の間にある筋に2cm間隔で切り目を入れ、両面に塩・こしょうをふり10分ほどおく。 <A>を混ぜ合わせておく(※じゃがいもと人参をカットしてレンチンしておく←お好みで)

ポークソテー工程3

③①のお肉の表面の水分をふき取り、両面に薄力粉を薄くまぶす。フライパンにオイルを熱し、中火に落として豚肉の表面になる方を下にして並べ入れる。

ポークソテー工程4

④こんがりと焼き色が付いたらひっくり返す。(空いてるところにじゃがいもと人参を加えて)フタをして弱火で3分ほど蒸し焼きにし、お肉をお皿に取り出す。

ポークソテー工程5

(お好みで野菜をさらに1~2分炒めてお皿に盛り付ける。軽く塩をふっても)

ポークソテー工程6

ポークソテー工程7

⑥お肉を焼いたフライパンに<A>を加えて中火にかけ、アルコールが飛んだらバターを加えて火を止める。お肉にソースをかけて完成。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


おいしく作るポイントは、

◆豚肉の表になる面にこんがり焼き色が付いたらひっくり返し、蒸し焼きにする
◆蒸し焼き時間はだいたい3分前後にとどめる

これで、やわらかジューシーなポークソテーになると思います。^^




ちなみにレンチンした野菜は、じゃがいも1個・人参1/2本。

それぞれ食べやすい大きさに乱切りにし(人参は小さめに&じゃがいもはさっと水にくぐらせる)、電子レンジ(500W)でやわらかくなるまで加熱(3~4分)してから使ってまーす。

レンチンしただけでもええんやけど、ちょこっとね、焼き色を付けつつ温め直した方がおいしいかなーて思うので(なんせ寒いのですぐ冷める)、フライパンでちょこっと一緒にソテーしてます。^^


ポークソテー6


「豚肉」・「バター」は気・血を補っ体を潤す食材で、乾燥(喉や皮膚の乾燥や便秘など)対策や、疲労回復風邪予防に◎。

「からし(マスタード)」は気の巡りをよくし、体をあたため
様々な病気の原因となる「痰」を取り除く効能も。(※ただし、皮膚の乾燥がひどいときや空咳のあるとき(肺の乾燥がひどいとき)には控えた方がベターです)

てことで、風邪予防や、最近疲れてるなぁ~て方におすすめの一品です。^^


ポークソテー4



とんかつ用の豚肉の特売に遭遇したら、
次もまた、ポークソテー作ろ。.。゚+.(・∀・)゚+.゚(とんかつー!w)



***

【薬膳メモ】

<豚肉>
(部位によって効能は様々だけど)気を補い、血を補い、体の潤いを補ってくれる。
→から咳や、肌の乾燥、便秘にも。
腎を補ってくれるので、疲労回復や、産後の体力回復、母乳の出をよくする効能もあるとされる(特に豚足)。

<バター>
気と血を補い、体を潤し、五臓の働きを高めてくれる。
→喉や肌の乾燥を改善、便秘の解消、疲労回復に。


<からし(マスタード)>
五味のうちの「辛味(しんみ)」にあたるもので、気のめぐりをよくし、体をあたため、発汗を促す作用がある。(こしょう、にんにく、唐辛子、ねぎなど・・・)
強い殺菌作用がある。痰を取り除く。
(※秋には、五色でいう「白」、五味でいう「辛味」のものを摂るといいとされる。ただし、皮膚の乾燥や空咳のあるとき(皮膚や肺の乾燥がひどいとき)にはNG)


<じゃがいも>
気を補い、無力感や、疲れた体に元気を与えてくれる。
脾の機能を高めて胃腸を整える。便秘の改善にも。→美肌に。
※ビタミンCが豊富で風邪予防にも。
※カリウムが豊富で、余分なナトリウムの排出を促し、血圧を下げる効果も。


<人参>
脾の機能を整え、胃などにある消化しきれていないものを取り除く効能がある。
→脾胃の機能がまだまだ未発達な子供の、消化不良にいいとされる。
血を補い、肝の働きを整え、貧血や、目のトラブルを改善する。
→疲れ目、かすみ目などの視力の不調(=明目)や、夜盲症、ドライアイにも。
★成長期の子供や、パソコンをよく使う方に、おすすめの食材!★



******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んで下さりありがとうございました!寒い週末になりそうですね~(;´・ω・)(センター試験のときっていつもめっちゃ寒いよね。雪降ったりとか・・・)寒さ対策だけじゃなく、路面凍結などにも気をつけないとですな!('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)ウンウン
****************************************