こんにちは。^^
めちゃ天気いいですね~♪ちょっと肌寒いけど。

てことで、今日のおでかけは午後からにします。
(最近息子が朝から出かけんでも大丈夫になってきて、かなり助かってますw)


さてさて。

以前、白髪対策に黒ごま食べてます~て話をしたんですが、
やっぱりね、アラフィフともなりますと、黒ごまだけでは太刀打ちできなくなってきたようで・・・

最近、鏡の前に立つ=キラッと光るものを発見する、ていう回数がかなり増えてきました。
( °д°)


40代前半までは、
黒ごまのおかげでほとんど白髪を気にすることなく過ごしてこれたんやけどなー。

ま、しゃーないよね。(寄る年波には勝てん。笑)



だけど、ほっとくと老化はどんどん加速してくと思われるので。。
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。キャーー

もっとアンチエイジング(=腎を補う)にチカラ入れてこー!
もっと黒い食材とり入れてこー!(悪あがきしよー!)てことで。(笑)


黒豆醤油煮3


↑『黒豆と刻み昆布の甘酒醤油煮』


【黒豆&昆布】”黒い食材”の黄金コンビ(黒なん?黄金なん?w)を、甘酒・塩麹・醤油でさっと煮たもの。

ほかほかご飯のおともとして、最近これをしょっちゅう食べてます。^^


煮るといっても、
切りものなし!火も使わない!

材料全部を耐熱ボウルに入れて、3分レンチンするだけ!

めちゃかんたーん♪


そしてこれ、砂糖不使用!

砂糖の代わりに甘酒を使ってるので、体にやさしい。^^
そして、醤油の風味が引き立つ味わいになります。


黒豆醤油煮8


小粒な黒千石はホクッとした食感で、
刻み昆布は歯ごたえがあって、食感楽しい~♪

ちょっと濃い目の味付けなので、ほかほかご飯にめちゃ合います。^^


黒豆醤油煮5

さらに、効能がまたすばらしい!

「黒豆」は腎を補う”黒い食材”で、アンチエイジングに効果大。血を補い巡りもよくしてくれるので、月経トラブルの改善や、美肌・美髪・そして白髪対策にも効果的!(血の巡りをよくするってことは、お肌だけじゃなく髪のハリツヤもアップしてくれます♡)

あと、脾を強くして、体の余分な水分を排出する効能もあり、むくみ解消にも効果的◎。

「昆布」は【鹹味の食材】かつ【黒い食材】で、腎を補アンチエイジングに効果的。さらには、余分な水分を排出してくれたり(むくみ解消)、便秘の解消にも効果的◎。

ただ、体の熱を取る効果がかなり高いので、とり過ぎに注意(特に冬など寒い時季)。合わせる食材や調理法に気をつけるのがベター!
てことで、「甘酒」&「塩麹」。甘酒と塩麹のもとである「米麹」は体を温めてくれるので、昆布と組み合わせると体の冷えを緩和してくれます。また、胃腸の調子をととのえ、便秘解消や美肌作りにも効果的。

てことで、女性にうれしい効能がたーーーっぷり詰まった一品!
特に、アンチエイジング&美肌&デトックス効果が期待できまーす♪(^O^)/




それでは、作り方です。(やっと)


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『黒豆と刻み昆布の甘酒醤油煮』


【材料】(作りやすい分量)

・黒千石 1パック(50g)
・甘酒 大さじ3
・塩麹、醤油、水 各大さじ1
・刻み昆布 8g


【作り方】

醤油煮工程1

醤油煮工程2

①ボウルに刻み昆布とたっぷりの水を入れて1分ほど置く。さっと水洗いし、ざるにあげて水気を切って、耐熱ボウルに移す。

醤油煮工程3

醤油煮工程4

②耐熱ボウルに残りの材料をすべて入れて混ぜ、すき間をあけてラップをかけて電子レンジ(500W)で3分加熱する。

醤油煮工程5

③ラップを外して混ぜ、そのまま冷ます。

+++清潔な保存容器に移して冷蔵庫で保存してください+++


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


加熱した直後は、まだ水分が残っててさらっとしてるんやけど、
冷ます過程で、とろっというか?ねばっというか?ええ感じに水分がなくなります。

わかりやすく写真でみるとですね・・・

醤油煮工程5

加熱した直後は、こんな感じでまだ水分が残ってるんですが・・・

醤油煮工程6

冷ます過程で、昆布が水分を吸って、
ほんの少しだけねっとりとした感じになります。


黒豆醤油煮1


こんな感じで作りおきしておくと、
いつでも食べれる&アンチエイジングに励める(笑)ので、便利です。.。゚+.(・∀・)゚+.゚



刻み昆布


ちなみに、刻み昆布は、こんなん使ってます。
うちの近くのスーパーでは、昆布とか鰹節を置いてるコーナーに並んでます。^^


そして、甘酒は、自家製のもの(米麹のみ、砂糖・塩不使用)を使ってますが、
自家製じゃなく、市販品でももちろんオッケー。

その場合は、なるだけ余計なものが入ってないタイプを選んでください!

(※
お使いになる甘酒によって、かなり味わいは変わってきます。砂糖入りのものを使う場合は甘酒の分量を、塩入りのものを使う場合は醤油の分量を減らしてくださいね~。あ、あと塩麹によっても塩分は変わってくるかと思います)



それから、黒豆(黒千石)は、
北レシピHOKKAIDO」さんのドライパックのものを使ってます。


黒千石2

黒千石は、普通の黒豆よりも小粒なかわいい子。^^

黒豆と黒千石、どのくらい大きさが違うかというと・・・


黒千石


だいぶ違うー!
お料理によって、使い分けるといいかなーと。^^

今回は、刻み昆布との相性を考えて、小粒の黒千石をチョイスしました。


黒豆醤油煮6


簡単・ヘルシー・おいしい、ご飯のおとも。

よかったら、お試しくださーい。^^




***

【薬膳メモ】

<昆布>

腎を補う黒い食材。冬にいいが、寒性で体を冷やす(熱を取る)のでとり過ぎ注意。合わせる食材や調理法に気を付ける。

余分な水分を排出してくれる→むくみ解消に◎

血や痰によるしこりや結石などをやわらげる

便秘の解消にも◎、高血圧にもいいとされる


<米麹>
体を温め、気のめぐりをよくし、脾の機能を整える。
→消化不良や、下痢の改善。美肌に。)

<黒豆>
腎を補う黒い食材。アンチエイジングに効果的。
増血し、血のめぐりをよくしてくれる→月経トラブルの改善、美肌などに◎ 

脾を強くし、胃腸の機能を高め、体の余分な水分を排出する→むくみの解消に◎



******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んで下さりありがとうございました!感謝です。*^^*
****************************************