こんにちは。^^
明日はホワイトデーですね~。

て、今朝気付いたんですけどね。(笑)

わが家は今のところ、ホワイトデーはまったく関係なしなので~。
(いつか息子がバレンタインにもらって帰ってきたりなんかしちゃったら、めっちゃ頑張ってまうけどw)


てなわけで、今日の一品は、
ホワイトデーとはまったく関係ない、ごくごく普通の副菜でーす!


人参きんぴら2



↑『じゃがいもと人参の塩チーズきんぴら』


わが家で「きんぴら」といえば、普通の”甘辛い”味付けのものと同じくらい、”塩チーズ味”のきんぴらも人気があって。

過去にも「じゃがいも×セロリ」や「じゃがいも×ピーマン」の塩チーズきんぴらをアップしてるのですが、(じゃがいもばっか)

今回は、「じゃがいも×人参」の組み合わせで作ってみました。(やっぱりじゃがいもw)



人参きんぴら4


(しつこいですが)「人参」は血を補い「肝」の働きをととのえ、貧血や目のトラブルなどを改善してくれる食材。なので、春は特に、日々の食事になるだけ取り入れるようにしております。

そして
「じゃがいも」は気を補い胃腸の働きを整えてくれるので、体が疲れてるなぁ~てときにぴったり。年度末は何かとバタバタ忙しいし、年度はじめはワクワクいっぱいな反面、疲れやストレスも大きかったりするからね。じゃがいも食べて、しっかりパワー充電!

あと、「チーズ」ね。私はアトピーもちで春も肌が乾燥しがち。なので、体を潤すものもしっかり取り入れますよー!

てことで、
肝をいたわり体を元気にしてくれる、春にぴったりの一品。美肌にもいいですよー♡




人参きんぴら7


人参が甘~くて、粉チーズがまったり♡
じゃがいもはホクっとシャキっと!

塩味であっさりなんやけど、チーズのコクとうまみ、ほんのりにんにくの風味とペッパーのパンチがきいてて、めちゃおいしいー♪


人参大好きな姉さん、大絶賛!
ド偏食の息子も食べてくれたし、人参が苦手な旦那もパクパク完食!v( ̄∇ ̄)vヤッタネ♪


時間が経っても味が落ちない&水気が出ないので、作りおきやお弁当にもおすすめです。
(お弁当に入れるときは、にんにくを抜いてくださいね)




それでは、作り方いきまーす!

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『じゃがいもと人参の塩チーズきんぴら』


【材料】(3~4人分)

・じゃがいも 中2個(約180g)
・人参 1本(じゃがいもと同じくらい)
・塩 少々
・オリーブオイル 大さじ1
・粉チーズ 大さじ1
・ブラックペッパー 適量

<A>
・酒 大さじ1/2
・塩 小さじ1/4
・おろしにんにく 少々(チューブで5mmほど)


【作り方】

きんぴら工程1

①じゃがいもを5mm幅くらいの細切りにしてさっと水にさらし、ザルにあげて水気を切る。人参も細切り(じゃがいもより気持ち細め)にする。

きんぴら工程2

きんぴら工程3

②フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、中火に落として人参を加え、塩少々をふってしんなりするまで炒める。

きんぴら工程4

③人参をしんなりしたら1本食べてみて、人参臭さが消えしっかり甘みを感じるくらいになっていたら、じゃがいもを加えて炒める。

きんぴら工程5

きんぴら工程6

④じゃがいもが透き通ってきたら<A>を加えてさっと炒め、粉チーズを加えてざっと混ぜて全体に絡める。味をみて、足りなければ塩で調整する。器に盛りつけ、ブラックペッパーをふる。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


ポイントは、
◆人参はじっくり炒める(甘みを引き出す&人参臭さを取るため)
◆じゃがいもは炒めすぎない(シャキっホクっとした食感に仕上げるため)

このポイントをおさえて作ると、
わが家ではめっちゃ家族の食いがいいです!(うちだけやったりしてw)


人参きんぴら5


そしてわたしは、
今日もしつこく人参を食べるのだー!(笑)



***

【薬膳メモ】

<じゃがいも>
気を補い、無力感や、疲れた体に、元気を与えてくれる。
脾の機能を高めて胃腸を整える。便秘の改善にも。→美肌に。
※ビタミンCが豊富で風邪予防にも。
※カリウムが豊富で、余分なナトリウムの排出を促し、血圧を下げる効果も。

<人参>

脾の機能を整え、胃などにある消化しきれていないものを取り除く効能がある。

→脾胃の機能がまだまだ未発達な子供の、消化不良にいいとされる。

血を補い、肝の働きを整え、貧血や、目のトラブルを改善する。

 →疲れ目、かすみ目などの視力の不調(=明目)や、夜盲症、ドライアイにも。

★成長期の子供や、パソコンをよく使う方に、おすすめの食材!★


<チーズ>

体の潤いを補い、皮膚や粘膜を保護する。

肺に潤いを与え、から咳や喉の渇きを鎮めてくれる。

腸に潤いを与え、便秘にもいいとされる。


<胡椒>

冷えによって弱った脾・胃を温め、おなかの冷え、痛みなどを緩和する。

胃の機能をととのえ、吐き気などの症状の緩和に。

食欲増進効果も。


******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んで下さりありがとうございました!感謝です。*^^*
****************************************