decoの小さな台所。

季節ごとに起こりがちな体の不調の予防・改善を目指し、どこにでもある食材で、簡単に作れる、薬膳料理レシピを発信中。(注:ジャンクなものやしょーもない話もアリ〼)


こんにちは。^^

今日もいいお天気ですね~♪

今日は法事で三重の方に行く予定でして、外にいる時間もそこそこあると思われ、、、

観念して帽子かぶろうかな~て思ったり・・・
今日は旦那も姉さんもいてるから、日傘させるかな~?て思ったり・・・


とりあえず両方持ってって、アラフィフのお肌をなるだけ紫外線から守るぞっと!

そして帰宅後は、しっかり「大葉」を食べるぞっと!(笑)


なんせ大葉は、シミ対策としてとても優秀な食材なので。^^
(※昨日の記事で、大葉の効能&大葉を使ったレシピをまとめてます。➡★


てことで、今日もまた、
大葉を使った一品いきたいと思いまーす!(必死かw)


しそじゃこ2


↑『大葉とじゃこの梅みそ炒め』


なるだけ毎日大葉を食べたいって思うけど、そう思ってるのは家族の中で私だけなので(姉さんも息子も大葉は苦手。旦那は好きやけど毎日大葉ってのはイヤがる)、毎日張り切って大葉料理を出すわけにもいかない。

でも、私はなるだけ毎日食べたい。

かといって、わざわざ自分のためだけに大葉料理を作るのは面倒やし、
大葉だけをそのままわさっと食べるってのもちょっとアレやし・・・(w)


てことで、作り置きできる大葉料理が大活躍!

昨日のまとめにも登場した「大葉のコチュみそ漬け」もすごく便利でおいしいんやけど、
漬け込み時間がちょいと必要。(いうてもしれてますが)

しかし今日の「梅みそ炒め」は、
あっという間にできる!すぐに食べれる!日持ちもする!てことで、さらに便利~


作り置き3


先日も、こんな感じでタッパに入れて作り置き。

いつもでも大葉をおいしく食べれて、ありがたや~~~


しそじゃこ10


口の中に入れると、
じゃこのうまみ、味噌のコクと風味、さわやかな梅干しの酸味と大葉の香りが、ぶわぁ~っと!

ごはんのっけて食べると、めちゃうまーー!(≧▽≦)
(※大葉好きの感想です)


冷めてもおいしいし、冷蔵庫で保存しておいても味が落ちないので、作り置きにも◎。

お弁当にもおすすめです。


それでは、作り方いきまーす!

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『大葉とじゃこの梅みそ炒め』


【材料】(作りやすい分量)


・大葉 20枚

・ちりめんじゃこ ひとつかみ(30gほど)

・ごま油 大さじ1

・梅干し(中) 1個


<A>

・味噌、すり白ごま 各大さじ1/2

・酒・みりん 各大さじ1/2

・砂糖 小さじ1

・醤油 小さじ1/2

・おろしにんにく 少々(チューブで5mm程度)



【作り方】


しそじゃこ工程1

①大葉をたて半分に切り、細切りにする。梅干しの種を取って包丁で叩いてペースト状にし、<A>と混ぜ合わせておく。


しそじゃこ工程2


しそじゃこ工程3

フライパンにごま油を熱し、中火に落としてじゃこを炒める。ぱちっとじゃこが跳ねるくらいになったら大葉を加えて炒める。


しそじゃこ工程4


しそじゃこ工程5


しそじゃこ工程6

③大葉がしんなりしてほぐれてきたら、<A>を加えて混ぜ炒め、全体に梅味噌が馴染みほぐれてきたら完成。



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


ご使用になる梅干しの大きさや塩分によって、
味が多少変わってくると思うので、味をみて量を調整してくださいね。^^


しそじゃこ8


体を温め気・血の巡りをよくする「紫蘇(大葉)」は、美肌作り◎。特に「シミ取り」に効果大と言われてまーす!
また、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状の緩和にもいいとされ、
香り成分はストレス解消にいいので、春の養生にもぴったりやったりします。^^

体を温め気を補い血の巡りをよくする「ちりめんじゃこ(いわし)」は、目のトラブルの改善など春にうれしい効能があって。また、冷えの改善や、脳を活性化骨を強くする効能もあり、成長期のお子さんや、アンチエイジングを意識する方にも◎。

酸味のある「梅」、体内の老廃物を排出する「味噌」も、春に取り入れたい食材。

てことで、春の養生・シミ取りなどにぴったりの一品でーす!(^O^)/



しそじゃこ4


そうそう、ちなみに。
ご飯は「はとむぎ」入りになってます。

昨日今日はカラっと晴れて気持ちいいけど、
ここんとこ雨が多くて、体の中がどんよりしてるなぁ~湿たまってるなぁ~て感じてたので。


しそじゃこ5


めっちゃ寄って写真撮ってみたけど、、、
はとむぎの存在ぜんぜんわかんないですね。(^^;)

炊飯用の細かく砕いたはとむぎなので、パッと見、米粒と変わらんのですが、
逆にこれが、わが家ではポイント!


うちの家族は白米LOVEで、
米に何か入れて炊くと「何入れたん?!」てめっちゃ怪訝な顔されるんやけど、

このはとむぎやとパッと見ぜんぜんわからんし、
食べると「あれ?いつもよりモチっとしてて、おいしいなぁ~♪」て、いつもより食いがいいっていうね。v( ̄∇ ̄)v

これから梅雨の終わり頃までは、はとむぎ入りご飯にする予定でーす。

(※はとむぎは、妊娠初期から中期は禁忌とされてますので、注意が必要です)


しそじゃこ7

簡単で作り置きできて体も喜ぶご飯のおとも。

よかったら、お試しをー♪



***

【薬膳メモ】

<紫蘇(大葉)>
気のめぐりをよくし、胃の働きを整える。(※香り成分は、ストレス解消に効果あり)
血のめぐりもよくしてくれ、体を温めてくれる。貧血に○。
→冷え症の人は積極的に摂ると○。 美肌効果も大。(特にシミ対策に!)
→寒気からくる風邪のときにも○。    
花粉症やアトピーなどのアレルギー症状の緩和にもいいとされる。


<ちりめんじゃこ(いわし)>

体を温め、気を補い、血のめぐりをよくしてくれる。→ 美肌に。
脳を活性化し、骨を強くする。→アンチエイジングに。
目の疲れやかすみ目など、目の不調の解消に。
なんだか不安で眠れない~っていうのが続くときに。


<梅>
胃腸の調子を整える。食欲を増進させ、疲労回復や、老化防止も期待できる。
口や喉の渇きを癒し、咳や喉の詰まった感じの緩和したり、汗など出すぎるものを押さえる効能がある。


<味噌>
「脾」「胃」を温め働きを高める。(お腹の冷えをとる)
体内の老廃物を排出し、二日酔い、美肌、老化防止にも◎。
抗酸化作用もあるとされる。


<にんにく>
体を温め、下痢や、寒さからくる風邪に効果的。
咳や痰を鎮めてくれる。
胃の活動を整え、体力の回復にも。 (※はちみつとの組み合わせは×、陰虚体質の人にも×、とされる。)


<白ごま>
潤いを補い、皮膚に潤いを与える。便秘の解消にも◎

<ごま油>
腸を潤すので、便秘を解消してくれる。お肌にも潤いを与える。→美肌に。
胃に食べ物がたまってることによる腹痛や、熱をもった腫れ物・できものを改善。



******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んで下さりありがとうございました!みなさま楽しい週末をー♪
****************************************





コメント

 コメント一覧 (8)

    • 8. ◆お返事:kadさんへ◆
    • 2018年05月20日 17:03
    • kadさん、こんにちは!コメントありがとうございます。*^^*
      そして、いつも読みに来て下さって本当にありがとうございます!

      ピーマンとサバ缶の炒めもの、作ってくださったなんて感激!お口に合ってよかったです~(*´▽`*)
      薬膳、とてもとても奥が深くて楽しいので、ぜひぜひ一緒に楽しんでくださるうれしいです♪(私もまだまだ学んでいる途中なのですが~)

      そして、探してくださってるレシピは「大葉のコチュみそ漬け」で合ってますでしょうか?レシピはコチラの記事(http://decokitchen.blog.jp/archives/9821742.html)にありますので、一度見ていただけますでしょうか?
      (もしもこれじゃない!て場合は、お手数ですがもう一度コメントいただけましたらありがたいですー!)
      これもお口に合いますように~。*^^*
    • 7. kad
    • 2018年05月20日 12:50
    • いつもLINEで届いたら、楽しみに読んでいるアラフォーです(*^^*)この前ピーマンとサバ缶の作りおきめっちゃ美味しかったです♪最近薬膳に関心があって色々出てて、出たら楽しみに作ってますよぉ~
      そこで、大葉とコチュジャンを使ったおにぎりにまくレシピが探せなくて(T_T)教えてください(^o^)/
    • 6. ◆お返事:初めましてです(^^)さんへ◆
    • 2018年05月14日 05:48
    • はじめまして!おはようございます。^^
      コメントありがとうございました~。目にとめていただけてとてもうれしいです!

      大葉がお好きなのですね~♪
      作り置きできますし、ご飯のおともにおすすめの一品ですので、よかったらお試しください。^^

      そして、はとむぎのことですが、はとむぎは「麦」という名前がついているのですが、イネ科の作物で「麦」ではないらしく、食感はモチっとした食感が特徴だと思います。私のお気に入りは「それいゆ」(https://www.kenko-soleil.com/asp/products.asp)さんの、国産はとむぎシリーズ。ちょっと高めではありますが、いままで食べた中で一番おいしくて今ではこればっかりです。^^
      今回は、炊飯器でお米と一緒に炊けるタイプ(細かく砕いたもの)を使ってますが、粒のものを茹でておいてご飯と混ぜることもあります。はとむぎ茶もここのを愛飲しております。^^
      はとむぎ、とってもおすすめです!ただ、わが家の家族にはとても合っているので愛用しているのですが、やはり体調や体質にもよる部分もあるかと思いますし、薬膳でははとむぎは妊娠中は控えた方がいいともされておりまして、注意も必要かなぁとも思います。(^^;)

      少しでも、参考にしていただけるとうれしいです。^^
    • 5. ayaka
    • 2018年05月14日 01:18
    • こんばんわー!
      大葉大好き~♡
      これ、ご飯、いくらでもいけちゃいそう(´艸`*)
      お弁当にもよさそうだわあ♪
      シミ・・・・・気をつけねば!
    • 4. 初めましてです(^^)
    • 2018年05月13日 16:55
    • 大葉が大好きなので、こちらのレシピが目にとまりました!
      これなら、作り置き出来るし、ご飯も進みそう!

      ところで、ハトムギとは?どんな物をつかっているのですか?
      私は麦が好きなので押麦?を入れて炊いていますが、ハトムギは初めて聞いたので…
      もし、よければメーカー等、どんな商品なのか知りたいです(^^)
    • 3. ひなちゅん
    • 2018年05月12日 13:17
    • decoちゃん こんにちは!

      とってもいいお天気ね♡
      そして相も変わらず、シミにはつらいお天気ねw
      日傘させてるかな?だといいけどな♡
      私も帽子はかぶっても、上が見えないとなんか嫌で大きく上にむかってかぶってしまうん。
      実際これ意味あるんかなー!?と思ったりする事多くって(;'∀')

      しずしずとおしとやかにするなら日傘よね。やっぱりw

      我が家も夫は白米をこよなく愛するので、雑穀とか入れると嫌がるわ><
      美味しくて体にいいいのにさっ!!

      ハト麦も美味しいよね!
      今日も元気でガンバロウねっ!!



    • 2. 小春@ぽかぽかびより
    • 2018年05月12日 12:32
    • おはよー!
      大葉の記事、頭に残ってなかったわ。

      今、大葉育ててるねん。
      なんだか嬉しい気分!
      (雑草と間違わないように、本物の大葉だけちゃんと残さなければw)

      これもおいしそうだな。
      こういう ご飯がすすくおかず大好き。
      お弁当にも良さそうだし、今度作ってみるね~

      今日はものすごく陽ざしがきつい感じよね。
      外に出るだけでも疲れるのに、いろいろ気疲れもするよね。
      ボチボチ~~^^
    • 1. kaokao
    • 2018年05月12日 10:06
    • decoちゃん
      こんにちは。シミという言葉にドキっと(笑)
      今が紫外線一番強い季節になってしまったものね・・・
      大葉、私もいっぱい摂ろうと思います!
      美味しいレシピ、ありがとう~~~~♡
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

↑このページのトップヘ