こんにちは。^^

昨日までの異常な暖かさから打って変わって、
ちょっと肌寒いですね~。

て、これが通常の12月なんやろけど。
(むしろまだ暖かい方なのか?もはやよくわからん~)



さてさて。

どこに行っても「クリスマス一色」て感じの今日この頃。

そろそろクリスマスメニューも考え始めんとなぁ~
(その前に息子の誕生日もあるから誕生日メニューも考えんとなぁ~)

てことで、今日の一品はこんなん。


かぶサラダ4


↑『りんごと蕪とクリームチーズのサラダ』


豪華な食材とか、一切なし!

ごくごく普通の食材で作る簡単なサラダなんやけど、
色合い的になんとな~くクリスマスっぽくね?てことで。(笑)

あと、女子会などにもぴったりかなぁ~と。
色合いはもちろん、効能面で♡(効能については後半に書いてます~)


かぶサラダ10


これね、欲張りに、
ぜーーんぶ一緒に頬張るのがおすすめ!(すくうの大変やけど。笑)

りんごの酸味と甘み、蕪のほんのり甘み、濃厚なクリチを
さっぱりさわやかなドレッシングが、いい感じにまとめてくれていて、

りんごはシャキッと、クリチはまったり~
そこに蕪やくるみの食感も加わって、食べててすごく楽しい&おいしい~♪

想像以上に家族ウケ抜群でしたーー!(≧▽≦)
(ド偏食の息子も「おいしー♪」いうてたっぷり食べてくれました!)



作り方は、こんな感じ。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『りんごと蕪とクリチのサラダ』

【材料】(3~4人分)

・りんご 1/2個

・小蕪 1個

・ベーコン 1枚

・くるみ 10gほど

・クリームチーズ 30~40g(お好みで調整)

・ブラックペッパー 適量


<A>
・酢 大さじ1

・はちみつ 大さじ1/2
・レモン汁 小さじ1
・塩 小さじ1/4
・米油 大さじ1


【作り方】

かぶサラダ工程1

①ベーコンを1cm角に切り、キッチンペーパーで上下をはさんで耐熱皿に乗せ、電子レンジでかりっとなるまで加熱する(500Wで40~60秒ほど)。

かぶサラダ工程2


かぶサラダ工程4

②きれいに洗ったりんごを皮付きのままくし形に切ってから薄切りにし、塩水に浸す。ざるにあげて水気を切る。蕪もりんごと同様に切り、塩を少々ふって馴染ませて5分ほど置く。(蕪の葉があれば)蕪の葉を適量刻み、塩もみしてさっと洗って水気をぎゅっと絞る。


かぶサラダ工程3


かぶサラダ工程5


かぶサラダ工程6

③ボウルに<A>を入れて混ぜ合わせ、蕪とりんごの水分をキッチンペーパーでふき取って加える。くるみ(ローストしてないものはローストしてから)を手で割って加え、クリームチーズも手でちぎりながら加えて、全体を混ぜる。器に盛り付け、蕪の葉、ブラックペッパー(orお好みでピンクペッパー)を散らす。



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


ポイントは、

蕪とりんごの水気をしっかり取り除いてからドレッシングと混ぜること。


水っぽいとおいしくないので~。



そして、ドレッシングに米油を使うこと。


米油はクセがないので、

素材のおいしさをしっかりと感じられるドレッシングになります。^^



あと、何気に蕪の葉もポイントかな?


色合いがきれいになりつつ、蕪の葉もクセがないので、

味の邪魔をしないし、ばっちり栄養もとれちゃうので、葉っぱもあればぜひ~!



ちなみに、ポイントを押さえて作れば、

朝作って夜食べるとか、夜作って翌朝に食べるとか、


そのくらいなら作り置きしてもぜんぜんオッケ◎。

おいしいまんま食べられまーす!

(それ以上置くと、どうしてもりんごが変色しがちになります~)



かぶサラダ7


それでは、お待ちかねの(?)効能について。


「りんご」は、乾燥しがちな体を潤してくれて(肺を潤し喉を潤してくれます)風邪予防に効果的なのはもちろん、風邪気味やなーってときにも◎。胃腸の調子を整え、下痢・便秘のどちらのときでもOKなのもうれしいところ。
水分の代謝が滞ることで体内にできてしまった痰(様々な病気の原因物質)をとる効能もあります!
あと、二日酔いのときにもいいので、飲み会が多いこの時季にぴったりやったりも(w)


「レモン」「はちみつ」「チーズ」も体を潤し、「蕪」は口の渇きを緩和したり、咳を緩和したり、胃を温め腸の働きを整え、消化不良便秘の解消にも◎。


「くるみ」もまた、肺を潤し咳を緩和したり、喉の渇きを緩和したり、便通を整えてくれる効能があって。


今の時季の、乾燥対策&風邪予防にぴったりーー!

そして、美肌作りにもぴったりー♡



また、「くるみ」はアンチエイジング食材としても優秀!

脳の活性化、白髪や脱毛の防止、足腰の衰えなどにいいので、積極的に食べてまーす(笑)



かぶサラダ6



簡単でめっちゃおいしくて効能も優れてるので、おすすめです!


よかったらお試しをー♪



米油でつくる♪華やかパーティー料理
米油でつくる♪華やかパーティー料理



***

【薬膳メモ】

<りんご>
体に潤いを与え、肺を潤し、喉を潤す。→風邪予防、または風邪気味のときに◎。二日酔いのときにも◎。
胃腸の調子をととのえ、食欲増進効果がある。また、下痢・便秘ともに効果アリ。
水分の代謝が滞ることで体内にできてしまった痰(様々な病気の原因物質)を取る。
コレステロールを抑制し、体外に排出してくれる働きも。
(※皮の部分に水溶性食物繊維のペクチンが多く含まれるので、皮ごと食べるのがよい)

<蕪>
口の渇きを癒し、咳を止める。胃を温め、腸の働きを整え、消化不良や便秘を解消。
昇った気を降ろす作用があり、のぼせ・熱をもった腫れものやできものなどを改善。

乳腺炎にもいいとされる。


<くるみ>

脳の活性化、白髪や脱毛の防止にも→老化防止、足腰の衰えにも◎。

油分が腸を潤し、便通をよくする→デトックスに→美肌に◎

肺を温め、慢性の咳や喘息にも。


<ベーコン(豚肉)>
(部位によって効能は様々だけど)気を補い、血を補い、体の潤いを補ってくれる。
→から咳や、肌の乾燥、便秘にも。
腎を補ってくれるので、疲労回復や、産後の体力回復、母乳の出をよくする効能もあるとされる(特に豚足)


<酢>
温性で、体を温め、血をきれいにして、めぐりをよくする。→美肌に。
むくみや未消化物を解消し、血や痰によるしこりや結石などをやわらげる。
→体内にたまった老廃物を排出する。 体力回復にも。

<チーズ>
体の潤いを補い、皮膚や粘膜を保護する。
肺に潤いを与え、から咳や喉の渇きを鎮めてくれる。
腸に潤いを与え、便秘にもいいとされる。

<はちみつ>
肺、腸、皮膚を潤し、から咳や便秘、皮膚の乾燥にいい→美肌にも◎
脾と胃を補い、食欲不振や胃痛、腹痛、疲労回復にいい
(※1歳未満の赤ちゃんにはNG)

<レモン>
体を潤して、口の渇きをいやし、体の余分な熱をとってくれる。
夏バテやつわりなどで、食欲がないときにも。
風引きのときや、美肌にも効果的。
(※皮には気のめぐりをよくする効能がある)


******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んでくださりありがとうございました!
****************************************