こんにちは。
めっちゃ寒いですね~。

台所で水仕事してたらあっという間に凍えてくるので(冷暖房なし)
しょっちゅう居間のこたつに暖取りに行ってしまいます~(作業進まんw)


で、何度目かの暖を取りに行ったら、こどもたちが言い合いしてて。

しかも、姉さんの上に息子がちょこんと座った状態で。(わけわからん)


何があったか聞いてみたら、そろそろ膝から降りてって姉さんが言うても、いやや!もっと座ってたい!て息子が膝から降りるのを断固拒否してる状態らしく。(^^;)

ママの膝に座ったら?て聞いたら、
いやや!今は姉ちゃんの膝がええねん!と。(ちょっとショックw)


姉「ほな、時計の長い針が10になったら降りて!」(←この時点で9のとこ)

息子「いや!12のとこまでーー!」

姉「あかん、10!」

息子「いや!12!」

姉「ほな、11!」

息子「いや!12!」

姉「じゃあもうやっぱり10や!」

息子「いや!11!」

姉「お?!」

息子「あ、違うわ(;´・ω・)えーーっと、12!」(←もはやわけわからんくなってきてる)


結局、姉さんが折れてくれて、
長い針が12になるまで姉さんのお膝にうれしげに居座ってた息子でした。

姉さん、おつかれさま~(笑)(ありがとね♡)



さてさて。

今日も恒例の作り置きしよかな~と思ってるんですが、
作り置きにしょっちゅう登場してる「茹でただけのほうれん草」ありますやん?

あれ、どんな風にして食べてるかっていうと、
和え物にしたり炒めものに入れたりシチューに入れたりしてるんやけど、(ごく普通)

最近こどもたちにヒットしてる食べ方があって。

これです。


ごま和え2


↑『ほうれん草のおかかめんつゆマヨ和え』


普通のごま和えを、プチアレンジ。

て、マヨとおかか混ぜただけなんですけど。(笑)


いえね、ある日、茹でてストックしてあったほうれん草をごま和えにしよ~て思ったら、
あろうことか”すりごま”が足りなくて。

いつもの味にならんわ~どないしよ~て悩んだ末に、(他の料理にする選択肢はなし)
なんとなく”マヨネーズ”と”おかか”を足してみたんですね。


そしたらまぁ!

普段はごま和え嫌がる息子が、これやと食べた!

最近ごま和えが好きになった姉さんは、いつものごま和えよりこっちが好きやと!

苦し紛れに作っただけやのに~(笑)


ごま和え7


マヨネーズのコクとまろやかさ、おかかのうまみと風味が加わって、
いつものごま和えが、こどもたちにとってさらに食べやすくなったんちゃうかなぁ~と。^^

なんてことないレシピですけど、
こどもたちのお気に入りなので、一応メモ。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『ほうれん草のおかかめんつゆマヨ和え』

【材料】(2~3人分)

・ほうれん草 1把
・かつお節 2~3g(小分けパック1袋)

<A>
・マヨネーズ、めんつゆ、すり白ごま 各小さじ2
・醤油 小さじ1
・砂糖 小さじ1/2


【作り方】

ごま和え工程1

ごま和え工程2

①ほうれん草をさっと塩ゆでして水にとって冷まし、ざるにあげて水気を切る。しっかり絞って4cmくらいの長さに切り、もう一度しっかりと絞る。(作り置きのときは、ここまでにしてます)

ごま和え工程3

ごま和え工程4

ごま和え工程5

②ボウルに<A>を混ぜ合わせ、再度しっかりと水気を絞ったほうれん草・かつお節を加えて混ぜる。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


めんつゆだけよりも、
少しだけ醤油と砂糖を加えた方がおいしくなります。(と個人的に思ってます)

あと、ほうれん草をゆでるときは、
根元から入れ10秒経ったら葉の方も入れて10秒、上下を返して10秒→すぐに冷水にとって完全に冷ます(※完全に冷めるまで水(冷水)を取りかえる!)

ていう風に、いつもやってます。
こうすると、ほうれん草が色よく食感よく仕上がるので。^^


ごま和え5


「ほうれん草」は、肝に働きかけ血を補っ体を潤し体の余分な熱を取る効能があって。風邪予防や、春に起こりやすいトラブル(貧血火照り・不安感ドライアイや疲れ目など)の改善にも効果があるとされていて。

「鰹」は気・血を補い、を補って精力をつけてくれる食材で、疲労回復や、これまた春に起こりやすいトラブル(貧血不眠など)の改善にも◎。

てことで、春におすすめの一品なのですが、最近の姉さんはやっぱり目が疲れやすい&気持ちも不安定になりやすいようなので、ほうれん草をしっかり食べてもろてます。^^


ごま和え1

今の時季、安くておいしいほうれん草で、
しっかりと血を補いましょー!


***

【薬膳メモ】

<ほうれん草>
血を補い、体の潤いを補う効能がある。→貧血やドライアイ、目の疲れなどに。便秘の解消にも。
体の余分な熱を取り、また不安感などを軽減する効能もある。

<鰹>
気・血を補い、胃の機能を高めてくれる。
腎の働きを補い、精力をつけてくれる。
→貧血や不眠のときに◎。体力回復にも◎

<白ごま>
潤いを補い、皮膚に潤いを与える。便秘の解消にも◎


******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んでくださりありがとうございました!今日もいい一日を~♪
****************************************