こんにちは~。

この間、卒園式ではスーツ着るって決めたわけなんやけど、(➡★
新しいのを買うか3年前のを着るかはまだ決めれてなくて。

てか、3年前のが入るかどうかまだ検証できてなくて。(^^;)


ボーっとしてる間に、卒園式まで一カ月切ってもたし、
ついに今朝、重たい腰を上げて3年ぶりにスーツを引っ張り出してきまして、、、


着てみてハッ!!Σ( ̄ロ ̄|||)としてグー。(田原俊彦)←同世代にしかわからん

てかぜんぜんグーちゃうし。
なんとか入りはしたけど、まったくもって似合ってへん・・・


なんていうんでしょう?
時の流れを感じるといいましょうか?(要は「老い」)

あらゆるところが下がったせいか、ほんま似合ってないんよね・・・

卒園(息子)・卒業(姉さん)・入学(息子)・入学(姉さん)と4回も着なあかんし、
ここは思い切って、新しいの買うべきか・・・

しかし似合うものがあるのだろうか・・・( ̄▽ ̄;)


悶々としつつ、(笑)
今日の一品いきまーす!


クリーム煮2


↑『鶏むね肉ときのこの柚子胡椒クリーム煮』


疲労回復効果の高い「鶏むね肉」と、
免疫力を上げてくれる「きのこ」が主役の一品です。

風邪予防にいいし(←なんとか元気に乗り切ってほしくて必死。笑)

イライラ解消とか便秘解消とかお肌の不調なんかにもいいんですよ~(※詳しい効能については下記にて)


作り方は、めちゃ簡単!

下味をもみこんだ鶏むね肉の片面を軽く焼いて、
きのこと白ワインを加えて3~4分蒸し煮。

あとは、調味料を加えてふつふつ・・・としてくれば完成!
(「クリーム煮」なのにほぼ煮てないw)


クリーム煮8

クリーム煮9

クリーム煮10


鶏むね肉はしっとりやわらかつるりん~
きのこたっぷりで食べ応えばっちり&食感楽しい~♪

柚子胡椒のきいたクリームソースが絡んでおいし~♪


このクリームソース、
おいしさのポイントは「柚子胡椒」と「ナンプラー」。

どちらもほんの隠し味程度なんやけど、
ぐっとうまみが増しつつ、ピリリとさわやかさもあって、

しつこくない最後まで飽きずに食べれるおいしいクリームソースになります。^^

(※ナンプラーは、うまみをいただきつつも、魚介臭さは感じない程度になってると思います)



それでは、作り方です。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『鶏むね肉ときのこの柚子胡椒クリーム煮』

【材料】(3人分くらい)

・鶏むね肉 1枚(約350g)
・しめじ 1/2袋
・椎茸 2枚
・えのき 1/2袋
・片栗粉 大さじ1
・白ワイン 大さじ2
・米油 大さじ1

<下味>
・塩 小さじ1/4
・白ワイン 大さじ1

<柚子こしょうクリームソース>
・生クリーム 大さじ2
・牛乳 大さじ4
・ナンプラー(or薄口醤油) 小さじ1
・砂糖 ひとつまみ
・柚子胡椒 小さじ1/2~(お好みの量を入れてください)


【作り方】

クリーム煮工程2

クリーム煮工程1

①椎茸をスライスし、しめじは石づきを切り落として小房に分け、えのきは根元を切り落としてほぐす。むね肉を一口大のそぎ切りにし(なるだけ薄く)、<下味>をもみこみ、片栗粉を薄くはたきつける。<A>を混ぜ合わせておく。


クリーム煮工程3

②フライパンに米油を入れて熱し、中火に落としてむね肉を加えて片面を焼く。


クリーム煮工程4

クリーム煮工程5


③片面が焼けたら(白く色が変わるくらいでOK)ひっくり返し、きのこ・白ワインを加えてフタをして中火~弱めの中火で3~4分ほど蒸し焼きにする。(ここでむね肉にほぼほぼ火を通す)


クリーム煮工程6


クリーム煮工程8


④<A>を加えて混ぜ、軽くふつふつ・・・となってきたら味をみて、薄ければ塩で調整し、火を止める。



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


きのこはすぐに火が通るし、むね肉は火を通しすぎNG。

てことで、あっという間に完成しまーす!(^O^)/


ポイントは、
◆むね肉を薄く(厚さ1cm以内がベスト)そぎ切りにし、下味をしっかりもみこむこと

焼く直前にやってもちろんOKなんですが、(ほぼいつもそうですが)
下味をもみこむところまでを朝とか前日にやって冷蔵庫でお肉を寝かせておくと、さらにしっとり&やわらかさが増しまーす。

あと、加熱しすぎないことも、パサつかずしっとり仕上げるポイントです。^^


クリーム煮6


「鶏肉」は脾と胃を温めてその働きを高め成長・発達を助ける効能があり、疲労回復効果にも優れていて。

「椎茸」は気を補い「しめじ」は血を補い、ともに免疫力をアップしてくれ、「えのき」には「痰」(※様々な病気を引き起こす原因となるといわれているもの)を取り除く効能があり、そしてきのこ全般「便秘」の解消に◎→美肌にも◎


「牛乳」「白ワイン」が体を潤し、「白ワイン」と柚子胡椒に入ってる「柚子」が気の巡りをよくして
イライラを解消し、心と体をリラックスさせてくれたり、胃腸の調子を整えてくれたりも。
そして、「唐辛子」が体を温め胃腸の働きを高めてくれます。

てことで、疲労回復や、風邪予防に、
はたまたストレスを感じてる方(今の姉さんw)や、便秘気味の方、お肌の調子が気になる方(今のわたくし)に、おすすめです。^^


クリーム煮1

フライパンひとつで簡単にできるので、
よかったら~。^^


***

【薬膳メモ】

<鶏肉>
脾と胃を温め、その働きを高めてくれる。
成長・発育を助ける→成長期のこどもに。(生殖能力を高める働きも)
皮にはコラーゲンも。→美肌、老化防止。

<椎茸>気を補い、免疫力を高めてくれる。
生活習慣病の予防やガン予防にも効果があるといわれている。

(※天日に干した方が、栄養価がアップする)


<えのきだけ>
便通をととのえる。肌荒れにも効果あり。
体内の老廃物や、水分の代謝が滞ることで体内にできてしまった痰(様々な病気の原因物質)をとる。

<しめじ>

血を補ってくれるので、貧血や、肌荒れなどに。→美肌に○。

高血圧にもいいとされる。

便通を整え、便秘を解消する。ガン予防にも効果があるといわれている。


<牛乳>
潤いを補い、乾燥肌や、便秘の改善に効果的。→美肌に。
カルシウムが豊富で、骨や歯を丈夫にし(骨粗しょう症にも)、イライラ解消にも。
体力を回復する効果も。


<白ワイン>
体の潤いを補う。
気のめぐりをよくし、脾を補ってくれる。リラックス効果もあり。

<柚子>
気のめぐりをよくしてくれる。
咳を止めたり痰の切れをよくしてくれるので、喉の風邪にいい。
胃腸が弱って食欲がないときや、二日酔いのときにいいとされる。
(※果汁は体を冷やすが、皮は体をあたためてくれるので、皮も一緒に摂ると○。)

<唐辛子>

脾・胃を温め、機能を高めて、食欲不振や消化不良を改善する。

体を温め、汗や尿として、湿邪を取り除く。(※便秘や咳のひどいときにはNG)

発汗作用を高める。心臓の働きを高める。(※高血圧やのぼせのある人はNG)



******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んでくださりありがとうございました!あぁもうほんま、スーツどないしょー!w
****************************************