こんにちは~。

連休も大詰めですが、
みなさまいかがお過ごしでしょか?

わが家の旦那は今日・明日と現場仕事がありまして、
早朝に無理矢理起こされ眠い目をこすりながら渋々出かけていきました。
(※釣りのためなら何時だろうが自分でスッと起きれるのに、仕事となると起きれない人w)


きっと今日も、昼間はかなり暑くなるやろし、
めっちゃ疲れて帰ってくるやろから、今夜のメインはこれにしよかなぁ~と。


梅ぽん炒め1


↑『豚こまと新玉ねぎの梅ぽん炒め』


お安い「豚こま」と、旬の「新玉ねぎ」を使った炒めものです。

どちらも火の通りが早いので、ササッとできます。^^


味付けは、「ぽん酢+みりん+梅干し」で。

ぽん酢&梅干しの酸味でさっぱりしつつ、
みりんでほんのり甘み&コクとまろやかさがプラスされて、めっちゃおいしい炒めものになります。^^


梅ぽん炒め6


簡単手軽な炒めものですが、効能面はかなりすぐれていて。

「豚肉」が気・血を補って体を潤し、「玉ねぎ」がその巡りをよくし、胃腸の調子をととえ、「梅」にも胃腸を整え口や喉の渇きを癒す効能があって、疲労をしっかり回復!

また、梅干しやぽん酢の酸味は、さっぱり食べやすいだけじゃなく、「肝」が好む味イライラやストレスの解消にぴったり!

てことで、
連休で疲れがたまってる方にぴったり!

暑い中、現場で仕事して(きっとイライラMAXでw)帰ってくる旦那にもぴったりの一品です。^^


梅ぽん炒め8


新玉ねぎは甘~くて、
豚こまはやわらかくってうまみたっぷり!

さっぱりコクうまな梅ぽん酢がしっかり絡んで、めちゃおいし~♪

姉さんがえらい気に入ってくれてて、
これ作ると毎回「あ~、やっぱこれおいしいわ~♡」て言うてくれます。*^^*



それでは作り方です。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『豚こまと新玉ねぎの梅ぽん炒め』

【材料】(4人分)

 

・豚こま切れ肉 300g

・片栗粉 大さじ1

・新玉ねぎ 大1個

・米油 大さじ1/2+大さじ1


<下味>

・塩 小さじ1/4

・酒 大さじ1

 

<A>
・ぽん酢、みりん 各大さじ2と1/2
・酒 大さじ1
・梅干し(大) 1個(種を取り包丁で叩いてペースト状にしたもの)

・砂糖 ひとつまみほど



【作り方】


梅ぽん工程2


梅ぽん工程1

①新玉ねぎをスライスする。<A>を混ぜ合わせておく。豚肉に<下味>をもみこみ、さらに片栗粉をまぶしてもみこむ(ビニール袋の中でやると簡単)。


梅ぽん工程3


梅ぽん工程4

②フライパンに油(大さじ1/2)を熱し、中火に落として新玉ねぎを加え、塩少々をふって炒める。玉ねぎが好みのしんなり具合になったら、一旦取り出す。  


梅ぽん工程5


梅ぽん工程6

③フライパンをさっとふいて油(大さじ1)を足し、お肉を加えてほぐしながら中火で炒める。

梅ぽん工程7

梅ぽん工程8

梅ぽん工程9

④お肉の色が完全に変わったら玉ねぎを戻し入れてさっと炒めあわせ、【A】を加えて全体に味を絡める。



□■□■□■□■□□■□■□■□■□



ご使用になる梅干しの塩分や、はちみつが入ってるかなど、使うものによって多少味が変わってくると思うので、味をみながらお好みの加減になるよう梅干しの量を調整してくださいね。^^

ちなみに今回使った梅干しは、はちみつ入りでちょっと甘めのまろやかなタイプで、レシピの分量で作ると「ほんのり梅風味」て感じに仕上がります~。


あと、炒め油に「米油」を使うことで、
しつこくないあっさりさっぱりとした味わいに仕上がりますよ~。^^


梅ぽん炒め2

疲労回復効果もありつつ、簡単で安上がりなので、
GW明けの【節約おかず】としてもおすすめ◎。

よかったらお試しを~♪(^O^)/


スタミナ満点!お肉料理
スタミナ満点!お肉料理




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


報告がものすごく遅くなっちゃったんですが、、、

仲良くしてくれてるすぱちゃんが、
新じゃがとしらすの塩バター炒め』をつくれぽしてくれました~!(すぱちゃんの記事はコチラ➡★

すぱちゃんは、なんと4児のママさんで、育児でめちゃくちゃ忙しい中、
クックパッドさんのレシピエールとして大活躍してて!(レシピ本掲載や、テレビ出演などなど~)

そして、いつもかわいくておいしそうなおうちごはん&お弁当や、おでかけやイベント記録をいっぱいアップしてて!

ブログに遊びにいくたびに、すごいなぁ~私ももっと頑張らんとなぁ~て、めっちゃ思います。(そう思うものの、大して頑張れてないけどw)

すぱちゃん、忙しい中つくれぽしてくれてほんとにありがと~!
(報告が遅くなっちゃってごめんね。(^^;))


***

【薬膳メモ】

<豚肉>
(部位によって効能は様々だけど)気を補い、血を補い、体の潤いを補ってくれる。
→から咳や、肌の乾燥、便秘にも。
腎を補ってくれるので、疲労回復や、産後の体力回復、母乳の出をよくする効能もあるとされる(特に豚足)

<玉ねぎ>
気・血の巡りをよくし、体を温めてくれる。 →美肌に。
粘りのある痰や咳の緩和に。
胃腸の調子を整え、消化を促進し、胃の不快感の改善に

<梅>
胃腸の調子を整える。食欲を増進させ、疲労回復や、老化防止も期待できる。
口や喉の渇きを癒し、咳や喉の詰まった感じの緩和したり、汗など出すぎるものを抑える効能がある。


******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んでくださりありがとうございました!今日はこどもの日。てことで、苦手なデコご飯作りに取り組まねばです~(^^;) うまいことできるといいなぁ~(まったく自信なしw)
****************************************