こんにちは~。^^

やろうやろうと思いつつ、

日々のバタバタを理由に
ちゃんと取り組めずにここまできてしまったのですが、

息子もついに小学生になったことやし、
ええ加減ちゃんとやろう~!と、

少しずつ「断捨離」に取り組み始めました。
(ほんまに少しずつやけど)


で、昨日は息子が乳幼児の頃に使ってたものをあれこれ出してきてたんやけど
ベビーバギーを見た息子が、

息子「あ!それ、オレが赤ちゃんのとき乗ってたやつや!」て。

(いやいや、あんたはほとんど乗ってくれへんかったけどな・・・( ̄▽ ̄;))
て思いつつ、

私「うんうん、そうやな」

息子「えーーっとそれなんて名前やったっけな・・・

 えーーっとえーーーっとぉ・・・

 バブーベビー!!(☆゚∀゚)


(私と姉さん、顔見合わせて大爆笑ーーー!!(≧▽≦))


姉「似てるけどちょっと違うな~」

息子「え、違うのん?なんやったっけ?

 うーーーんと・・・わかった!

 ベビーブー!!!(☆゚∀゚)


姉「魔人ブウかっ!!(≧▽≦)」(←爆笑しつつ激しくつっこむ)
(※魔人ブウとはドラゴンボールに出てくるキャラの名前である)

息子「え~~もう~~・・・

 わからへーーーん!ヽ(#`Д´)ノムキー!!」(←ついにキレる)


姉「ベビーバギーやん!」

息子「あ、そうやったー♪(*゚∀゚)」(←スッキリした笑顔で)


笑い過ぎて腹筋痛かったです(笑)

断捨離してたら、懐かしいもんいろいろ出てきて(おもしろいこともいろいろあるしw)なかなか進まんけど、ちょっとずつ進めていこうと思います~。


さてさて、
それでは、今日の一品。


ピラフ風3


↑『レンジで*ミニトマトとコーンとアスパラのピラフ風ごはん』

これ、昨日の姉さん&私のお昼ごはん。
(これ以外にも冷蔵庫にあった残りものも食べましたけど)

ワンボウル&電子レンジで作る、簡単手軽な「ピラフ風ごはん」です。


材料さえ切ってしまえば、あとは電子レンジにおまかせ!
火も使わないし、洗い物も極少

めっちゃ楽ちんでーす。^^


ピラフ風4


具材は、ミニトマト・アスパラ・コーン・玉ねぎ・ベーコン。

味付けは、コンソメ・粉チーズ・バターなどで。


玉ねぎのみじん切りがちょっくら面倒かもやけど、
アスパラとミニトマトとベーコンはあっという間に切れるし、

切ってしまえばあとは電子レンジが調理してくれるから、
切りものだけ頑張るぞ~て感じです(大した量ちゃうけど。笑)


ピラフ風8


ご飯はパラっとツヤっとしていて、
トマトとベーコンのうまみたっぷり!

玉ねぎやコーンやアスパラの甘み、
チーズやバターのコクと風味がきいてて、めちゃおいしー♪

姉さんも「これおいしい!また作って~♪」て言うてくれました!

炊いたご飯の残りワンボウル電子レンジでこの出来って、うれしいかも~。(* ̄∇ ̄*)



それでは、作り方です。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『レンジで*ミニトマトとコーンとアスパラのピラフ風ごはん』

【材料】(2~3人分)

・あたたかいご飯 約500g
・ベーコン 1枚
・アスパラ 1本
・ミニトマト 6個
・玉ねぎ 1/6個分くらい
・コーン(ドライパック使用) 大さじ2~3(お好みで調整)
・米油 大さじ2
・塩 小さじ1/4
・ブラックペッパー(お好みで)

<A>
・顆粒コンソメ 小さじ1と1/2
・砂糖 ひとつまみほど

<B>
・粉チーズ 大さじ2
・バター 5~10g(お好みで調整)


【作り方】

ピラフ風工程1

①玉ねぎをみじん切りにし、ミニトマトは4つ切りに、アスパラは5mm幅に切り、ベーコンは1cm角に切って、耐熱ボウルに入れる。

ピラフ風工程2

ピラフ風工程3


②①に塩・米油大さじ1を加えて混ぜ、ラップせずに電子レンジ(500W)で3分加熱する。<A>を加えて混ぜる。

ピラフ風工程4

ピラフ風工程5

③②にご飯・コーン・米油大さじ1を加えて切るように全体を混ぜ、ラップせずに電子レンジ(500W)で2分加熱する。

ピラフ風工程6

ピラフ風工程7

④③に<B>を加えて混ぜ、味をみて足りなければ塩で調整する。器に盛り付け、お好みでブラックペッパーをふる。(※画像ではバターを入れ忘れてますが、ここでバター入れます)


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


ミニトマトの水分でご飯がべちゃっとなるかも~て思って、
今までやったことなかったんですが、

やってみたら、意外にもこれがまったく水っぽくならなくて。

ミニトマトのうまみと甘みがぎゅっと詰まったおいしいご飯に仕上がりました~!
(※普通の大きいトマトやともっと水分が多いので、べちゃっとなるかもしれないですが。(^^;))


おいしく作るポイントは、
◆先に野菜だけでレンジ加熱する(野菜から水分を出す&うまみと甘みを引き出す)
◆レンジ加熱するときには終始ラップをしない(水分がええ感じに飛んでくれて、べちゃっとなりにくい)

あとは、
◆「米油」を使うこと。

レンジで作る炒飯同様、パラっとツヤっとええ感じに仕上がりまーす。


ピラフ風5


梅雨どきは、気を補って脾の働きを強め、体内の余分な水分を取り除くことが大切なのですが、

「白米」には気を補い、脾の機能を高める効能があり、旬の「アスパラ」と「とうもろこし」にも、気を補って、胃腸の働きを高め体内の余分な水分や不要な老廃物を尿として排出する(むくみを解消)っていう効能があって。

まさに梅雨どきの養生にぴったり!

そして、今日はまたえらい暑くなるそうなのですが、
「トマト」と「アスパラ」には、体を潤し、体内の余分な熱を取る効能が、「玉ねぎ」と「トマト」には血の巡りをよくする効能があり、暑い日の養生にぴったりの食材で。

てことで、梅雨どき~夏にかけての養生に◎な一品です。^^


ピラフ風6

とにかく簡単でおいしいので、
週末のお昼ご飯とか、夏休みのお昼ご飯なんかにもおすすめ◎。

材料あるときにでも、よかったらお試しを~。^^



***

【薬膳メモ】

<白米>
気を補い、脾・胃の機能を補って、消化機能を高める。

<玉ねぎ>
気・血の巡りをよくし、体を温めてくれる。 →美肌に。
粘りのある痰や咳の緩和に。
胃腸の調子を整え、消化を促進し、胃の不快感の改善に。

<トマト>
体を冷やし、喉の渇きを止めてくれる働きがある。
(冬に食べるなら、体をあたためるものと組み合わせると、○。)
胃腸の働きを助け、血液サラサラ効果もあるので、美肌やアンチエイジング効果も。

<アスパラ>
気を補って、体の余分な熱を取り、体の潤いを補う。→疲労回復や、口の渇きを癒す。
体の余分な熱を取り、余分な水分や老廃物を、尿として排出する。→むくみの解消。
免疫力のアップや、美肌効果もあるとされる。

<とうもろこし>
気を補い、胃腸の調子を整えて高める。
体内の余分な水分を排出し、むくみの解消に効果的。
高血圧の予防にも。

<とうもろこしのひげ>(※ひげを日干しにしたもの=「南蛮毛」という生薬)
体内の余分な水分を排出し、むくみを解消する。
尿がでにくいときにもいいとされる。
高血圧の予防や、糖尿病の方にいいとされる。


******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んでくださりありがとうございました!さぁ~て、今日も今から姉さんのお昼ご飯作ってきまーす。^^
****************************************