こんにちは。

ちょっとお久しぶりになってしまいました~(^^;)


いよいよ夏休みも終わる~て前回の記事に書いたんですが、
息子にも「夏休みももう終わりやな~」ていうたら、

「えぇーーーーっ?!(゚ロ゚;)」てめちゃびっくり&ショック受けはって。

「もう夏休み終わりなん?!早すぎるー!。・゚・(>д<)・゚・。」て。


(いやいや十分長かったやろ・・・もうええやろ・・・)て心の中で思いつつ、(←w)

そういえば幼稚園の頃は、
新学期始まるで~っていうたら「わーい♪」てめちゃ喜んでたのに、

学校始まるのはいらんねやぁ・・・て。(^^;)

やっぱ勉強がイヤなんやろか?(w)
それともほかに何かあるのか??とかちょっと心配になりつつ、

とにかく夏休み最後を”楽しい”で終われるように、
そして、楽しかった夏休み(大したことしてへんのに楽しかったらしい。笑)とバイバイできるように、2日間を過ごしてました。

一応、息子も気持ちの切り替えができたのか、
新学期スタートの今朝は、元気に学校へ行ってくれました!(何度もこっちを振り返りつつやったけど。笑)

久しぶりの学校生活、ぼちぼちと慣れていってくれたらええな~



さてさて、
それでは今日の一品です。


スパイシー煮6


↑『牛肉とじゃがいもとフレッシュトマトのスパイシー煮込み』

(前回の記事でカレー風味のおかず特集したのに、またもやカレー風味ですみません。(^^;))


息子に「何食べたい?」て聞いたら、
だいたいが「カレー!」or「肉!」ていうので、(※息子の”肉”とは牛肉のことである)

昨日の晩御飯は、牛肉使ったほんのりカレー風味な煮込みにしてみました。

今年の夏は暑すぎて、煮込み料理なんてなかなかやる気にならへんかったけど、ここんとこちょっと涼しかったしやる気出たわ(笑)

あ、ちなみに牛さまは、冷凍してあった実家からの支援物資でーす(笑笑)


スパイシー煮9

スパイシー煮10


牛肉はやわらかくって、
じゃがいもはホクっと甘みがあって。

トマトの酸味&スパイスたちがいい仕事してて、
油っこさのないあっさりめな味わい。それでいて、うまみはたっぷりで。

息子&姉さんが、めっちゃ気に入ってくれました~♪(^O^)/

ちなみに、トマトは生のものを1個しか使ってないので、
トマトー!て主張はなく、うまみと酸味をプラスってくらいの感じです。


それでは、作り方です。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『牛肉とじゃがいもとフレッシュトマトの煮込み(カレー風味)』

【材料】(4人分)

・牛肉 300g
・塩、砂糖、こしょう 各少々
・酒 大さじ1
・片栗粉 大さじ1
・じゃがいも 2個(皮付きで約260g)
・玉ねぎ 1/2個
・トマト 1個
・にんにく 1/2片
・米油(orサラダ油) 大さじ1
・だし汁 600cc

<A>
・ガラムマサラ 小さじ1と1/2
・クミン(パウダー) 小さじ1/4

<B>
・薄口醤油 小さじ1
・塩 小さじ1/2
・砂糖 ひとつまみ


【作り方】

スパイシー煮工程3

スパイシー煮工程1

①にんにくをみじん切りに、玉ねぎは薄切りに、トマトはざく切りにする。じゃがいもを皮をむいて一口大にカットし、水にさらしてざるにあげ、水気を切っておく。

スパイシー煮工程2

②ポリ袋に牛肉・塩・砂糖・こしょう・酒を入れてよくもみ、片栗粉も加えてもみこむ。

スパイシー煮工程5

スパイシー煮工程7

③鍋に油・玉ねぎ・にんにくを入れて中火にかけて炒める。玉ねぎがしんなりしたら牛肉を加えてほぐしながら炒め、お肉の色が8割ほど変わったら、じゃがいもを加えて炒める。

スパイシー煮工程8

④じゃがいものフチが透き通ってきたら、<A>を加えてさらに炒める。

スパイシー煮工程9

スパイシー煮工程10

スパイシー煮工程11

⑤だし汁を加えてアクを取り除きながら強めの中火で5分ほど煮る。トマトを加えてフタをして、弱めの中火で10分ほど煮る。

スパイシー煮工程12

⑥<B>を加えて混ぜ、さらに5~8分ほど煮る(じゃがいもがやわらかくなるまで)。味をみて薄ければ塩で調整して完成。

(※がラムマサラはメーカーによってスパイスの配合が違い、味わいも変わってきますので、お好みで量を調整してください)


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


今回は、カレー粉ではなく、ターメリックの入ってないガラムマサラを使ってます。(黄色くなるとカレーにしか見えないので)

あと、ガラムマサラにもクミン入ってますが、なんせクミンが好きなので、クミンをさらにプラスしています。

が、これは単に私の好みなので、
クミンがなかったらガラムマサラだけでもぜんぜんオッケーでーす!


スパイシー煮4


「牛肉」は気・血を補い胃腸の働きをよくし、「じゃがいも」は気を補い、脾の機能を高め胃腸を整え、「トマト」と「玉ねぎ」は血の巡りをよく胃腸の働きを助ける効能があって。

また、クミンなどのスパイスには体を温め気の巡りをよくし、胃腸の調子をととのえる効能があって。

気・血を補うもの、巡りをよくするもの、胃腸の調子を整えるものがたっぷり!

てことで、疲労回復夏バテの解消、そして、風邪予防にもおすすめの一品です。^^


スパイシー煮8

久しぶりに作った煮込み料理がとってもおいしかったので、

ぼちぼちと煮込みものを復活させていこうかな。^^


***

【薬膳メモ】

<牛肉>
気や血を補い、胃の働きも補うので、体力の回復に。
筋力をつけて足腰を丈夫にする働きも。

<じゃがいも>
気を補い、無力感や、疲れた体に元気を与えてくれる。
脾の機能を高めて胃腸を整える。便秘の改善にも。→美肌に。
※ビタミンCが豊富で風邪予防にも。
※カリウムが豊富で、余分なナトリウムの排出を促し、血圧を下げる効果も。

<玉ねぎ>
気・血の巡りをよくし、体を温めてくれる。 →美肌に。
粘りのある痰や咳の緩和に。
胃腸の調子を整え、消化を促進し、胃の不快感の改善に。

<トマト>
体を冷やし、喉の渇きを止める働きがある。
(冬に食べるなら、体をあたためるものと組み合わせると◎。)
胃腸の働きを助け、血液サラサラ効果もあるので、美肌やアンチエイジング効果も。

<にんにく>
体を温め、下痢や、寒さからくる風邪に効果的。
咳や痰を鎮めてくれる。
胃の活動をととのえ、体力の回復にも◎
(※はちみつとの組み合わせはNG。陰虚体質の人にもNGとされる)

<クミン>
体を温め、気の巡りをよくしてくれる。
胃腸の調子をととのえ、胃痛や腹痛などに効果があるとされる。食欲不振にも。
肝機能の向上にもいいとされる。


******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んでくださりありがとうございました。*^^*さぁさぁもうすぐ息子が帰ってくるぞー!てことで、急いでお昼ご飯作ってきまーす!

****************************************