どこのご家庭もそうやったりするのかな~って思うんですが、

うちは家族みんなの好みが結構違うので、(文句も多いしw)
毎日の献立作りにものすごく悩みます。

どうにも困ったときとか何も思い浮かばないときは、
家族全員が大好きなメニュー(=めちゃ貴重)を登場させます。


例えば、「肉じゃが」。

肉じゃがは特にみんなが大好きなので、登場回数が結構多く、
その分飽きやすいかな~と思って、ちょこっとアレンジすることも。

使うお肉をそのときによってかえたり、(牛肉・豚肉・鶏肉なんでもあり)
じゃがいもを長芋に代えて作ったりもするし、

味付けも、オイスターソースで中華風に味付けしたり、
ぽん酢&みりんで味付けすることも。

どれも家族のお気に入りなんですが、これも家族のお気に入りなんです。


キムチ肉じゃが1


キムチ入りの肉じゃがです。

お肉は、キムチと相性ぴったりな「豚ばら薄切り肉」、
野菜たちは、定番の「じゃがいも・人参・玉ねぎ」で。

味付けは、普通の和風の味付けで。

いつもと違うのは、
炒め油にごま油を使うのと、キムチを入れることくらい。


キムチ肉じゃが11

キムチ肉じゃが13


ほんのちょっとの違いなんやけど、

キムチのうまみと辛みがプラスされて、
これまためちゃうまー♪


いつもより気持ち甘めの味付けにしてるので、

キムチの分量を加減すれば、
辛いのが苦手な方やお子さまでも大丈夫かと。^^



それでは、作り方です。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『キムチ入り肉じゃが』

【材料】(4人分)

・豚ばら薄切り肉 200g
・じゃがいも 3個(※皮付きで計量して約350gありました)
・人参(小さめ) 1本
・玉ねぎ 1個
・キムチ 50g(お好みで増減してね)
・ごま油 大さじ1
・水 約400cc(材料がちょっと顔を出すくらいの量に調整する)

<A>
・酒 大さじ2
・酢 大さじ1

<B>
・砂糖、みりん 各大さじ1
・薄口醤油 大さじ2


【作り方】

キムチ肉じゃが工程1

①玉ねぎは5mm幅にスライスし、じゃがいもは一口サイズに、人参は小さめの一口サイズにカットする。豚肉も長ければ食べやすい長さに切る。

キムチ肉じゃが工程2

キムチ肉じゃが工程3

キムチ肉じゃが工程4

②鍋にごま油大さじ1を熱し、中火に落として玉ねぎ・人参・じゃがいもを加えて炒める。玉ねぎがしんなりし、じゃがいものふちが透き通ってきたら、豚肉を加えて炒める。

キムチ肉じゃが工程5


キムチ肉じゃが工程6

③お肉の色が変わったら、水(※材料がちょっと顔を出す程度に調整する)を加えて強火で煮立たせ、アクを取って<A>を加えて混ぜ、落としぶたをして強めの中火で10分煮る。

キムチ肉じゃが工程7

キムチ肉じゃが工程8

キムチ肉じゃが工程9

④落としぶたを取り、<B>・キムチを加えて混ぜ、落としぶたはせずに強めの中火で人参とじゃがいもがやわらかくなるまで(10分ほど)煮る。(途中、1~2度だけ混ぜる)

+++彩りに、刻みねぎや茹でたインゲンや絹さやなどを添えても◎+++

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

野菜を切ったら、あとは炒めて煮るだけ!
簡単です。^^

ポイントは、
◆お酢&お酒を加えて煮る(お肉がやわらかくなる・コクとうまみが出つつすっきり仕上がる)
◆野菜をしっかり炒めてから煮る(煮る時間を短縮するため)

作ってすぐでも十分おいしいですが、
一度冷ましてから温めなおしていただくと、さらに味がしっかりしみておいしさも増します~

キムチ肉じゃが5

「豚肉」は、腎を補い、気・血を補って体を潤効能があり、疲労回復風邪予防老化防止などに効果的な、冬こそしっかり食べたい食材。

「玉ねぎ」には気・血の巡りをよくし、胃腸の調子を整える効能が、「じゃがいも」には気を補い、脾の機能を高め胃腸を整える効能が、「人参」にも胃腸の働きをととのえる効能があって。胃腸の調子をととのえてくれるものがいっぱい!
コトコト煮込むとさらに胃腸にやさしくなるので、胃腸の調子をやさしくととのえ、疲労を回復してくれます。

また、キムチは腸内環境の改善によく、体を温めてくれるので、寒い時季にちょこっと取り入れるようにするといいですよ◎。


キムチ肉じゃが7

おいしいし体もあたたまるので、

寒い時季はキムチをプラスするの、おすすめでーす♪


***

【薬膳メモ】

<豚肉>
(部位によって効能は様々だけど)気を補い、血を補い、体の潤いを補ってくれる。
→から咳や、肌の乾燥、便秘にも。
腎を補ってくれるので、疲労回復や、産後の体力回復、母乳の出をよくする効能もあるとされる(特に豚足)

<人参>
脾の機能を整え、胃などにある消化しきれていないものを取り除く効能がある。
→脾胃の機能がまだまだ未発達な子供の、消化不良にいいとされる。
血を補い、肝の働きを整え、貧血や、目のトラブルを改善する。
→疲れ目、かすみ目などの視力の不調(=明目)や、夜盲症、ドライアイにも。
★成長期の子供や、パソコンをよく使う方に、おすすめの食材!★

<じゃがいも>
気を補い、無力感や、疲れた体に元気を与えてくれる。
脾の機能を高めて胃腸を整える。便秘の改善にも。→美肌に。
※ビタミンCが豊富で風邪予防にも。
※カリウムが豊富で、余分なナトリウムの排出を促し、血圧を下げる効果も。

<玉ねぎ>
気・血の巡りをよくし、体を温めてくれる。
粘りのある痰や咳の緩和に。
胃腸の調子を整え、消化を促進し、胃の不快感の改善に。
疲労回復効果も◎。


******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが(しかもレシピ記事じゃないですが)、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪  

今週もしっかり食べて、体調をととのえていきましょう~!
***************************************