decoの小さな台所。

季節ごとに起こりがちな体の不調の予防・改善を目指し、どこにでもある食材で、簡単に作れる、薬膳料理レシピを発信中。(注:ジャンクなものやしょーもない話もアリ〼)


こんにちは~。

昨日は昼間に雪がちらつくほど寒かったですけど、
今朝の寒さもなかなかのもんでしたよね。(起きたそばから体カチコチ。(^^;))


でもまぁ動いてるうちに体もほぐれてくるやろ~て思ったけど、

水仕事あれこれやってたら、
さらに体カチコチ&動きが鈍くなってきたので、

あわててカイロ3枚出動させましたわ。(^^;)(^^;)
(相変わらず極寒な古いわが家w)

これで今日もなんとか乗り切るぞぉー!!



さてさて。

先日どーん!と届けていただいた、
まずは新玉ねぎで一品作っておいしくいただいたので、
今回は「砂糖えんどう」を使って一品作ってみました。^^


味噌マヨ3


↑『鶏むね肉と砂糖えんどうの味噌マヨ炒め』

砂糖えんどうに何を合わせようかなぁ~てしばし悩み・・・

あっさりした「鶏むね肉」を合わせ、
コクうまな「味噌マヨ」で味付けしてみました。

結果、脂っこさのない&うまみたっぷりな一品になりました~♪


味噌マヨ9


砂糖えんどうも鶏むね肉も火の通りが早いので、
ササッとできるってのもうれしいポイント!

忙しいときや時間がないときでも、すぐできて便利でーす!(^O^)/


DSC_0027

DSC_0029

DSC_0033


砂糖えんどうはシャキッと甘~くて、

鶏むね肉は、
しっとりやわらかくってパサつきなし。

コクうまな味噌マヨがしっかり絡んでめちゃおいしー♪

あっさりな(脂っこくない)鶏むね肉にも、
シャキっと甘い砂糖えんどうにも、味噌マヨがとってもよく合うなぁ~と。^^

お酒にもほかほかご飯のおともにもいいし、
食感もお味もやさしいので、お子さんにもおすすめです◎。



そうそう、実はわたくし、
砂糖えんどうさんとは今回が”はじめまして”で。

スナップえんどうと似てるけど、
ちょっと皮が薄くて、その分中に入ってるお豆さんのぷっくりした形がよくわかってかわいいなぁ~

なんて思いつつ、初めて調理&食べてみたわけなんですけど、、、

DSC_0036


お豆さんが結構存在感ある感じで、

スナップえんどうより皮が薄いからか、
シャキっと感はあるけど水っぽいって感じはなくて。(←これ、姉さんも言うてた)

炒めものには、スナップえんどうより砂糖えんどうの方が向いてるのではなかろうか?
て思った次第であります~



それでは、作り方です。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『鶏むね肉と砂糖えんどうの味噌マヨ炒め』

【材料】(3人分くらい)

・鶏むね肉 1枚(約250g)
・静岡県産砂糖えんどう 100g(17本ありました)
・米油(orサラダ油) 大さじ1
・片栗粉 大さじ1/2
・酒 大さじ2

<下味>
・塩 小さじ1/4
・酒 大さじ1

<A>
・マヨネーズ 大さじ1
・味噌、白すりごま 各大さじ1/2
・みりん大さじ1/2
・砂糖、醤油 各小さじ1/2


【作り方】

味噌マヨ工程2

味噌マヨ工程1

①砂糖えんどうの筋を取り、<A>を混ぜ合わせておく。鶏肉をそぎ切りにして食べやすい大きさ(小さめorスティック状がおすすめ)に切り、<下味>をもみ込み片栗粉をまぶす(ビニール袋に入れてやると簡単)。


味噌マヨ工程3

味噌マヨ工程4

②フライパンに油を熱し、中火に落として鶏むね肉を加えて炒める。お肉の片面の色が変わったらひっくり返し、フタをして弱めの中火で3分蒸し焼きにする。


味噌マヨ工程5


味噌マヨ工程6

③砂糖えんどう・酒を加えてフタをし、中火で1~2分蒸し焼きにする。(※お好みの加減でOK)


味噌マヨ工程7


味噌マヨ工程8

④混ぜ合わせた<A>を加え、全体に絡めるようにさっと炒める。

 
 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□


ポイントは、

鶏むね肉も砂糖えんどうも、蒸し焼き時間を短めにすること!


鶏むね肉は火を通しすぎると、パサつく原因になるし、
砂糖えんどうに火を通しすぎると、食感が台無しになってしまうので。

使用食材2つともサッと火が通るので、手早くできますよー♪(^O^)/


DSC_0024


「鶏肉」は気を補い、脾・胃を温めその働きを高め疲労回復に効果的な食材。

「えんどうまめ」も気を補い、上がった気を下す効能、脾・胃の機能を高める効能、体内の余分な水分を出してむくみを解消する効能があって。

「味噌」もまた脾・胃を温その働きを高めてくれる効能あって。(おなかの冷えを取ってくれます)

疲れやストレスがたまってるなぁ~とか、お腹が冷えて調子悪いなぁ~とか、むくみが気になるなぁ~なんてときに、おすすめの一品です。^^


味噌マヨ4


あっという間にできて、
家族ウケもよかったので、かなりおすすめ◎。

よかったらお試しをー♪



***

【薬膳メモ】

<鶏肉>
気を補い、脾と胃を温め、その働きを高めてくれる。
成長・発育を助ける→成長期のこどもに。(生殖能力を高める働きも)
皮にはコラーゲンも。→美肌、老化防止。

<えんどうまめ>
気を補い、上がった気を下す。
脾・胃の機能を高め、体内の余分な水分を出しむくみを解消する。
母乳不足のときにもいいとされる。

<味噌>
「脾」「胃」を温め働きを高める。(お腹の冷えをとる)
体内の老廃物を排出し、二日酔いに◎。
抗酸化作用もあるとされる。

<白ごま>
潤いを補い、皮膚に潤いを与える。便秘の解消にも◎



******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

みなさま、今週もお疲れさまでしたーー!!
****************************************




コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

↑このページのトップヘ