こんにちは~。

うちの小1の息子が、
1人でお風呂に入れるようになってから早くも一週間が過ぎ。

あれからどうなってるかっていうと・・・

ご機嫌さんに鼻歌歌いながら、毎日1人で入っておりまーす!(^O^)/


いやぁ~すごいねっ。

あれから一回も「やっぱりママと入るー!」とか言わへんもんね。

息子の急激な成長っぷりに喜びを感じつつ、
あまりに急でさみしいもんやから、

私「ちょっと一回ママと入らへん?」て誘ってみたんです。(やめなさい)

そしたら・・・


息子「一緒に入ってほしいの?」(ニヤニヤする息子)

私「え・・・(゚∇゚ ;)うん、まぁ・・・」(ちょとひるむ母)

息子「ほな、入ったるわ♡」(めっちゃドヤ顔)


なにこの上から目線ーーーー!!

もしかしたら息子も、
姉さんと同じくドSちゃうか・・・て思った瞬間でしたわw



さてさて。

ブログのタイトルにも書きましたが、
最近ハマってるピーマンの食べ方があって。

これです。

塩昆布和え1


↑『ピーマンの塩昆布和え』

ピーマンを1cm幅に切って、塩昆布・米油と混ぜるだけ。

ダッシュで1分、
のんびり作っても3分以内に完成する超簡単な一品です。


わが家ではみなピーマン=火を通して食べるもん、
ていう認識やったんですが、

(しかもシャキシャキ仕上げというよりはクタクタになるまで火を通すのが好み)

割と最近、サラダに入れる薄切りにしたピーマンやパプリカを抵抗なくっていうか、
むしろピーマンは生で食べた方がうまいのでは?て感覚に変化し、

ごく最近は、ピーマンをなかなかの厚さ(太さ)でカットして和え物にしても喜んで食べるようになりました。(すごい変化)


塩昆布和え8


今回の生ピーマンの相棒は、
うまみたっぷりの「塩昆布」。

これだけで、バシッと味がきまる!

あとは、「米油」も加えるとベター。
全体をまるっとまろやかにまとめてくれるので。^^


塩昆布和え12


ちょっと太めに切った生のピーマンは、
シャキーーっとした食感で、

噛むとみずみずしいフレッシュさがあって!(これがめちゃいい感じ♪)

塩昆布の塩気とうまみが、
米油でまろやか~に全体に行き渡ってる感じ。

シンプルやけど、めちゃおいしいです。^^


塩昆布和え工程2


ちなみに、この写真は、
混ぜてすぐの状態を取ったもの。

シャッキシャキでフレッシュ感ハンパない♡。


塩昆布和え工程3


そしてこれが、冷蔵庫で4~5時間ほど置いたもの。

かなりしんなりしてるけど、でもまだまだシャキっと感もある感じ。


塩昆布和え工程4


そしてこれが、冷蔵庫で一晩置いたもの。

しんなりして水気が出てきてて、シャキッと感はかなりなくなってるけど、
火を通したのとはまた違う味わいは楽しめる感じ。


それぞれ違った味わいがあっておいしいけど、
私が一番好きなのは、やっぱり最初のシャキシャキフレッシュ!な状態かな。^^

参考までに~。



それでは、作り方です。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『ピーマンの塩昆布和え』

【材料】(2~3人分)

・ピーマン 1袋(4~5個)
・塩昆布 5g前後(※塩昆布によって塩分量が違うので、お好みで調整してください)
・米油orサラダ油 大さじ1


【作り方】

①ピーマンの種とワタを取り、1cm幅に切る。(※わが家では横方向に切るのが定番ですが、縦に繊維に沿って切った方が苦みを感じにくくなると言われています。お好みの方でどうぞ!)

塩昆布和え工程1

塩昆布和え工程2

②ポリ袋にすべての材料を加え、シャカシャカとふって全体を馴染ませる。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


材料は、調味料含めてたったの3つ。

作り方は、切って混ぜるだけ。

超簡単です!!


塩昆布和え6


「ピーマン」は肝の働きをととのえ、気のめぐりをよくしイライラや不安感を鎮めてくれる効能、瘀血を解消する効能、また、胃の働きをととのえ、食欲増進にも◎。春にうれしい効能いっぱい!

「昆布」は体内の余分な水分を排出する効能があり、むくみの解消に◎。便秘の解消にもいいとされていて、デトックスしたい春にうれしい食材。
また、体の熱を取る効能もあり、体に熱がこもりやすい方にもおすすめです◎。
ただ、体の冷えが気になる方や、胃腸が弱い方は、摂りすぎに注意が必要。合わせる食材や、調理法にも気をつけるのがベターです。
(※甲状腺の病気(特に低下症)になっている場合は食べないようにします。また、閉経後の女性は週に3日以上食べ続けるのは避けた方がいいともいわれています

てことで、火照る感じするなぁ~とか、イライラするなぁ~とか、デトックスしたいなぁ~てときに、効果が期待できる一品です◎。


塩昆布和え3

超簡単なので、
よかったらお試しくださーい♪

(今日の器:カネ定製陶さんの2020年の新作、【釉膳】の丸小付です~♪)


***

【薬膳メモ】

<ピーマン>
血の巡りをよくしてくれるので、美肌に効果的。
「肝」に気が上ってめまいがしたり耳鳴りがするような症状を、落ち着かせてくれる。
「不安感」を鎮めてくれる。
胃腸の調子をととのえ、食欲増進にも。
抗酸化作用に優れ、アンチエイジングにも効果的とされる。

<昆布>
腎を補う黒い食材で、冬にいいが寒性で体を冷やす。(熱を取る)
→摂りすぎ注意。合わせる食材や、調理法に気をつける。
余分な水分を排出する効能がある。→むくみ解消に。
血や痰によるしこりや結石などをやわらげる。
便秘の解消にも○。
高血圧にもいいとされる。
(※甲状腺の病気(特に低下症)になっている場合は食べないようにします。また、閉経後の女性は週に3日以上食べ続けるのは避けた方がいいともいわれています

<米油>
腎を補って体を潤し、胃腸の働きを高め、体を丈夫にする。


******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

今日も読みにきてくださってありがとうございましたー!!
****************************************