こんにちは~。

昨日息子が急に「足の裏のつぶつぶが痛い~」
て言いだしまして、

足の裏にできものでもできたんかな?
それとも、靴下の中に何か入ってしもてるとか?

て思って確認してんけど、どっちでもなくて。


よくよく話聞いてたら、
なぜか正座して必死でぬり絵してたみたいで、(※普段は椅子に座ってやります)

慣れない正座で、足がしびれたってことやったようで。

まさか「足のつぶつぶ」=「足のしびれ」とは思わんかったから、びっくりしたわ(笑)
(たいてい「びりびりする」て表現するもんやと思ってた~)

こどもの表現って、おもしろいですね。^^



さてさて。

まだ6月になったばかりだというのに、
暑い日が多くなってる今日この頃ですが、

暑い日のド定番メニューといえば、
やっぱり「冷や奴」ですよね。(んなことない?)

ひんやりつるん~♪と喉越しがよくて、
食べると体の熱がすぅーっと引いてくれます。^^


わが家の冷や奴の定番の食べ方は、
”おろし生姜+刻みねぎ+お醤油”

フツーすぎるけど、
やっぱり普通のものが一番おいしかったりするんよね~。

しかも、めちゃくちゃ簡単やし(笑)


ただ、、、

簡単すぎる分、
ついついたびたび登場させてしまいがち。

結果、「えー、また冷や奴?」「飽きたし」「いらん」などなど、
家族からブーイングが起きてしまう~(^^;)

そうならないために、
時折”変化球”を投げるってのが大切になってきます。


てことで、今日の一品はコレ。(前置き長い)


冷や奴2


↑『海苔塩だれ冷や奴』

豆腐の上に、ちぎった焼き海苔・刻みねぎをのせて、
塩だれをかけるだけ。

めちゃくちゃ簡単!

塩だれを混ぜるとこからはじめても、
作業時間は1分くらい。

暑い日でも疲れてる日でも、
これなら苦にならずにできまーす♪


海苔・ねぎ・塩だれだけでも十分すぎるほどおいしいんですが、

お好みで、あるいはその日の体に合わせて、

山葵orおろしにんにくorおろし生姜を添えるのもおすすめ◎。

どれも、塩だれ&豆腐にとてもよく合います!


あと、添えるものによって、
味わいがかなり変わってくるので、

【味変】も簡単にできちゃいまーす♪



冷や奴9


今回、私は「山葵」をチョイス。

山葵には、気のめぐりをよくし、むくみをとる効能、
お腹の冷えを改善する効能、殺菌効果があって、これから梅雨どきにかけてぴったり。

すっきりさわやかな風味で、
涼やかな気分になるし、

塩だれ・海苔・豆腐とも相性ばっちり。めちゃおいしー♪


冷や奴11


おつまみにも、ぴったりです。^^




それでは、作り方です。(てほどのレシピではないんですがw)


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『海苔塩だれ冷や奴』

【材料】(2人分)

・絹ごし豆腐 1/2丁分(200g)
・海苔(焼き海苔推奨) 適量
・刻みねぎ 適量
・わさびorおろしにんにくorおろし生姜(お好みでチョイス) 適量

<塩だれ>
・ごま油 大さじ1
・白ごま 大さじ1/2
・鶏がらスープのもと 小さじ1/2
・塩 ひとつまみ


【作り方】

冷や奴工程1

①<塩だれ>をよく混ぜ合わせる。(※おろしにんにく・おろし生姜を加える場合はここで)

②豆腐(1/2丁)を半分に切り分け、表面の水気をキッチンペーパーで取る(※水切りするわけではなく、表面の水気を取り除くだけ)

③器に豆腐を盛り付け、海苔を手でちぎって乗せ、塩だれをかけて刻みねぎを散らす。(わさびを添える場合はここで)


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


「適量」のオンパレードですが、(笑)
それくらい適当でもおいしくできるってことで。^^

ポイントは、
◆豆腐の表面の水分をキッチンペーパーで取り除くこと

ちょっと手間ではありますが、
このひと手間で味が薄くならずおいしく食べることができまーす。


あと、山葵の場合は、器の端っこにちょこっと絞り出すだけでいいんですが、

おろしにんにくやおろし生姜の場合は、あらかじめ塩だれに混ぜ込んでおく方がいいです。



冷や奴8


「豆腐」は、体の余分な熱を取り、潤いを補う効能、気を補い、胃の働きを整える効能があって。暑さで熱がこもったり潤いが不足してるときや、胃腸が弱ってるときなどにぴったりの食材。
また、むくみや便秘の改善にも効果的です。

「海苔」も体の熱を取り、むくみや便秘の改善に効果的なので、さらに効果がUPします。

暑すぎる日とか、体に熱がめちゃこもってるときは、豆腐も海苔も気にせずそのままぱくぱく食べていいんですが、私のようにそもそも体やお腹に冷えがある方は、体を温める「ねぎ」や「山葵」、「生姜」や「にんにく」をちょこっとプラスするのがおすすめ◎。体の冷やしすぎを予防してくれます。
あと、「山葵」にもむくみを改善する効能がありますよ~



冷や奴5

めちゃくちゃ簡単でおいしいので、

よかったら、お試しを~。^^


***

【薬膳メモ】

<豆腐>
体内の余分な熱を取り、体の潤いを補って、口の渇きを鎮めてくれる。
消化吸収がよく、便通を整える効能があり、胃腸の弱い人にも。
過労やストレスによって弱った体を回復させてくれる。
母乳の出をよくする効能もあるとされる。

<海苔>
寒性で体を冷やすが、腎を補うアンチエイジング食材のひとつである。
水分の代謝が滞ることで体内にできてしまった痰(様々な病気の原因物質)をとる。
体内の余分な水分を排出し、むくみを改善する。おしっこが出にくいときにも。
皮膚や粘膜を保護する効能も。
(※甲状腺の病気(特に低下症)になっている場合は食べないようにします。また、閉経後の女性は週に3日以上食べ続けるのは避けた方がいいともいわれています)

<ねぎ>
体をあたためてくれるので、寒気からくる風邪のときにいい。免疫力も高めてくれる。
胃腸の働きを整えてくれる。

<白ごま>
潤いを補い、皮膚に潤いを与える。便秘の解消にも◎

<ごま油>
腸を潤し、便秘を解消してくれる。お肌にも潤いを与える。→美肌に。
胃に食べ物がたまってることによる腹痛や、熱をもった腫れ物・できものを改善。


<山葵>
気のめぐりをよくして体の冷えを取る。
胃腸の冷えを予防・改善する。
食欲増進、殺菌効果も。
体内の余分な水分を排出→むくみの解消に。


******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪  

今週も、頑張っていきましょーー!!
****************************************