こんにちは~。

今日もあっついですね~(^^;)

あんまり冷たいもんばっか食べてたらアカンなぁ~
って思いつつ、

今日のお昼ご飯はコレにしようかと思っております。


豆乳そうめん6


↑『ラー油でピリッと!きゅうりとカニカマの豆乳そうめん』

冷たいそうめん。(普通すぎるw)

つゆに豆乳を加えるのが昔から好きで、
わが家では豆乳そうめんはド定番です。


豆乳そうめん2


具材や薬味は、そのとき冷蔵庫にあるもので。

今回は、息子が好きなきゅうり・カニカマ・ねぎですが、

カニカマの代わりにハムでもいいし、錦糸卵を乗せてもいいし、
刻んだみょうがや大葉をトッピングしてもいいし。

いろいろ試して自分の中の一番の組み合わせを探すのも楽しいですな。^^


豆乳そうめん7

豆乳そうめん8


そうめんはつるん~
きゅうりはシャキっ!

カニカマの甘みとうまみ、
豆乳のコクとまろやかさが加わったつゆと、相性ピッタリ!

めちゃおいしー♪


ラー油なしでも十分おいしいんやけど、
(お子さんや辛いのが苦手な方はなしで◎)

ちょこっとラー油をプラスすると、
ピリッと味が引き締まって、さらにおいしくなりまーす♪

体の冷やしすぎ防止にもなりますよ。^^



それでは、作り方です。
(※工程写真撮り忘れました。すみません~!>_<)

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『ラー油でピリッと!きゅうりとカニカマの豆乳そうめん』

【材料】(1人分)

・そうめん 100g
・きゅうり 1/3~1/2本
・かにかま 適量
・刻みねぎ 適量
・ラー油 適量

<A>
めんつゆ(3倍濃縮) 20cc
・冷水 50cc
・豆乳 130cc
(※お好みで、各分量を調整していただいても◎)


【作り方】

①<A>を混ぜ合わせて冷蔵庫で冷やしておく。きゅうりを千切りにする。

②鍋に湯をわかし、そうめんをゆでて流水でよく洗い、氷水でしっかりしめて水気を切る。


器にそうめんを盛り、<A>を混ぜ合わせたつゆを注ぎ入れ、ほぐしたカニカマ・きゅうり・刻みねぎを乗せ、ラー油をお好みの量かける。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


さらっとしてるのが好きな方は、豆乳を減らしてその分冷水を増やすと◎。

逆に濃厚なのが好きな方は、豆乳を増やしてその分冷水を増やすといいと思います。^^


あと、私は普段はスーパーに売ってる2倍濃縮のめんつゆを使ってるのですが、

今回は、これを使ってます。

めんつゆ


福山醸造」さんのめんつゆです。(オンラインショップ➡★

日高昆布しょうゆをベースにした、だしのうまみたっぷりのめんつゆ。

いつものそうめんも、
めんつゆをちょっといいものに変えるだけでグンっとおいしくなります。^^


ちなみにわが家では、普段はスーパーで売ってる2倍濃縮タイプのめんつゆを使ってまして、
今日のレシピを2倍濃縮のめんつゆで作る場合は、めんつゆを30ccに増量しまーす。


豆乳そうめん1


「きゅうり」には体内の余分な熱と湿気を取り(むくみを取り)つつ必要な潤い補ってくれる効能があり、
「豆乳」にも体を潤し口の渇きを鎮める効能があって。

体にこもった熱を取り、暑さで奪われた体の潤いをしっかりと補給してくれます。

また、豆乳には過労やストレスによって弱った体を補強する効能もあるので、仕事や家事などで疲れがたまってるなぁ~体が弱ってるなぁ~と感じるときにもいいですよ◎。

体にとにかく熱がたまってる!てときは、体を温めるものを特に入れなくてもいいのですが、

やっぱり冷房によく当たると思うし、冷たいものばかり食べたり飲んだりしがちだと思うので、
体を温めるものをちょこっとプラスしてあげるのがおすすめ◎。

今回は、ねぎとラー油をプラスして、体の冷やし過ぎを予防しています。^^


豆乳そうめん5

うまいこと体の熱を取って、
潤いも補給しつつ、

今日も元気に乗り切りましょー!(^O^)/


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


まもなく書籍が発売になります。(8月7日発売です)

こちらの記事に、書籍について書いておりますので、
お時間があるときにでも、一度目を通してくださるとうれしいです!

お近くの書店さまに置いていただけるかは正直わからないのですが、(^^;)

amazonや楽天などのネット書店では、ご予約orご購入いただけますので、
よろしければ、そちらをご覧ください!


amazon↓

薬膳的家ごはんレシピ
deco
すばる舎
2020-08-06



楽天↓

薬膳的 家ごはんレシピ [ deco ]
薬膳的 家ごはんレシピ [ deco ]


日々のご飯作りの大変さが、少しでも軽減できたら・・・
疲労やストレス、体の不調などが少しでも軽減できたら・・・

そんな思いで書いてるこのブログのレシピをまとめた本になります。
(レシピばかりではなく、薬膳目線での食材の効能などについても書いております)


***

【薬膳メモ】

<きゅうり>
たっぷりの水分とカリウムを含む食材
体の余分な熱を取り、潤いを与え、喉の渇きを癒す→夏バテのときに〇
利尿作用が高く、余分な水分を排出する→むくみや、尿の出が悪いときなどに。

<豆乳>
体の潤いを補い、口の渇きや咳を鎮めてくれる。
便通をととのえ、美肌にも◎。母乳の出をよくするともいわれる。
過労やストレスによって弱った体を補強する。

<ねぎ>
体をあたためてくれるので、寒気からくる風邪のときにいい。免疫力も高めてくれる。
胃腸の働きを整えてくれる。


******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪  

最後まで読んでくださって、ありがとうございましたーー!!
***************************************