こんにちは~。

今日から10月ですね。

天気もいいし今日は中秋の名月ってことで、
夜にはお月見しないとですな。^^


ていう流れで、お月見スイーツいきまーす!

とかやとええ感じなんですが、
今日もごくフツーのおかずレシピです。(いけてない)


照り煮1


↑『レンジで*鶏むね肉の照り煮』

「鶏の照り煮」。

もも肉で作ったり、むね肉+きのこで作ったりと、
これまでにいくつかレシピをアップしてるのですが、

今回は、シンプルに鶏むね肉だけで&電子レンジで作るレシピです。


いままでだと、むね肉に<塩・酒>だけをもみこんで作ってまして、
これだけでもとってもしっとりやわらかく仕上がるんですが、

今回はじめて【糀パウダー】というものを加えて作ってみました!
(※糀パウダーについては、ずいっと下の方に詳しく書いてます)


照り煮6

照り煮7


鶏むね肉は、しっとりやわらか~くて、

甘辛いたれがしっかり絡んで、めちゃうまー♪

レンチンしただけでこのおいしさって、めっちゃうれしいかも♡


照り煮好きの姉さんも

「この照り煮、めちゃおいしいなぁ~♪なんぼでも食べれるわ♡

 最近、むね肉が好きやねんなぁ~。あっさりしてて食べやすいねん」て。



・・・アンタほんまに高校生か?
(私と同世代ちゃうか思ったわ。笑)

まぁとにかくえらい気に入ってくれたってことで。^^



それでは、レシピです。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『レンジで*鶏むね肉の照り煮』

【材料】(2人分)

・鶏むね肉 1枚(250g)
・片栗粉 大さじ1

<下味>
糀パウダー 小さじ2

・塩 小さじ1/4
・酒 大さじ1

<A>
・醤油、みりん 各大さじ1と1/2
・砂糖 小さじ2


【作り方】

照り煮工程8

照り煮工程1

①むね肉を一口サイズに薄くそぎ切りにし、ポリ袋に入れる(※今回は皮は取り除いています)。<下味>を加えてよくもみこみ、15~30分ほど室温に置く。(※冷蔵庫で一晩置いても◎)

照り煮工程2

照り煮工程4

照り煮工程3

②片栗粉をまぶし、耐熱皿に重ならないように並べる。ふんわりとラップをかけ、電子レンジ(500W)で3分加熱する。この間に<A>を混ぜ合わせておく。

照り煮工程5

照り煮工程6

照り煮工程7

③鶏肉をひっくり返して<A>をかけ、すき間をあけてラップをかけて電子レンジ(500W)で2分加熱する。全体を混ぜ、たれを絡める。

(※電子レンジの加熱時間は目安です。ご使用になる電子レンジの種類や、むね肉の厚さなどによって加熱時間は多少前後すると思いますので、様子をみながら調整してください)

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

今回は、お肉に下味をもみこんだあと、
冷蔵庫に入れずそのまま30分置いてからレンジ加熱しました。

お肉を冷蔵庫で保存しておいた場合は、
レンチンする前に、冷蔵庫から出して常温にもどしておくのがポイント。

冷蔵庫から出してすぐだと、
加熱時間が変わってきたり、加熱むらがでやすくなります。


冒頭で、今回下味に【糀パウダー】を加えて作ってみたと書いたんですが、
使った糀パウダーはコチラ。

糀パウダー

いつもお世話になっている福山醸造さまからモニターとしていただいた「糀パウダー」です。

つぶつぶの米糀は、塩糀や醤油糀、味噌などを作るのに使ったことはあるけれど、
パウダー状の糀って、まったくはじめてで。

これで塩糀や醤油糀を仕込むと、
なんとたったの一晩で出来上がる粒々のないなめらかな仕上がりになり、

甘酒も、保温ポットにお湯と糀パウダーを入れるだけで、
4時間後にはできあがりなんだそう!!

すごいですよねー♪

塩糀や醤油糀、甘酒作りに使うだけじゃなく、
糀パウダーそのまんまを、日々のお料理に取り入れて、

糀パワーを毎日手軽に取り入れるってのもアリ。(いまのところ私はこっち派)

たとえば、ヨーグルトにひとさじ加えて混ぜるだけで、
あるいは、今日みたいにお肉やお魚の下味に加えるだけで、

糀パワーを簡単手軽に取り入れることができつつ、
お肉やお魚をよりしっとりやわらかく仕上げることができちゃいます。^^


照り煮4


「鶏肉」は気を補い、脾・胃を温めその働きを高め疲労回復にいい食材。胃腸が疲れて気味のときにも◎。
「米麹」は
体を温め気のめぐりをよくし、脾の機能を高める食材で、疲労回復消化不良の改善美肌にも◎。

鶏肉と米麹を組み合わせることで、より効果アップが期待できちゃいます。^^



照り煮3

とにかく簡単でおいしいので、

よかったらお試しくださーい♪(^O^)/


***

【薬膳メモ】

<鶏肉>
気を補い、脾と胃を温め、その働きを高めてくれる。
成長・発育を助ける→成長期のこどもに。(生殖能力を高める働きも)
皮にはコラーゲンも。→美肌、老化防止。

<米麹>
体を温め、気のめぐりをよくし、脾の機能を高める。
→疲労回復、消化不良の改善、美肌にも◎

******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んでくださってありがとうございました。*^^*
****************************************