こんにちは~。

今朝はかなり冷えましたね。

体の内側からあたためないと~!
(免疫力下がってまう~!)

ことで、今朝はこんなん作って食べましたよ。^^


白いスープ6


↑『レンジで*えのきと豆腐の豆乳スープ』

マグカップに豆乳・水を入れてレンチン
→調味料と具材を加えて、再度レンチンすれば完成!

火の通りが早いものばかりなので、
レンチン時間はトータルで3分ほど。

準備時間を含めても、
トータルで5分以内にできちゃいまーす♪


白いスープ5


具材は、えのき・とうふ・カニカマ。(+刻みねぎ)

えのきは半分に切ってほぐすだけ、カニカマもほぐすだけ、豆腐はスプーンですくい入れるだけ。

えのきもねぎもキッチン鋏で切れるから、
包丁・まな板不要!

マグカップ1つ&電子レンジでできるし、
超簡単お手軽でーす。^^


白いスープ11

白いスープ13


えのきはシャキシャキっ、豆腐はつるん~♪

カニカマと豆乳ベースのやさしい味わいのスープがよく合っていて、
刻みねぎ&ラー油のピリリがいいアクセント!

めちゃうま~♪

辛いのが苦手でなければ、ぜひラー油をちょい足ししてくださーい。^^



ところで。

私が豆乳スープを作るときって、
たいてい「春雨」を使うんですが、

今回は春雨の代わりに「えのき」を使ってまして。

なんでえのきかっていうと、、、

きのこ3


こーんなに真っ白な、美しいえのきを届けていただいたからーー!!(≧▽≦)

これ、福岡県南部の大木町でのみ生産されているえのきで、

パッケージに「白の極み」と書かれてるように、
普通のえのきより、めっちゃ白いんです。

この料理画像ではわかりにくいかもしれないので、
普通のえのきと並べた画像を撮ってみました。


えのき


左が普段使ってる普通のえのきちゃん、
そして右が、博多の色白えのきちゃん。

こうして並べてみると、その白さがわかるよね~

この博多えのきは、色白さんなだけじゃなく、
食感もすごくいいから、そうめんとか春雨の代わりにもなれちゃう。

てことで、豆乳スープに入れてみたってわけです。^^


そして、豆乳&えのきの【色白コンビ】に、
同じく色白な「豆腐」を加えて、

白いものたっぷり秋の養生にぴったりなスープに仕上げちゃいました~♪

体をしっかり潤してくれるし、
ヘルシーかつ食べ応えもちゃんとあるし、

特に女性にうれしいスープかと。^^



それでは、作り方です。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『レンジで*えのきと豆腐の豆乳スープ』

【材料】(マグカップ1つ分)

・博多えのき 1/2袋(約50g)
・絹こし豆腐 約30g
・カニカマ 約20g
・刻みねぎ 適量
・水 50cc
・無調整豆乳 100cc
・ラー油(お好みで) 適量

<A>
・白すりごま 小さじ1
・鶏がらスープのもと(顆粒) 小さじ1/2
・塩 少々 
・薄口醤油 少々


【作り方】(※500Wの電子レンジを使用した場合)

白いスープ工程1

①マグカップに水・豆乳を入れて混ぜ、ラップをせずに電子レンジ(500W)で1分30秒ほど加熱する。

白いスープ工程2

②十分温まったら<A>を加えてよく混ぜ、豆腐をスプーンですくい入れ、半分の長さに切ったえのき・ほぐしたカニカマも加える。

白いスープ工程3

白いスープ工程4

③すき間をあけてラップをし、電子レンジで1分30秒ほど加熱する(軽くふつふつとするくらいまででOK。ぐつぐつ煮立たせない)。刻みねぎを散らし、お好みでラー油をかけて完成。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


ポイントは、スープの加熱しすぎに注意すること。

ぐつぐつ煮立つほど加熱してしまうと、
分離してしまったり、マグカップからあふれ出てしまったりするので~。


今回のレシピは、おひとりさま分をササっと手軽に作れるように、
マグカップ&電子レンジで作ってますが、

数人分を一気にまとめて作りたい場合は、
分量を増やしてお鍋で作る方が簡単だと思います。

お好みの方法でどうぞ~。^^


白いスープ7


今回の具材、「豆腐」「豆乳」「白ごま」は、どれも白い食材に分類されるんですが、白い食材は、肺に作用し、秋の養生に取り入れるといいとされています。

具体的にそれぞれの効能について書くと、

「豆腐」と「豆乳」には、体を潤し、口の渇きをしずめる効能があり、乾燥の秋にぴったり。便通も整えてくれるし、過労やストレスによって弱った体を補強する効能もあって、疲れがたまってるときにもぴったりです。

「えのき」にも「白ごま」にも体を潤す効能があり、これも乾燥の秋にぴったり。秋は空気の乾燥とともに、皮膚が乾燥したり、便秘になりやすかったりするんですが、体を潤す白ごまを食事に取り入れると、皮膚が潤い便秘も解消されやすくなります。

また、秋には、体を潤すものだけじゃなく、体を温める「辛味(しんみ)」のものをちょこっと取り入れるのも大切なので、「ねぎ」「ラー油」をちょい足し。体を温めてくれます。

てことで、秋の養生にぴったりの「白いスープ」です。^^


白いスープ8

めちゃくちゃ簡単にできるので、

忙しい朝、肌寒い朝、
はたまた小腹が空いたときなんかにもおすすめ◎。

よかったら、お試しくださーい!(^O^)/


福岡クッキングアンバサダー
福岡クッキングアンバサダー



***

【薬膳メモ】

<豆乳>
体の潤いを補い、口の渇きや咳を鎮めてくれる。
便通をととのえ、美肌にも。母乳の出をよくするともいわれる。
過労やストレスによって弱った体を補強する。
(※豆乳は平性だけど、豆腐は体の熱を冷ます涼性、納豆は体を温める温性、と性質が違う) 

<豆腐>
体内の余分な熱を取り、体の潤いを補って、口の渇きを鎮めてくれる。
消化吸収がよく、便通を整える効能があり、胃腸の弱い人にも。
過労やストレスによって弱った体を回復させてくれる。
母乳の出をよくする効能もあるとされる

<えのきだけ>
便通をととのえる。肌荒れにも効果あり。
体内の老廃物や、水分の代謝が滞ることで体内にできてしまった痰(様々な病気の原因物質)をとる

<白ごま>
潤いを補い、皮膚に潤いを与える。便秘の解消にも◎

<ねぎ>
体をあたためてくれるので、寒気からくる風邪のときにいい。免疫力も高めてくれる。
胃腸の働きを整えてくれる。


******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

今日も読みにきてくださってありがとうございました。*^^* 寒暖差が激しいですし、体調を崩さないよう気を付けてくださーい!
****************************************