decoの小さな台所。

季節ごとに起こりがちな体の不調の予防・改善を目指し、どこにでもある食材で、簡単に作れる、薬膳料理レシピを発信中。(注:ジャンクなものやしょーもない話もアリ〼)


月曜日な気がしてならない水曜日。

今日は朝から冷えますね。

今夜はあたたかいものが食べたいなぁ~

てことで、
晩ごはんにはこれを作ろうかと。

ぽん酢煮2


↑『豚肉と白菜のぽん酢煮』

豚肉と白菜の煮物です。

うちの家族は豚ばら肉よりも豚こまが好きで、
豚こまを使うことがめちゃくちゃ多いんですが、(経済的で助かる~笑)

あっさりした白菜には、濃厚な豚ばら肉が合うなぁ~と思うので、
今回は、豚ばら肉を使ってます。

豚ばらだと下味をもみこむなどの下ごしらえがいらないので、
調理が簡単~てのがうれしいポイントです♪


味付けは「ぽん酢&みりん」ベース。

ぽん酢であっさり&みりんのやさしい甘さで、
コクはあるけどしつこさはなくて。

【あっさりコクうま】っていう感じの味わいです。
(※ぽん酢の酸味はほとんど感じないと思います)


ぽん酢煮8

ぽん酢煮10


私は、豚ばら肉の脂がちょっとしんどいお年頃(アラフィフ)なのですが、
ぜんっぜんしんどくない。

てかむしろ、煮汁もぜーーんぶ飲み干してしまうほど、おいしくいただけます。^^



それでは、レシピです。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『豚肉と白菜のぽん酢煮』

【材料】(4人分)

・豚ばら薄切り肉 約180g
・白菜 1/4個
・人参 4~5cm分くらい
・だし汁 600cc
・柚子胡椒(お好みで) 適量

<A>
・みりん 大さじ3
・ぽん酢 大さじ2
・砂糖 小さじ1
・醤油 大さじ1/2
・酒 大さじ1


【作り方】

①鍋にだし汁を火にかける。人参は皮をむき、短冊に切る。白菜を1cm幅に切る。豚肉を食べやすい長さに切る。

ぽん酢煮工程1

ぽん酢煮工程2

②だし汁が煮立ったら、白菜・人参を加えてふたをして、中火で10分煮る。

ぽん酢煮工程4

ぽん酢煮工程5

③<A>を加えて混ぜ、豚肉を広げて加え、再びふたをして中火で10分ほど煮る(白菜がやわらかくなるまで)。器に盛り付け、お好みで柚子胡椒を添える。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

お好みで~ですが、
柚子胡椒を添えて食べるのもおすすめ◎。

この間のあっさり煮物でも柚子胡椒を添えたんですが、
これにも柚子胡椒めっちゃ合います♡(←柚子胡椒好きすぎる人)

ぽん酢煮7

冬は腎が弱りやすく、体が乾燥しやすい時季。しっかりケアしてあげないと、老化がどんどん進んだり、風邪もひきやすくなってしまいます。
今日のメイン食材「豚肉」は、腎を補い、気・血を補って体を潤効能があり、疲労回復、風邪予防、老化防止などに効果的。冬の体にうれしい効能が詰まっています。^^

「人参」と「白菜」は胃腸の働きをととのえる効能がある食材。コトコト煮込むことでさらに胃腸にやさしくなるので、胃腸が疲れ気味のときなどに特におすすめです◎

てことで、疲労回復、風邪予防、胃腸が弱ってるときなどにおすすめの一品です。

あと、「今日は冷えるなぁ~」とか「ストレスたまってるなぁ~」なんてときは、柚子胡椒を添えるのがおすすめ◎。柚子胡椒に入ってる「柚子」のいい香りが気のめぐりをよくし、「唐辛子」が体を温めてくれますよ。(※皮膚の乾燥や空咳のあるとき(皮膚や肺の乾燥がひどいとき)には、唐辛子など辛味のものは控えるようにしてください)


ぽん酢煮1

材料切って煮るだけ。(ほぼ放置)

とっても簡単で、体もぽかぽかあたたまるので、
よかったら今夜にでもお試しくださーい。^^

(今日の器:カネ定製陶さんの2020年の新作、スクエア型 い草刷毛 Mボール。やさしい色合い&質感がお気に入りで、煮物を盛り付けるのによく使ってます)


***

【薬膳メモ】

<豚肉>
(部位によって効能は様々だけど)気を補い、血を補い、体の潤いを補ってくれる。
→から咳や、肌の乾燥、便秘にも。
腎を補ってくれるので、疲労回復や、産後の体力回復、母乳の出をよくする効能もあるとされる(特に豚足)

<白菜>
胃腸の調子をととのえ、便通をよくする。
体内の余分な水分を排出し、むくみを解消する。
体の熱を取る効能があり、熱をもった風邪のときに◎(※冷え性の方は生食注意)。
風邪予防にも効果あり。他に、お酒の毒を解消する作用もあり。

<人参>
脾の機能を整え、胃などにある消化しきれていないものを取り除く効能がある。
→脾胃の機能がまだまだ未発達な子供の、消化不良にいいとされる。
血を補い、肝の働きを整え、貧血や、目のトラブルを改善する。
→疲れ目、かすみ目などの視力の不調(=明目)や、夜盲症、ドライアイにも。
★成長期の子供や、パソコンをよく使う方に、おすすめの食材!★

<柚子>
気のめぐりをよくしてくれる。
咳を止めたり痰の切れをよくしてくれるので、喉の風邪にいい。
胃腸が弱って食欲がないときや、二日酔いのときにいいとされる。
(※果汁は体を冷やすが、皮は体をあたためてくれるので、皮も一緒に摂ると○。)

<唐辛子>
脾・胃を温め、機能を高めて、食欲不振や消化不良を改善する。
体を温め、汗や尿として、湿邪を取り除く。(※便秘や咳のひどいときにはNG)
発汗作用を高める。心臓の働きを高める。(※高血圧やのぼせのある人はNG


******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

最後まで読んでくださってありがとうございました~!!
****************************************




 

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

↑このページのトップヘ