こんにちは~。

えーっとですね、、、(どなたも気付いてはらへんかったかもなんですが)

昨日の記事を書いてるとき、すっかり金曜日な気分で、
記事の最後に「今週もお疲れさまでしたー!」て書いたんやけど、

数時間後にふと「まだ木曜日やん!」てことに気付きまして、
慌てて文章を修正したことを、ここにご報告申し上げます。

アホ全開ですみませんでしたw


さてさて。

いつもお世話になっているレシピブログさんを通じて、「茨城フードセレクション審査会×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加させていただけることになり、

先日、こんな素敵なものをモニタープレゼントしていただいだんです。


茨城の野菜


茨城県産の無農薬で育てた野菜たち!!
どーーーんと7品!!
(さつまいも・青梗菜・ミニ白菜・葉付き人参・サラダカブ・紅芯大根・カリフラワー・ゆず(←ゆずはおまけだそうです♡))

もうもう野菜大好きなので、めちゃくちゃうれしいーー!(≧▽≦)

どの野菜から使おうかな?何を作ろうかな~?
とワクワク考え、まず最初に作ったのが今日のコレ。


かき揚げ4


↑『人参としらすのかき揚げ』

人参が主役のかき揚げです。^^


うちのこどもたちは結構偏食なんですが、(特に息子)

なぜか2人とも人参は大好きなので、
どんな風に料理してもおいしいおいしい~て喜んで食べてくれるんです。


が。

なぜか旦那が人参苦手で(笑)
何作ってもOKってわけにはいかなくて。

人参をどーんと使うときは、なるだけ人参が苦手な方でも食べれる(つまりは旦那もおいしく食べれる)ものってことを意識してて。


人参のかき揚げは、旦那もおいしく食べれる人参料理のひとつ。

野菜って、揚げるとめちゃくちゃ甘みが際立って、
さらにおいしくなりますやん?(ゴーヤは苦みがやわらぎますし、長ねぎはめちゃくちゃ甘くなりますし)

人参も、甘みが際立ってめちゃおいしくなるし、
なにより!人参の葉っぱも一緒においしく食べられる~!


・・・そうなんです!!

今回送ってくださった人参は、ラッキーなことに「葉っぱ付き」だったんです~!!

しかもしかも、無農薬!!

なので、皮をむかずに、
葉っぱも全部入れて(太い茎だけ除きましたけど)、

「人参まるごと」使ってかき揚げにしました。^^


かき揚げ6


人参だけでも十分すぎるほどおいしいんやけど、
今回は、しらすも加えて作りました。

しらすの塩気とうまみで、さらにおいしくなるので~。


あと、ネットで調べて知ったんですけど、
茨城県の水産物を代表するもののひとつが「しらす」だそうで、

茨城県産の人参にぴったりかな~と。^^


かき揚げ11


パクっとかじると、衣サクサクっ♪

人参の甘みが際立っていて、葉っぱもすんごくおいしくて、
しらすの塩気とうまみがいい仕事してくれてて。

家族みんなの「うまーーーーい!!(≧▽≦)」いただきました♪



それでは、作り方です。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『人参としらすのかき揚げ』

【材料】4人分(9~10個分くらい)

・人参(小さめ) 2本(約180~200g)
・人参の葉(あれば) 2本分(※太い茎はのぞく)
・しらす 30g
・薄力粉 大さじ1
・米油(orサラダ油) 適量(フライパンや鍋に1~1.5cmの高さ分)

<A>
・薄力粉 片栗粉と合わせて1/2カップになる量
・片栗粉 大さじ2
・卵 1個
・冷水 卵と合わせて1/2カップ分
・塩 少々


【作り方】

かき揚げ工程1

かき揚げ工程2

①人参をきれいに洗い、皮ごと千切りにする。葉は太い茎を取り除いて食べやすくちぎる。ポリ袋に、千切りにした人参・ちぎった葉・しらすを入れ、薄力粉大さじ1をまぶしてシャカシャカふって粉をまぶす。

かき揚げ工程1

②計量カップに卵を割り入れて溶きほぐし、冷水を加えて1/2カップにする。ボウルに移して塩を加えて混ぜ、薄力粉と片栗粉を合わせたもの1/2カップ分(だいたい50gくらい)を加えて菜箸でぐるぐると数回混ぜる。粉っぽいくらいで混ぜるのをやめる。(※この工程の写真が消えちゃったので、過去記事から同じ工程写真を引っ張ってきました)

かき揚げ工程4

かき揚げ工程5


③②のボウルに①を移し入れてさっくり混ぜ、1個分ずつお玉に取って、180度に温めた油の中にスライドさせて入れる。(※揚げ油は高さ1~1.5cm分くらいで十分です)

かき揚げ工程6

かき揚げ工程7

かき揚げ工程8


④1~2分そのまま触らずに揚げ、ある程度かたまったらひっくり返す。油の通り道を箸でさしてさらに揚げる。サクッと揚がったら、油をしっかり切って器に盛り付ける。(お好みで塩を添える)

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

大きいとひっくり返しにくい&サクッと揚がりにくいので、
小さめ&薄めを意識して、成形するのが◎。

あと、
◆ある程度かたまってきたら、菜箸でさして油の通り道を作って揚げる
◆仕上げに温度を少し揚げる
てのも、サクっとおいしく揚げるポイントです。^^

それから、私は小さめ(20cm)のフライパンを使うので、1度に3~4個しか揚げられないんですが、(つまりトータルで3回ほど揚げねばならない)

その分揚げ油が節約できるメリットがあります(笑)

かき揚げ9

「鶏卵」は血を補い体を潤す効能があり、疲労回復貧血の改善口の渇きなどにいい食材。
「人参」は血を補い、貧血や目のトラブル(目の疲れやドライアイなど)を改善する効能、胃腸の働きをアップする効能がある食材。
「しらす」は
気を補い、血のめぐりをよくする効能があり、目の不調の改善や、不眠の改善にいい食材。また、脳を活性化し、骨を強くする効能もあります。(わたくし世代にうれしい食材♡)

てことで、疲労回復や、貧血や不眠、目の不調の改善などに効果が期待できる一品です。^^


かき揚げ13

もしも葉付きの人参が手に入ったら、
人参の栄養をまるごととれてめっちゃおいしい「かき揚げ」にするのがおすすめでーす!
(葉付きじゃなくても、人参のかき揚げめちゃおすすめです。^^)

茨城新名物料理レシピ
茨城新名物料理レシピ

【レシピブログの「茨城新名物料理コンテスト」参加中】

***

【薬膳メモ】

<人参>
脾の機能を整え、胃などにある消化しきれていないものを取り除く効能がある。
→脾胃の機能がまだまだ未発達な子供の、消化不良にいいとされる。
血を補い、肝の働きを整え、貧血や、目のトラブルを改善する。
→疲れ目、かすみ目などの視力の不調(=明目)や、夜盲症、ドライアイにも。
★成長期の子供や、パソコンをよく使う方に、おすすめの食材!★

<いわし(しらす)>
体を温め、気を補い、血のめぐりをよくしてくれる。美肌にも。
脳を活性化し、骨を強くする。アンチエイジングに◎。
目の疲れやかすみ目など、目の不調の解消に。
なんだか不安で眠れない~っていうのが続くときに。

<鶏卵>
体に潤いを与えてくれる。→体力回復・口の渇き・喉の痛みや咳などに。血を補ってくれる。→体力回復や、貧血などに。脾・胃の機能を整え、強くしてくれる。

<米油>
腎を補って体を潤し、胃腸の働きを高め、体を丈夫にする。


******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

みなさま楽しい週末を~♪
****************************************