こんにちは。^^

昨日もかなり冷え込んだので、
晩ご飯にこんなん作りました~。


トマト煮2


↑『鶏肉とじゃがいものトマト味噌煮(酒粕入り)』

気を補うもの(鶏肉・じゃがいも)、
お腹をあたためるもの(鶏肉・味噌・酒粕)を使った煮物です。

気が足りないと、疲れが取れないし、
体が冷えたり、胃腸の調子も悪くなってしまいがち。

そして、お腹の冷えも、いろいろな不調のもとになりやすいからね。

しっかりとケアしておかねば~!!


トマト煮7


わが家で味噌煮っていうと「味噌・生姜」(←どちらもお腹をあたためてくれる)
を組み合わせることが多いんやけど、

この間粕汁作ったときの酒粕がまだ残ってたので、
今回は、同じくお腹をあたためてくれる「味噌・酒粕」のコンビで。


味噌と酒粕を一緒に使うと、

酒粕があまり得意ではない旦那&息子も、
ちゃんと食べてくれるってがうれしいポイントです。^^
(ちなみに姉さんは、酒粕だけでも食べれちゃうくらいの「酒粕LOVER」です)


トマト煮10

トマト煮12


鶏肉はやわらか~で、
じゃがいもはホックホク♡

ひらたけやトマトのうまみたっぷりの味噌味が、
しっかりなじんで、めちゃうまー♪


今回は、あらかじめ鶏肉を酒粕に漬けておいたので、
いつもの煮込みより、さらにやわらか~く風味よく仕上がりましたよ。^^



それでは、レシピです。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『鶏肉とじゃがいものトマト味噌煮(酒粕入り)』

【材料】(4人分)

・鶏もも肉 1枚(約300g)
・じゃがいも 2個(約300g)
・玉ねぎ 1/2個
・ひらたけ 1パック
・カットトマト缶 150cc
・米油(orサラダ油) 大さじ1
・日本酒 50cc
・水 150cc

<A>
・塩 小さじ1/4
・酒粕(板粕) 20g
・ぬるま湯、酒 各大さじ1

<B>
・味噌、醤油、みりん 各大さじ1/2


【作り方】

トマト煮工程2

トマト煮工程3

①酒粕・ぬるま湯を保存袋に入れてよくもみほぐす。<A>の他の材料を加えてもみ、なめらかにする。鶏もも肉を一口大にカットして漬け、30分以上置く(一晩冷蔵庫で漬けても◎)。(※この間に②の野菜をカット)

トマト煮工程4

トマト煮工程5

 玉ねぎはスライス、ひらたけは食べやすく裂き(長ければ半分の長さに切って)、じゃがいもは皮をむいてひと口サイズに切って水にさっとさらしてざるにあげる。

トマト煮工程6

トマト煮工程8

③鍋に油を入れて中火にかけ、玉ねぎを加えて炒める。しんなりしたら酒粕に漬けておいた鶏肉を加えて炒め(酒粕はぬぐわなくてOK)、お肉の色が変わったら、じゃがいもを加えて炒める。

トマト煮工程7

④じゃがいものふちが透き通ったら、酒・水を加え、アルコールが飛んだらフタをして弱火~弱めの中火で10分煮込む。煮込む間に<B>を混ぜ合わせておく。

トマト煮工程9

トマト煮工程10

⑤トマト缶と<B>を加えてざっと混ぜ、ふつふつしてきたらひらたけを加えてフタをして、さらに5~8分ほど煮込む(じゃがいもがやわらかくなればOK)。味をみて足りなければ塩で調整する。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□



酒粕は20gしか使ってないので、
ほんとにほんの~り風味がする程度。

だけど、酒粕大好きな姉さんは、
しっかりとその風味を感じとって、喜んでくれてたし、

逆に、酒粕が得意ではない息子と旦那は、
酒粕にはぜんぜん気付かず「うまーい♪」いうて喜んで食べてました。v( ̄∇ ̄)v


あと、今回はひらたけを使ってますが、
お好みのきのこで代用していただいても大丈夫です。^^


トマト煮4


「鶏肉」は気を補い、脾・胃を温めその働きを高め、「じゃがいも」も気を補い、脾の機能を高め胃腸を整える効能がある食材で、どちらも疲労を回復し、胃腸の調子を整えてくれます。

また、「味噌」と「酒粕」にはお腹を温めて胃腸の働きをよくする効能があるし、「ひらたけ」と「トマト」も胃腸の働きを助ける効能がある食材。

てことで、お腹を温めてその働きをよくし、
体の疲れを取って元気パワーを補ってくれる一品です。^^


トマト煮8

胃腸にやさしい「コトコト煮物」で、


ほっこりあたたまりつつ、
疲れもしっかり取っちゃいましょう~。^^



***

【薬膳メモ】

<鶏肉>
気を補い、脾と胃を温め、その働きを高めてくれる
成長・発育を助ける→成長期のこどもに(生殖能力を高める働きも)
皮にはコラーゲンも→美肌、老化防止

<じゃがいも>
気を補い、無力感や、疲れた体に元気を与えてくれる
脾の機能を高めて胃腸を整える。便秘の改善にも→美肌に
※ビタミンCが豊富で風邪予防にも
※カリウムが豊富で、余分なナトリウムの排出を促し、血圧を下げる効果も

<ひらたけ>
五臓を補い、体を丈夫にととのえる
脾・胃の働きを強める
体の湿を取り、めまい・ふらつき・けいれん・手足のふるえなどを鎮める

<トマト>
体の余分な熱を取り、喉の渇きを止める働きがある
胃腸の働きを助け、血液サラサラ効果もあり、美肌やアンチエイジング効果も

<味噌>
「脾」「胃」を温め働きを高める(お腹の冷えをとる)
体内の老廃物を排出し、二日酔いに◎
抗酸化作用もあるとされる

<酒粕>
温性で体を温める
お腹をあたため、消化を促進する(消化不良の改善に◎)
瘀血を改善する

 
******

「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いしまーす。^^

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪  

今日も読みにきてくださってありがとうございましたーー!!
***************************************