decoの小さな台所。

季節ごとに起こりがちな体の不調の予防・改善を目指し、どこにでもある食材で、簡単に作れる、薬膳料理レシピを発信中。(注:ジャンクなものやしょーもない話もアリ〼)






会いたくて会いたくて。
でもなかなか会えなくて。



(おぉ・・・恋ですか?(*v.v)。




探しても探しても見つからなくて・・・


でもそろそろ旬やしな・・・ (え、旬?)
もしやあのスーパーになら・・・ (スーパー?)




てことで、
だいぶ遠くのお店まで足をのばしてみましたの。

そしたら、やっと会えました。





大好きなクレソンちゃんに♡ (クレソンかーい)




がしかし。
そこにあったのは、たったの1束。(・Θ・;)

張り切ってバサーっと4束くらい買っちゃうぞ♡て思ってたのに、
まさかまさかの1束だけ。

やっとの思いで会えたのに、なんたることよ~~(TωT)
(喜びと悲しみ~)



まぁそんなわけで、
大盛りで作ろうと思ってたクレソンのサラダは、
こんなに貧相な仕上がりになっちゃいました。




クレソンサラダ3




↑ 『クレソンとミニトマトとクリームチーズのサラダ』



マジ貧相。(w)



ちなみに去年、
『クレソンと新じゃがのちょっと大人な春サラダ』ていうのをアップしたんですけどね、

そうそうコレコレ↓



クレソンのサラダ1



めちゃ豪華ーー!!(差よw)

クレソン2束(約40g)、しかも新じゃがを合わせてるのでボリュームたっぷり。




クレソンサラダ6


それにひきかえ今回のサラダは、
クレソン→1束(1/2量)、おまけに新じゃが→ミニトマトにしたもんやから
めちゃめちゃしょぼくなってしもたわ。(w)




んが。
お味はぜんぜんしょぼくなーーーい!!

ほろ苦いクレソンに、甘酸っぱいミニトマト、
うまみたっぷりのベーコン、まったり濃厚なクリチ、香ばしいくるみ、

そこにさわやかなドレッシングが絡んで、めーっちゃおいしい♡



思わずワインが飲みたくなる、ちょっと大人な春の味です。*^^*




クレソンサラダ8



そろそろ旬を迎えるクレソンちゃん。
独特のほろ苦さがたまらなくおいしい~。

それになんかこう、オシャレな雰囲気まとってません?
お肉料理に添えてあるとそれだけでオシャレな一品になっちゃう、みたいな?

レストランで添えられてるのはそういう意味なんやろうなぁ~
なんて以前は思ってたんやけどそうじゃなくて、お肉の消化を促進してくれるからなんですよね~

いや~無知ってコワイ。(w)



そしてクレソンにはほかにもうれしい効能がぎっしり。

血の巡りをよくし、「お血(おけつ)」
(※血がどろどろして滞ってる状態。ちゃうでw)を解消してくれるので、
冷え性や月経トラブルなど女性の多くが抱えるお悩みにお役立ち!もちろん美肌にも◎

それから、
体の余分な熱をとり、のぼせや耳鳴り、めまいなど、「春」に起こりやすい症状を緩和してくれる効能もあります。(※冷え性の方は摂り過ぎ注意)

体内の余分な水分を体外に排出する効能もあるので、むくみの解消も期待できます。



てことで、
「クレソン」=「春」にうれしい食材でーす♡




あと、合わせた「トマト」も体の余分な熱を取り

血液サラサラ効果もあるので、春~夏にかけてうれしい食材。
美肌やアンチエイジングにも◎です。

「酢」は酸味の食材で、春にぴったりの食材。
血をきれいにしてめぐりをよくし、老廃物を排出してくれます。
温性で体を温めるので、クレソン&トマトの冷やし過ぎの予防にもなります。

「くるみ」はアンチエイジング&デトックスにいいし、

「チーズ」「はちみつ」「オリーブオイル」は潤いを補ってくれるので美肌に◎



てことで、
春の養生にぴったりな美肌サラダですよーん。^^





作り方は、こんな感じ。




***



『クレソンとミニトマトとクリームチーズのサラダ』


【材料】(2~3人分)

・クレソン 2袋(約40g)
・ミニトマト 10~12個
・ベーコン 2枚
・くるみ(ローストしたもの) 15g
・クリームチーズ 30~40g(お好みで調整)

<A>
・りんご酢(なければ米酢や穀物酢でも) 大さじ1
・はちみつ 大さじ1/2
・レモン汁 小さじ1
・薄口醤油 小さじ1/2
・塩 小さじ1/4
・オリーブオイル 大さじ1

・ブラックペッパー 適量

 


 

【作り方】

①ベーコンは1cm幅に切り、キッチンペーパーで上下をはさんで耐熱皿に乗せ、電子レンジでかりっとなるまで加熱する。(500Wで1分ほど)


②くるみは手で割るor粗く刻む。ミニトマトは横半分に、クレソンは食べやすい長さに切る


③ボウルに<A>を入れて混ぜ合わせ、クリームチーズを手でちぎりながら加え、①、②も加えて全体を和える。




***



ベーコンをレンジで1分加熱してる間に、
ドレッシングを混ぜて、他の材料を切る!あとは和えるだけ!

簡単です。^^



クレソンは、食べる直前に和えると、シャキシャキとした食感が楽しめる感じで、
和えてから時間が経つと、しんなりとした食感が楽しめて、味もしっかり馴染んでいます。

どっちでもおいしいんで、お好みのタイミングでクレソンを入れてくださ~い。^^




クレソンサラダ9


あーん、
レシピ書いてたら、また無性に食べたくなってきたぁ~!

ふたたびクレソン探しの旅にでなくては!!
てか来年はクレソンの栽培に挑戦してみよかな~
そしたらたっぷり食べれるし♡(植物すぐに枯らしてまうけど)←

 



***


【薬膳メモ】

<クレソン>
血の巡りをよくし、「お血」(血がどろどろして滞ってる状態)を解消してくれる。
のぼせや耳鳴り、めまいなどの症状を緩和させる。(肝陽上亢によるもの)
体の余分な熱を取り、肺を潤し、渇きを止めてくれる。(※冷え性の方は摂り過ぎ注意)
体内の余分な水分を体外に排出してくれる。→むくみの解消に。
肉を食べたときに、消化を促進してくれる。

<トマト>

体を冷やし、喉の渇きを止めてくれる働きがある。
(冬に食べるなら、体をあたためるものと組み合わせると、○。)
胃腸の働きを助け、血液サラサラ効果もあるので、美肌やアンチエイジング効果も。

<くるみ>

脳の活性化、白髪や脱毛の防止にも。→老化防止!足腰の衰えにも○。

油分が腸を潤し、便通をよくする。→デトックスに。→美肌に○。

肺を温め、慢性の咳や喘息にも。


<チーズ>
体の潤いを補い、皮膚や粘膜を保護する。
肺に潤いを与え、から咳や喉の渇きを鎮めてくれる。
腸に潤いを与え、便秘にもいいとされる。

<オリーブオイル>
潤いを補う→肌の乾燥や、喉・鼻の乾燥や痛みをやわらげる→美肌に○

<はちみつ>
肺、腸、皮膚を潤し、から咳や便秘、皮膚の乾燥にいい。→美肌に○。
脾と胃を補い、食欲不振や胃痛、腹痛、疲労回復にいい。
(※1歳未満の赤ちゃんにはNG。)

<酢>
温性で、体を温め、血をきれいにして、めぐりをよくする。→美肌に。
むくみや未消化物を解消し、血や痰によるしこりや結石などをやわらげる。
→体内にたまった老廃物を排出する。 体力回復にも。



 ****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際、ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪  

夕べ帰宅した旦那が、「調子悪い…めちゃしんどい…」 
ぎゃぁあああぁぁぁーーーこないでぇーーー!!(鬼嫁)
とは言えませんが、内心ヒヤヒヤ。火曜日は姉さんがずーっと楽しみにしてたUSJやからね~。(;^_^A あぁ、どうなることやら…。みなさまもどうかお気を付けください!!

****************************************





コメント

コメント一覧

    • 3. すぱ
    • 2016年02月28日 14:19
    • うんうん、めっちゃおしゃれ♪
      なんなら、芋よりミニトマトの方が好きだし、今年の方がより好きな感じかも(*^▽^*)

      あはは!あたしもそれまず思う鬼嫁ですよー!
      そもそも、子どもたちは全然風邪とかもひかんのに、旦那が一番しょっちゅう体調崩したり風邪ひいたりするし、ちょっとの痛みやつらさでうるさいし(爆)
    • 2. mina
    • 2016年02月28日 12:27
    • はじめまして!!

      いつも薬膳メモが本当に勉強になります♡
      熟読させていただいてます♡

      私は、気滞血瘀体質なので、早速クレソン探しに行きます(*^^*)
    • 1. がる *LOVELOVEMUSIC*
    • 2016年02月28日 10:46
    • 血のめぐりよくしたいっす~(*・ω・*)

      クレソンか
      φ(..)メモメモ

      クリームチーズとか
      美味しそうなコンビネーションですよね!

      猫に人気があるおやつ、記事にしてみました(*^ω^)ノ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

↑このページのトップヘ