こんにちは~。^^


今日で我が家の正月休みも終わりです。
ホッとするようなさみしいようなやっぱりホッとするような・・・(おい)


最終日は、なにして過ごしましょうかね?
そして、なに食べましょうかね?汗汗(焦り過ぎ)


昨日は旦那が釣りで不在だったので、
お昼ご飯はごくごく簡単に済ませちゃいましたよーん。(いつだって簡単ですけどーw)



チヂミ7  



↑ 『お餅とろ~り・チーズぱりぱり!桜海老とニラのもっちり豆乳チヂミ』



これだけて。(ショボすぎやろw)


いやいやしかし!
これがなかなかあなどれない一品なのだー!


これひとつで栄養たっぷり!効能もすごかったりー!
何気に、お正月の「お餅の残り消費レシピ」だったりー!
もちろん!めっちゃおいしかったりしてーー!(←もうええ)




使った食材は、
粉類に、桜海老、ニラ、鶏卵、豆乳、チーズ、
そして、お正月のお餅の残り

お餅を1パック買うと結構な量が入ってるし、絶対残りますやん~?




て、実はすでに2パック目突入やったりして・・・( ̄▽ ̄)
(※ブラックホールにどんどん吸い込まれていく件)



年末に1パック買ったらあっという間になくなっちゃって、
大晦日にもう1パック買い足しましてん。

さすがに2パック目の減り方はピッチが落ちて、
無事にお餅が残ってる状態で~す。(無事にってw)

というわけで、お餅消費レシピを!(笑)



チヂミ6  


豆乳入りのもっちりした生地の上には、パリパリに焼けたチーズがたっぷり。
中には、桜海老とニラ、そしてお餅が入ってて、食べるととろ~りびよ~んとのび~る~♪

めっちゃおいしいです。( ´艸`)



チヂミ9

チヂミ11



「もっちり・パリパリ・とろ~りびよ~ん。」(リピートアフターミー)



タレなしでも十分いけますが、(姉さんはタレなしで)
やっぱり大人はピリ辛のタレがあるとうれしいよね~

だってビールがススムから。(ww)



チヂミ10



ビールのおともに最高なチヂミは、効能も最高!
(注:ビールよりお湯割り焼酎あたりが体にやさしくておすすめです)

簡単にまとめると
「疲労回復・冷え取り・美肌・アンチエイジング」!!!(どんだけ欲張りー!!)


「ニラ」と「海老」は、体を温め腎を補う、冬におすすめの食材。
冷えを取り、アンチエイジングに◎

特に、桜海老のような「干した状態の海老」は、
海老の薬効を手軽に「丸ごと」取り入れられるので、すごくおすすめです。^^

「豆乳」や「チーズ」は、体の潤いを補い便通を整え、体力を回復してくれる効能があります。

「餅(もち米)」は、気を補い体を温め、脾の機能を高めて胃腸を整える効能があり、特に、冷えからくる下痢に効果的。
「鶏卵」は、血を補い体を潤し、脾・胃の機能をととのえる機能があります。
ともに、体力回復に◎

  

作り方はこんな感じ。


チヂミ工程1


ボウルに、卵、薄力粉、片栗粉、水、豆乳、昆布茶を入れ、だまにならないようによく混ぜる。
桜海老、カットした角餅、ニラを加えて混ぜ、30分ほど冷蔵庫で寝かせる。(時間がないときはそのまま焼いても)


チヂミ工程2


↑寝かせちゅう。


チヂミ工程3


フライパンにごま油を熱し、中火に落として生地を流しいれ、お玉の底やヘラでフライパン全体に具材を広げる。

裏面に焼き色がしっかり付いたら、フライパンより一回り大きめのお皿やフライパンのフタにスライドさせて取り出す(焼いていない方が上を向いている状態)。


チヂミ工程4


チーズを適当に裂いて生地の上にまんべんなく乗せる。


チヂミ工程6


フライパンをお皿の上にかぶせてひっくり返し、生地をフライパンに戻す(チーズを乗せた面を焼く)。フ ライ返しで生地を ぎゅーっと押しながら中火で焼く。

チーズがこんがりぱりぱりに焼けたら出来上がり~♪



チヂミ工程7


こんな感じ。^^

あとは、食べやすい大きさにカットして、
お好みで<タレ>を添えれば出来上がり~。




ポイントは、生地にしっかり焼き色がつくまで焼くことくらいかな?
ほんと、生地の材料を混ぜて(寝かせて)焼くだけなので、簡単です!

あ。
生地を取り出したり戻したりするときに、くれぐれもヤケドしないよう気を付けてくださいね!><
(←すぐヤケドする人)

それから、
辛いのが苦手な方は、タレのラー油を抜きにして砂糖を大さじ1にすると食べやすくなりますよ~。^^

 


チヂミ1

 
簡単にできて、効能も素晴らしいので、
休日のお昼ご飯や夕飯の一品にもおすすめでーす。^^




***


【薬膳メモ】

<餅(もち米)>
体を温め、脾の機能を高めて胃腸を整える。冷えからくる下痢に効果的。
気を補い、疲労・体力回復にも。

<海老>
体をあたため、腎を補ってくれる。→冷え対策&アンチエイジングに!女子力アップ!
(中でも干した海老は、海老の薬効を手軽に取り入れやすく、殻ごと食べれるので重宝!)

<ニラ>

腎を補い、体を温め、血をサラサラにして、巡りをよくしてくれる。→冷え性に効果的

体内の老廃物や病邪を取り除く。→風邪のとき、また風邪の予防にも効果的

筋や腱をのびやかにする。疲労回復効果が高い


<チーズ>
体の潤いを補い、皮膚や粘膜を保護する。
肺に潤いを与え、から咳や喉の渇きを鎮めてくれる。
腸に潤いを与え、便秘にもいいとされる。

<豆乳>
体の潤いを補うので、口の渇きや咳を鎮めてくれる。
便通をととのえ、美肌にも。母乳の出をよくするともいわれる。
過労やストレスによって弱った体を補強する。
(※豆乳は平性だけど、豆腐は体の熱を冷ます涼性、納豆は体を温める温性、と性質が違う) 

<鶏卵>

体に潤いを与えてくれる。→体力回復・口の渇き・喉の痛みや咳などに。

血を補ってくれる。→体力回復や、貧血などに。

脾・胃の機能を整え、強くしてくれる。


<ごま油>

腸を潤すので、便秘を解消してくれる。お肌にも潤いを与える。→美肌に。

胃に食べ物がたまってることによる腹痛や、熱をもった腫れ物・できものを改善。

<酢>
温性で、体を温め、血をきれいにして、めぐりをよくする。→美肌に。
むくみや未消化物を解消し、血や痰によるしこりや結石などをやわらげる。
→体内にたまった老廃物を排出する。 体力回復にも。

<白ごま>
潤いを補うので、皮膚に潤いを与え、便秘の解消にも。



****************************************




『お餅とろ~り・チーズぱりぱり!桜海老とニラのもっちり豆乳チヂミ』


【材料】(4人分)
・とろけるチーズ(スライスタイプ) 3枚
・角餅 1個
・桜海老(乾燥の小えびで代用しても) 5g
・ニラ 1束
・ごま油 大さじ1

<A>
・薄力粉 70g
・片栗粉 30g
・水 70cc
・豆乳(無調整) 60cc
・卵 1個
・昆布茶 小さじ1/2

<タレ>
・醤油、酢 各大さじ1
・砂糖 小さじ2
・白ごま 大さじ1/2
・おろしにんにく(チューブでOK) 1~2cm分(お好みで調整)
・ラー油 お好みの量(辛いのが苦手な方はなしで)
 
 

【作り方】
①ボウルに<A>の材料を入れ、だまにならないようによく混ぜあわせる。

②角餅は半分の厚みしてから1cm角くらいにカット、ニラは3~4cmの長さにカットし水気をしっかり切る。①のボウルに加え、桜海老も加えて混ぜる。生地を30分ほど冷蔵庫で寝かせる。(時間がないときはそのまま③へ)

③フライパンにごま油を熱し、中火に落として②を流しいれ、お玉の底やヘラでフライパン全体に具材を広げる。

④裏面に焼き色がしっかり付いたら、フライパンより一回り大きめのお皿やフライパンのフタにスライドさせて取り出す(焼いていない方が上を向いている状 態)。チーズを適当に裂いて生地の上にまんべんなく乗せ、フライパンをお皿の上にかぶせてひっくり返し、生地をフライパンに戻す(チーズを乗せた面を焼 く)。フライ返しで生地を ぎゅーっと押しながら中火で焼く。

⑤チーズがこんがりぱりぱりに焼けたら、まな板にスライドさせて取り出し、食べやすい大きさにカットする。

⑥<タレ>の材料を混ぜあわせてタレを作り、チヂミに添える。


****************************************

★ お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際、ぽちっと応援いただけるとすごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくとこのブログのランキングが上がる仕組みです)

レシピブログに参加中♪

さぁさぁ、お正月休み最終日!パパッと用意してササーッとおでかけしてきまーす。^^ みなさまもいい一日を~♪

****************************************