こんにちは~。^^



三連休ですね~
この辺りは人、人、人!観光客でいっぱいです~
(仕事やでって方もきっとたくさん…お疲れさまです~!)

そんななか、我が家の旦那は二連休。
今日は免許の更新で終わり、明日は釣りで終わる予定だそうで・・・アンニャロ。(-_-メ


まぁ、いいねんいいねん~。
(と呪文のように唱える)←「いい夫婦の日」に、呪文。(笑)




さて。
先日決意表明した病院ですが。

無事に病院にたどり着くことができ、
いろいろあったものの初回の検査やら訓練もなんとか受けることができ、
なにやら盛りだくさんな一日となりました~。

そしていま、体のあちこちが打ち身のように痛いです。(・Θ・;)


記録として、いろいろ書き留めておきたいことがあるんですが、

今週は、また別の検査やら訓練やらが詰まってるし、
なにより、気持ちの整理がすぐにはつかないし、

頭も心も予定もパンパン~整理がつかない~~~!(><;)



てことで、またそのうち書けたら書こうと思います。
(誰も待ってへん~笑)



とまぁそんなわけで、(?)
今後ますます忙しくなる予感~
てか、そもそも年末に向けてどんどん忙しくなりますよね~(;´▽`A``

時間のあるときに、
できるだけいろいろ作り置きおかずをストックしとかなあかんなぁと思っています。


たとえば、こんなん。



人参しりしり1



↑ 『豆腐入り人参しりしり』


(過去に載せたことありますが)
作り置き、お弁当にもぴったりな「作り置きおかず」の定番でありつつ、

我が家の「人参嫌いさんに捧ぐ料理」でもあります。
人参嫌い=旦那、なんですけどね。(まさかのオトナ)



初めて人参しりしりを出したときなんて、
「なんやねん!この人参まみれの料理は!( ̄□ ̄;)!!」

ていう、驚きと怒りが入り混じったような言葉を発し、
ブツブツ文句言いながら食べてたんです。


んが。
気付けばきれいに完食!

その後も、出せばきれいに完食、文句もなし!
これだと「人参臭さ」が気にならずおいしく食べれるんだそうで~す。(^_^)vヤッタネ!



旦那だけで検証できたことにはならないと思うんですが、
もしかしたら、人参嫌いさんでも食べれる人参料理なのではないかな~と。
(アカンかったらスミマセン~!)

ちなみに、
人参好きの子どもたちは、おかわりする勢いで食べてます!
てか、ばっちりおかわりしていま~す!^^




人参しりしり8



味付けは、シンプルに塩のみ。

人参のうまみと甘みが際立ち、
それでいて、人参特有の「人参臭さ」が気にならず、おいしい~!


めっちゃフツーのことばかりかもしれないですが、
自分用のメモとして、おいしく作るためのこだわりポイントについて書いてみようと思います!
(よかったらおつきあいください~)



【こだわりポイントその①】

弱めの中火で「しつこいほどにじっくり炒める」
=人参特有の臭みを消し、うまみと甘みを引き出すため



しつこいほどってどのくらい?
➡人参がしんなりしてきて、「鮮やかなオレンジ色」から「ちょっと黄色がかったオレンジ色」に変わるくらいまで。(※あくまで目安)

ここまできたら、一口お味見。
人参臭さを感じたら・・・まだアカン。(;^_^A

人参臭さが消え甘みがぶわっと広がるくらいまで、しつこく炒めま~す。(笑)




【こだわりポイントその②】

人参を5~6mmの太さの千切りにする

人参しりしり器があればベストなんですが、deco家には残念ながら、ない。
包丁で千切りにするか、家にあるスライサーで代用するかしかないわけです。

ほな、人参しりしり器の穴径は?
➡調べてみると、6mmか8mmのものが多いみたいなんですよね。


8mmって、、、結構な太さですやん?
(人参嫌いの旦那に絶対拒否られる・・・)

そして、うちにあるスライサーは穴径が
約3.5ミリと5ミリの2種類あって。
5mmを使えば、6mmに近いもんができるやん~!
(なんとかして包丁を使わずに済まそうとする、笑)



千切り人参


ちなみにコチラ、
左が5mmで、右が3.5mmでしりしりした人参の図です。


そして、
3.5ミリでしりしりしたもので作ると、こんな感じに仕上がります。


にんじんしりしり7



めっちゃピロピロ~(笑)


細い方が人参嫌いの旦那にはおいしいんかも?と思ったんですが、
「これはアカン・・・」とのことで。(なんてムズカシイんだ、笑)

たしかにこれだと、
食感が頼りなさ過ぎて、おいしくな~い(><;)




人参しりしり5



そして、こちらが5mmでしりしりしたもので作ったやつ。(=今日アップした画像)
食感がしっかりしてて、すごくおいしい!
(でも人参臭くはない)

やっぱり、太目の千切りにするのがポイントなんやなぁ~と実感!
これ以降、我が家では5~6mmが鉄則になりました~





【こだわりポイントその③】


なにげに、「豆腐入り」。

 (もはや「人参チャンプルー」という話も)

人参まみれ感を取り除きつつ、かさまし効果を狙って。(笑)
そして、栄養価もアップ!



薬膳目線でみても、とっても優秀~!
気・血を補い、脾・胃の機能を高めるものがたっぷりで、
疲労回復効果も高い!

働き盛りの旦那さまや貧血気味の女子、成長期のお子さまにもぴったり~

体の潤いもしっかりと補い、美肌効果も期待できるので、
乾燥する時季にうれしい一品でもあります。^^

(あと、人参は肝を補うので「春」にもおすすめの食材ですよ。(えらい先やな…)






やたら長くなりますが、
最後に、工程写真付きで作り方を書いておきま~す。

 

まず、豆腐を2枚重ねたキッチンペーパー包み、重しをのせて軽く水切りする。
その間に、人参を5~6mmの千切りにする。(包丁でもスライサーでもしりしり器でも)



人参しりしり工程1


フライパンにサラダ油を熱し、弱めの中火にしてから人参を加えて塩小さじ1/4をふり、じっくり炒める。

水分を飛ばして甘みを引き出すように、じっくりと、かつ、焦がさないように炒めるのがポイント!(※終始、弱めの中火でじっくりと)


人参しりしり工程2


人参の水分がしっかり飛んでしんなりなってくると、こんな感じで人参の色がちょっと変わります。
こうなればほぼほぼOKのサイン。

ちょこっとつまみ食いしてみて、人参の臭みが消え甘みが際立っていればバッチリOK!
(※もしまだ人参特有の匂いがある場合は、もう少し炒めてください!)



人参しりしり工程3

 
人参をフライパンの端に寄せ、水気を取った豆腐を手でちぎって加える。
(※水切りした豆腐を、再度3枚ほど重ねたキッチンペーパーで包み、おにぎりを握る感じでやさしく水気を絞る。崩さない程度にやさしくきゅぅっと)

塩小さじ1/4を豆腐にまんべんなくふり、あまり触り過ぎず豆腐を焼き付ける感じで炒める。
豆腐の表面が焼けたらツナも加え、人参と炒め合わせる。



人参しりしり工程5


溶きほぐした卵を全体に回しかけ、そのままの状態で30秒待つ。卵が固まってきたところでフライパンを返し、全体を混ぜ炒めて完成。


やさしい味になってますので、
味をみて足りなければ、塩で調整してくださ~い。





人参しりしり3


これからますます人参が甘くおいしくなる季節!
たっぷり食べて、しっかり養生いたしましょ~♪


我が家の、変なこだわりがたっぷり詰まった人参しりしりも、
よかったら一度お試しくださ~い。(笑)





***


【薬膳メモ】

<人参>
脾の機能を整え、胃などにある消化しきれていないものを取り除く効能がある。

→脾胃の機能がまだまだ未発達な子供の、消化不良にいいとされる。

血を補い、肝の働きを整え、貧血や、目のトラブルを改善する。

→疲れ目、かすみ目などの視力の不調(=明目)や、夜盲症、ドライアイにも。
★成長期の子供や、パソコンをよく使う方に、おすすめの食材!★

<豆腐>
体内の余分な熱を取り、体の潤いを補って、口の渇きを鎮めてくれる。
消化吸収がよく、便通を整える効能があり、胃腸の弱い人にも。
過労やストレスによって弱った体を、回復させてくれる。
母乳の出をよくする効能もあるとされる。

(※豆乳は平性だけど、豆腐は体の熱を冷ます涼性、納豆は体を温める温性、と性質が違う)


<ツナ(鰹)>
気・血を補い、胃の機能を高めてくれる。
また、腎の働きを補い、精力もつけてくれる。→貧血や不眠のときに○。体力回復にも。

<鶏卵>
体に潤いを与えてくれる。→体力回復・口の渇き・喉の痛みや咳などに。
血を補ってくれる。→体力回復や、貧血などに。
脾・胃の機能を整え、強くしてくれる。




****************************************



『豆腐入り人参しりしり』


【材料】(4人分)
・木綿 小分け1パック(150g)
・人参 2本(皮をむく前に280gありました)
・ツナ缶・小(70g入り) 1缶(しっかり油を切っておく)
・卵 2個(塩少々を加え、溶きほぐしておく)
・サラダ油 大さじ1
・塩 小さじ1/2


【作り方】
①豆腐を2枚重ねたキッチンペーパー包み、重しをのせて軽く水切りする。その間に人参を5~6mmの千切りにする。(包丁でもスライサーでもしりしり器でも)

②フライパンにサラダ油を熱し、弱めの中火にしてから人参を加えて塩小さじ1/4をふり、じっくり炒める。水分を飛ばして甘みを引き出すように、じっくりと、かつ、焦がさないように。(※終始、弱めの中火でじっくり炒める!)

③人参の水分がしっかり飛んでしんなりとなったところで(人参の臭みが消え甘みが際立ってから)、人参をフライパンの端に寄せ、豆腐を手でちぎって加える。(※2枚重ねたキッチンペーパーで豆腐を包み直し、おにぎりを握る感じでやさしく水気を絞ってから加える。豆腐を崩さない程度にやさしくきゅぅっと)

④塩小さじ1/4を豆腐にまんべんなくふり、あまり触り過ぎず豆腐を焼き付ける感じで炒め、豆腐の表面が焼けたら、しっかり油を切ったツナを加えて人参と炒め合わせる。

⑤塩少々(分量外)を加えて溶きほぐした卵を全体に回しかけ、そのままの状態で30秒待つ。卵が固まってきたところでフライパンを返し、混ぜ炒めて完成。

++味をみて足りなければ、塩少々で調整してください。(やさしい味になってます)


****************************************
★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際、ぽちっと応援いただけると、すごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです)

レシピブログに参加中♪

せっかくのお天気!午後からはチェロたん連れておでかけしてきます~^^ (※旦那抜きで、笑)

****************************************