こんにちは~。^^



みなさまの地域は、台風の影響、どんな感じでしょうか?
この辺りは、いまは雨どころかちょっと晴れ間もあったりして・・・
嵐の前の静けさって感じなのでしょうか?余計ビビリます。

今回の台風は、目がはっくりくっきりしていてコワイですよね・・・。

できるだけ気を付けていきましょう~!



さて、この間の日曜日。
朝からニンニン楽しんで、洗濯してチビと遊んで風呂掃除してチビと遊んで昼ご飯作ってチビと遊んでたら、
あっという間に旦那を起こす時間になってしまい。

あれ?
チビと遊びすぎて、ぜんぜんミッションこなせてない・・・(  ゚ ▽ ゚ ;)


(※旦那は週に一度しか休みがないため、日曜の午前中は寝てるor釣りに行き、午後から家族でお出かけや買い物に行き、帰ったらすぐに飲むor風呂に入るという のが我が家のシステム。よって、午前中に晩ご飯の支度込みですべての家事を済ませておくというのが私のミッションなのである)←なんのこっちゃ




私「晩ご飯、まだなんもできてへんわ…」と、ぽろっとつぶやいたら。


旦「チビ連れて2~3時間どっか行ってこうか?」


私「(---っっっ!!!( ̄□ ̄;)!!)」(←驚きすぎて声が出ない)
姉「えぇーーーー?!どうしたん?!」(←驚きすぎてガッターン!!と椅子から落ちかける)

旦「いや、別に…(・・;)」



どないしたん?!
いつもなら冷たくスルーやのに?!
なんかあるんですやろか?!( ̄Д ̄;;

・・・いやもうなんでもいいわ、行ってきてもらっちゃお。ニヤリ



というわけで男たちがお出かけしてくれてる間に、
ご飯作って掃除して洗濯もんたたんでたまってるドラマの録画を1本見て、といろいろこなすことができました。

旦那よ、ありがとう。(ドラマ観れたわw)←サイテーか



(スンマセンな気持ちもあるし)
帰宅後のビールをめっちゃ楽しみにしてるやろうと思ったので、
ビールをキンキンに冷やし、旦那の好きなアテをいろいろと作っておきました。

こちらもそんなアテのひとつ。



ベジタブルユッケ2



↑ 『赤パプリカのユッケ風』



えっ、野菜のユッケですか?
肉は無理でも刺身すら使ってないんですか?(ドケチですか?)スンマセンナキモチハイズコヘ?


いやでもちょっとこれ、何気にリアルじゃないですか?
目を細めて見たら、お肉のユッケに見えなくもなくない?


て、食べみたら・・・
やっぱりパプリカですけども。(笑)



でもねでもね。
不思議なことに!
「うずらの卵+ねぎ」を絡めて食べてると!

【だんだんユッケな気分になってくる~~~(ノ´▽`)ノ】(自己暗示)


視覚効果でしょうかね?
たぶんその気になるだけなんでしょうけど、意外とユッケ気分が味わえるんです~。

わたしも旦那もめっちゃお気に入り!
すごーくおすすめです。^^



作り方はめちゃ簡単。


パプリカユッケ工程1

こんな感じで、予熱した魚焼きグリルorオーブントースターにパプリカを入れて、
しっかり焦げ目がつくぐらいまで、じっくりと焼きます。

火が強すぎると表面ばっか焼けちゃうので、中火くらいでじっくりと。
両面焼きグリルの場合は、下火は弱くしてください。
トースターなら、天板の上に乗せて焼いてくださいね。



パプリカユッケ工程2


焦げっとなった皮をむいて、
黒い部分が残っていたら、ぬらしたキッチンペーパーでできるだけふきとります。
(※火傷に注意してね)



パプリカユッケ工程3


1cm角くらいに切って、さらに包丁で軽く叩きます。
ボウルにうつして<タレ>と混ぜ合わせます。

そして、冷蔵庫でしっかりと冷やします。
ここ重要!
冷やした方が断然おいしいんで、ぜひとも冷やしてくださいね!


あとは、刻んだねぎと白ごまをふって混ぜ、
器に盛り付けて、うずらの卵をぽんっと割り入れたら完成~!



ベジタブルユッケ3



うほ♡
な~んかユッケっぽ~い。(←アホっぽ~い)



ベジタブルユッケ4


黄身を割って・・・


ベジタブルユッケ5


ぐちゃ~っと全体を混ぜ混ぜしたら、、、



ベジタブルユッケ6



いっただっきま~す!


うきょー、やっぱコレうめぇっ。
思わずオッサン化してしまうお味です。(・∀・)


いやいや。
オッサン化してる場合やない。
女子力アップな効能がぎゅぎゅっと詰まってるんだもの~


パプリカは、血の巡りをよくし、美肌にめっちゃ効果的!
抗酸化作用に優れ、アンチエイジングにも◎

うずらの卵は、気を補い五臓の働きを補う優れもの。
滋養強壮効果、アンチエイジング効果も抜群!

ごま油や白ごまも美肌に効果的、というわけで、
【美肌&アンチエイジング効果】にすぐれた一品なのでございまーす!




ベジタブルユッケ9



パプリカだけじゃなく、
焼き茄子とか、切っただけのアボカド(完熟)なんかを同じタレに絡めてもおいしいです。^^
(手前が焼き茄子で、左奥がアボカドです)

でもやっぱり、
パプリカが何気に一番おいしいと思いまーす!



ベジタブルユッケ1



簡単で、ほんまにおいしいんで、
よかったら一度、試してみてください。^^



□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『赤パプリカのユッケ風』

(2人分)

・パプリカ(赤) 1個
・刻みねぎ 適量
・白ごま 適量
・うずらの卵 2個

<A>
・醤油 大さじ1
・ごま油 小さじ1
・コチュジャン、みりん、砂糖、酢 各小さじ1/2
・おろしにんにく チューブで1cm分


【作り方】

①パプリカを縦半分に切り、種とわたを取る。

②予熱した魚焼きグリルで、表面が黒くなるくらいまでじっくりと焼く。(トースターで焼いてもOK)

③熱いうちに皮をむき、黒く残った部分を濡らしたキッチンペーパーでやさしくふき取る。

④1㎝角くらいに刻み、さらに包丁で軽く叩いて保存容器orボウルに移す。

⑤混ぜ合わせた<A>を適量加えて混ぜ合わせ、冷蔵庫でよく冷やす。

⑥刻みねぎと白ごまを加えて混ぜ、器に盛りつけ、うずらの卵をトッピングする。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


おいしく作るコツ

◆魚焼きグリルが両面焼きタイプの場合は、下火の火力を最小にし、上火だけで皮面だけを焼くようにしてください。また、火加減は中火~強めの中火くらいにし、じっくり焼いて甘みを引き出すようにします。

◆冷蔵庫でしっかり冷やし、タレと馴染ませるのがおいしくいただくポイントです。

◆ねぎとうずらの卵と一緒に食べることによって、ユッケのような味わいになります。



***


【薬膳メモ】

<パプリカ>
血の巡りをよくしてくれるので、美肌に効果的。
「肝」に気が上ってめまいがしたり耳鳴りがするような症状を、落ち着かせてくれる。
「不安感」を鎮めてくれる。
胃腸の調子をととのえ、食欲増進にも。
抗酸化作用に優れ、アンチエイジングにも効果的とされる。

<うずらの卵>
気を補い、五臓の働きを補う。脾の機能を高め、胃腸の働きをよくしてくれる。
滋養強壮効果、アンチエイジング効果も高い。成長期の子どもにも。
骨や筋を強くし、脳の働きを高める。健忘予防にもいいとされる。

<ねぎ>
体をあたためてくれるので、寒気からくる風邪のときにいい。免疫力も高めてくれる。
胃腸の働きを整えてくれる。

<白ごま>
潤いを補うので、皮膚に潤いを与え、便秘の解消にも。

<にんにく>
体を温め、下痢や、寒さからくる風邪に効果的。
咳や痰を鎮めてくれる。
胃の活動を整え、体力の回復にも。
(※はちみつとの組み合わせは×、陰虚体質の人にも×、とされる。)

<ごま油>
腸を潤すので、便秘を解消してくれる。お肌にも潤いを与える。→美肌に。
胃に食べ物がたまってることによる腹痛や、熱をもった腫れ物・できものを改善。



****************************************

★ お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の、大きな励みになってますので、 お帰りの際、ぽちっと応援いただけると、すごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです)

レシピブログに参加中♪

今日も来て下さってありがとうございました!台風の影響ができるだけ少なく済みますように・・・。

****************************************