こんにちは~。^^

今日から我が家もお盆休みに突入。
いうても旦那は今日一日釣りで不在やし、普段と何ら変わらん感じです~。(笑)

姉さんと、ちょこっとだけでも2人の時間がほしいね~て言うてるんですけど・・・
果たして、どうなるでしょ~~か?


そうそう一昨日、なんの番組だっけな?
所ジョージさんがでてるヤツなんやけど、妖怪特集(?)的なものをやっていて。
いろんな妖怪が絵で紹介されて、名前や特徴が説明される感じで。

知ってる妖怪あり、聞いたこともないような妖怪もありで、
「わぁ~知ってる!」「げぇ~なにあの妖怪!」てな感じでなかなか盛り上がったワケですよ。

そんななか、姉さんがひとこと。



姉「そうそう、【粉ひきジジイ】ってのもおるよな~♪」

私「・・・うんうん、石臼で粉ひいてそば打ちまひょか~みたいなヤツな。
  ・・・て、なにその職人気質な妖怪!」

姉「あれ?違ったっけ?」

私「【子泣きじじい】とちゃうか~?」

姉「・・・はっ、一文字多かった!ヽ(*'0'*)ツ」

(こなき→○、こなき→×)



こんな会話をした直後、タイムリーに子泣きじじいが出てきて~
2人でお腹痛くなるほど笑いました。ww


というわけで、今日の一品はお蕎麦です~
とかなら面白いんですけど、蕎麦とは何の関係もないお料理です。w

 
トマト漬け丼1


↑『しらすと豆腐のトマト漬け丼』

「丼」ていうても、がっつりこってり系ではなく、
さらっといただける、あっさり系の丼です。^^


ちょっと前まで、例のそうめん にハマりまくってあればっかり食べてたんですが、(こらこら)
最近は、この丼にすっかり夢中♡


なぜってそりゃあもう!
簡単でおいしいからに決まってる~( ´艸`)

トマトと大葉を切れば、あとは盛りつけるだけ!
火を使わずに、ささっと5分でできちゃいまーす。
 

トマト漬け丼6


淡泊な豆腐と、生姜&ごま油のきいた<タレ>をまとったトマトが合う~♡
しらすの塩気と大葉の香りが、これまたいい仕事してて、おいしいっ。

トマトの酸味がさっぱり~
豆腐がつるりん~
暑い日でもするするっといくらでも食べられる感じ♪


今日はイマイチ食欲ないわぁ…
なんてときにも、食べやすくっておすすめです。^^


あっさりでさらっと食べられるけど、
意外とボリューミィなので、ちゃんと満足感もありますよ~!



作り方はほんとに簡単。

トマト漬け丼工程1

トマトを1cm角に切り、タレに漬けます。

トマト漬け丼工程2

器にご飯をよそい、豆腐を一口サイズにテキトーにスプーンですくい入れます。
(テキトーすぎてきちゃない…)

あとは、漬けにしたトマト、しらす、千切りにした大葉を乗せてゴマをふり、残ったタレも全部かければできあがり!


簡単すぎるーーー!(笑)




簡単すぎる丼をおいしく作るポイントは、
一番最初にトマトを切って<タレ>に漬けること。(漬けてから他の作業をする)

トマトとタレをざっと混ぜて味を絡めるだけでもOKですが、ほんの数分でもタレに漬けておくのがおすすめ。

トマトに味が馴染み、タレにもトマトのうまみや甘みが移っておいしくなりますよ~。^^


トマト漬け丼3


簡単すぎる一品ですが、効能はなかなか優秀!

豆腐とトマトで体内の余分な熱を取り、胃腸の調子をととのえつつ、
しらすと大葉で体をあたため、体の冷やし過ぎを防ぎます。
血の巡りもよくするので、美肌効果もアリ♡

ごま油と白ごまがお肌を潤してくれるので、美肌効果さらにUP♡


「夏バテ解消&美肌作り」が期待できる一品でーす。ワーイ♡


トマト漬け丼7


一緒に添えたのは、
お気に入りでちょくちょく作る『切り干し大根と枝豆の一味マヨ和え 』。

レシピのままじゃなく、
今回はカニカマを加え、一味を抜いて作りました。


お昼ごはんやし~お酒のおともじゃないし~(w)
やさしいお味に仕上げました。(笑)

トマト漬け丼2


簡単すぎるお昼ごはん。
夏休み、お盆休みなど忙しい日の一品に、よかったら~。^^
(忙しい日に思い出せんわ!)



***


【薬膳メモ】

<白米>

気を補い、脾・胃の機能を補って、消化機能を高める。

 
<トマト>
夏が旬なので、体を冷やし、喉の渇きを止めてくれる働きがある。
(冬に食べるなら、体をあたためるものと組み合わせると、○。)
胃腸の働きを助け、血液サラサラ効果もあるので、美肌やアンチエイジング効果も。

<豆腐>
体内の余分な熱を取り、体の潤いを補って、口の渇きを鎮めてくれる。
消化吸収がよく、便通を整える効能があり、胃腸の弱い人にも。
過労やストレスによって弱った体を、回復させてくれる。
母乳の出をよくする効能もあるとされる。

(※豆乳は平性だけど、豆腐は体の熱を冷ます涼性、納豆は体を温める温性、と性質が違う)


<しらす(いわし)>
体を温め、気を補い、血のめぐりをよくしてくれる。→ 美肌に。
脳を活性化し、骨を強くする。→アンチエイジングに。
目の疲れやかすみ目など、目の不調の解消に。
なんだか不安で眠れない~っていうのが続くときに。

<紫蘇(大葉)>
気のめぐりをよくし、胃の働きを整える。(※香り成分は、ストレス解消に効果あり)
血のめぐりもよくしてくれ、体を温めてくれる。貧血に○。
→冷え症の人は積極的に摂ると○。 美肌効果も大。(特にシミ対策に!)
→寒気からくる風邪のときにも○。    
花粉症やアトピーなどのアレルギー症状の緩和にもいいとされる。

<白ごま>
潤いを補うので、皮膚に潤いを与え、便秘の解消にも。

<ごま油>
腸を潤すので、便秘を解消してくれる。お肌にも潤いを与える。→美肌に。
胃に食べ物がたまってることによる腹痛や、熱をもった腫れ物・できものを改善。


****************************************



『しらすと豆腐のトマト漬け丼』

【材料】(おひとりさま分)

・あたたかいご飯 お茶碗に軽く一杯分
・トマト(完熟) 1/2個
・しらす 軽くひとつかみ
・絹豆腐 70~80g(小分けパック半分くらい)
・大葉の千切り 適量(たっぷりがおすすめ)
・白ごま 適量

<A(タレ)>
・醤油 大さじ1/2
・みりん 小さじ1
・ごま油 小さじ1
・おろし生姜(チューブ使用) 1cmくらい


【作り方】
①ボウルに<A>を入れて混ぜ、1cm角に切ったトマトを加えて和える。(※一番最初にこの作業をして、トマトにタレを馴染ませる!)

②器にあたたかいご飯をよそい、豆腐を一口サイズにスプーンですくい入れ、①のトマト、しらす、大葉を乗せ、白ごまを指できゅっとひねりながらふる。①のタレの残りも上からかける。


****************************************

★ お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の、大きな励みになってますので、 お帰りの際、ぽちっと応援いただけると、すごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです)

レシピブログに参加中♪

 お盆中にもかかわらず今日も来て下さってありがとうございました~!感謝です♡

****************************************