こんにちは~。^^



最近、チビがマスターした言葉があります。

それは、「むむっ

(※実際は「むぅ~むぅぅ~
てちょっとこってりした感じで言います、笑)



チビと激しく遊んでて、チビに痛いことされたら、
ちょっと大げさに「いた~い」とか「え~ん」とかいって、

痛いことされたら悲しい~やったらあかんよ~やってしもたらあやまるんやで~ということをずっというてきてるんですが、

最近は、ちょっと趣向を変えて
「むむっと怒ってみたりして、相手を怒らせてしまうこともあるんやでぇ~てことも、あらわしてみたり。


そしたら、わたしの
「むむっ」な顔に変にハマってしまったようで、
なにかにつけて
むぅ~むぅぅ~って言ってくるようになって。(しかもめっちゃ笑顔で)


これがまた、やたらかわいいねんけど・・・
大事なことぜんぜん伝わってへん感じ~



しかも・・・
ちょっと気付いてしまったことが・・・


「ママ」がちゃんといえず「ババァ」になるってのに
「ムム」はちゃんといえてる


これってどういうことなん・・・

やっぱり確信犯やったんちゃうん・・・ムムッ




いやいや、ええやんええやん、
「むむっ」がいえるってすごいやん。

ひとつでも言える単語が増えたって、めっちゃうれしいやん~!о(ж>▽<)y ☆



それに、むむっ
とした顔はアカン。
ただでさえ梅雨時は、ちょっと油断すると、

朝起きたら顔がむくんでパンパンや~ とか、
フェイスラインがあきらかにおかしい~(たるんでる~) とか
おそろしいことになりやすい時季。

にっこり笑顔
で、リフトアップ!
そして、食養生!が大事です!!!




とうもろこしごはん3




↑ 『とうもろこしの塩昆布バター混ぜごはん』




簡単すぎる、梅雨時ごはんのひとつです。^^



最近、意識的によく食べてるもののひとつが、
「とうもろこし」+「とうもろこしのひげ」。(←w)


最近安いしおいしいし
姉さん大好きだし~
調理も簡単だし~

「とうもろこし」+「とうもろこしのひげ」は、
体内の余分な水分を排出し、むくみの解消に効果的だし~!



漢方では、
とうもろこしのひげを日干しにしたものは、
「南蛮毛」という名の立派な生薬だったりするんですよ~。


(そういえば一時期、「コーン茶」や「とうもろこしのひげ茶」なんかが、むくみ解消&ダイエットにいいと流行りましたよね~たしか?)



なのでこの時季は、
とうもろこし食べたり、
コーン茶やひげ茶を飲んだりすれば十分おっけーて話なんですが、

せっかくだもん、
生のとうもろこしにくっついてる「ひげ」も、ちゃっかり料理に使わなくちゃ~。(笑)



あ、でも、
そんなにモリモリ「ひげ」を入れるワケじゃないですよ。(さすがにモリモリはアカン、笑)

少量を細かく刻んで、
炒めたり、煮込んだりしちゃえば、さほど目立たないし食感や味にもさほど影響はないと思います。





・・・たぶん。(笑)






とうもろこしごはん1




とうもろこし以外の効能についても、少し~。


「昆布」も、とうもろこしと同じく、
体内の余分な水分を排出し、むくみ解消に効果的な食材。

血や痰によるしこりや結石などをやわらげる効能もあるので、
梅雨時にも、適度に取り入れるのがおすすめです。
(※体を冷やすのでとり過ぎには注意してください)

あと、昆布もとうもろこしのひげも、高血圧の予防にいいとされています。


「白米」は、脾・胃の機能を補ってくれるので、
脾が弱りがちな梅雨時には、お米もちゃんと食べた方がいいですね。^^


というわけで、
手軽に「むくみとり効果」が期待できる一品なのでございます~♪






作り方は、めちゃ簡単。

とうもろこしをひげ付きのままラップで包んでレンチンし、包丁で実をそぎ取る。
ひげも、細かく刻んでおく。

あとは、すべての材料をボウルに入れて、混ぜるだけ!



とうもろこしごはん7


(※刻んだひげが見当たらない・・・まさかの「入れ忘れ」・・・ムムッ)



とうもろこしごはん8


はい、できあがり。^^ (※肝心のひげは、食べるときに混ぜ込みました~汗)



ひげ



ちなみに、「ひげ」って、ごっそりついてるときもあるけど、
このくらいしかないときもある。

でも、このくらいで十分ですから。(食感的に限界アリ、笑)




とうもろこしごはん5



「ひげも入ってるから~♪」て
ニコニコ張り切って言っちゃうと、

みんなスゥーーーッと引きますので、注意が必要です。


ぜひ、細かく刻んで内緒で入れてくださいね。(笑)





***


【薬膳メモ】

<白米>
気を補い、脾・胃の機能を補って、消化機能を高める。

<とうもろこし>
気を補い、胃腸の調子を整えて高める。
体内の余分な水分を排出し、むくみの解消に効果的。
高血圧の予防にも。

<とうもろこしのひげ>(※ひげを日干しにしたもの=「南蛮毛」という生薬)
体内の余分な水分を排出し、むくみを解消する。
尿がでにくいときにもいいとされる。
高血圧の予防や、糖尿病の方にいいとされる。

<昆布>
腎を補う黒い食材なので、冬にいいが、寒性で、体を冷やす。(熱を取る)
→摂りすぎ注意。合わせる食材や、調理法に気をつける。
余分な水分を排出する効能がある。→むくみ解消に。
血や痰によるしこりや結石などをやわらげる。
便秘の解消にも○。
高血圧にも、いいとされる。

<バター>
気と血を補い、体を潤し、五臓の働きを高めてくれる。
→喉や肌の乾燥を改善、便秘の解消、疲労回復に。



****************************************




『とうもろこしの塩昆布バター混ぜごはん』


【材料】(3人分くらい)

・とうもろこし 小1本(そぎ取った実だけ量ると120gありました)
・バター 20g
・塩昆布 20g
・温かいごはん 560g
・ブラックペッパー 適量(お好みで)


【作り方】

①とうもろこしを、皮(一番外側の汚い皮はとる)とひげ(あれば)がついたまま洗い、ラップで包んで電子レンジ(500W)で4分半~5分加熱し、そのまま5分蒸らす。

②ラップを外し、触れるくらいになったら皮とひげを取り、実を包丁でそぎ取る。ひげも、細かく刻んでおく。(※ひげは少量でOK)

③ボウルに、温かいごはん、塩昆布、バター、とうもろこしのひげ、実を入れ、全体を切るように混ぜ合わせる。

④お好みで、ブラックペッパーをふって完成。



****************************************

 

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の、大きな励みになってますので、 お帰りの際、ぽちっと応援いただけると、すごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです)

 

レシピブログに参加中♪  

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたーーー!

****************************************