おはようございまーす。^^


昨日は体調が最悪で~。
隙あらば、ところ構わずゴロゴロしてました。

そのたびに、チビにちゃぶ台の上からダイブされたり、
ダッシュしながらふみつけられたりして、余計にしんどくなりました。(@_@)


でも、チビにぐりぐりふみつけられるのは、
意外と嫌ではない・・・ヽ(*'0'*)ツ。(ドSか)




しょうもない話はおいといて。
毎年書いてる気がするけども、春はほんと、体調を崩しがちなんです~。

暖かくて花が咲いて~な春は大好きなのに、体は拒否反応を起こしてばかり。
アトピー、花粉症、火照りetc・・・春には何かとトラブルが多発する体質なのでございます。(ノ_・。)


冬は腎を、春は肝を補うように頑張ってるんだけど、(アレルギー体質の人は腎を補うべし!)
なかなか、トラブルのない体にまでもっていくのはむずかしい~!(><;)


だけど、
これでも、薬膳を勉強・実践する以前よりは、格段によくなってるんです~。
数年後には、今よりもっといい状態になってるよう、少しずつがんばっていこう~!



というわけで、今日は、腎と肝を補う一品でーす。^^




ぬた2




 ↑ 『イカとわけぎのくるみぬた』



大好きなわけぎが旬を迎えたので、ウキウキ作りました~!


わけぎが旬じゃないときは、いつもねぎで作るんだけど、やっぱり「ぬた」にはわけぎが最高!!
久々のわけぎのぬたは、すごくおいしかったです。*^^*


ぬたは、ごくごく普通の家庭料理だけど、
酸味のあるお味は、春の薬膳にぴったりなんですよーん。^^ (この話はずぃっと下の方で~)




ところでみなさま、「ぬた」には何を入れますか?

うちは、基本が「イカ」で(旦那がイカ星人だから)、イカが高いときは「薄揚げ」で作ったりします。

変化球バージョンで、「タコ」や「アサリ」なんかも使います。

あとは、酢味噌に「ごま」を入れたり「くるみ」を入れたり。
「からし」を入れたり「豆板醤」を入れたり。(豆板醤入りも、おいしいですよ~!)


その日の気分や体の調子、お財布事情(笑)を加味しつつ、作りまーす。^^





ぬた3




この日のぬたは、「イカ」「わけぎ」「くるみ」で。

酢味噌には、子どもも食べやすいように、からしは入れてません。
酸っぱさも、控えめです。(ちょっぴり甘めかな~)




薬膳的な効能はというと・・・


「イカ」は、血を補ってくれるので、春は過労気味になる「肝」を助けてくれる食材です。
またイカは、腎をしっかりと補ってくれる食材でもあります。
貧血や月経不順の改善、体力の回復などに効果がありますよ~。

酢味噌に入れる「酢」は、血の巡りをよくし、その酸味は「肝」が好む味でもあります。

「くるみ」は、すっかりおなじみ!しっかりと「腎」を補ってくれるアンチエイジング食材ですよね。^^



というわけで、ざっくりまとめると、
「イカで血を補い、酢の酸味で肝を補う。くるみとイカで腎を補う。」
「肝」と「腎」にとてもいい一品でーす。^^




今回は、イカを使ったけど、
イカの他には、タコもいいし貝類もおすすめです~!

特に、貝類はめちゃおすすめ!
春の食養生の話 のときにも書いたけど、
「肝」が弱りやすい春には、肝機能を高めてくれる「貝類」を積極的にとるようにするといいんです~。

たとえば、「あさり」。
あさりは「寒性」で、体の余分な熱を取るので、春には「体がほてるんだよなぁ~」という方(=それは私w)に向いています。
(※逆に冷える方は、摂り過ぎ注意!体を温めるものと一緒にとるようにしましょう)

また、血を補ってくれるので、貧血の方におすすめ。
体内の老廃物や余分な水分を排出してくれたり、疲労回復やイライラや不安感の解消などにいいとされています。^^





ぬた4



これからの時季、
「貝類やイカ・タコ入りの酢味噌和え」が、おすすめでーす!


次は、あさりバージョンにしよかな。(火照りが気になるわたし用w)






***


【薬膳メモ】


<イカ>
(肝の働きを助け、腎を補う)
血を補い、陰を補う→月経トラブルの改善、体力回復などに。
体の余分な熱をとり、潤いを与える

<ねぎ>

体をあたためてくれるので、寒気からくる風邪のときにいい。免疫力も高めてくれる。

胃腸の働きを整えてくれる。


(※わけぎ:ねぎによく似ているが、ねぎとは別。ねぎとたまねぎの雑種で、緑黄色野菜のひとつといわれる。薬膳的な効能は、ねぎとよく似ているといわれるので、ねぎの効能をメモしました)  


<くるみ>

脳の活性化、白髪や脱毛の防止にも。→老化防止!

足腰の衰えにも○。

油分が腸を潤し、便通をよくする。→デトックスに。→美肌に○。

肺を温め、慢性の咳や喘息にも。

 

<酢>

温性で、体を温め、血をきれいにして、めぐりをよくする。→美肌に。
むくみや未消化物を解消し、血や痰によるしこりや結石などをやわらげる。
→体内にたまった老廃物を排出する。 体力回復にも。




****************************************



『イカとわけぎのくるみぬた(酢味噌和え)』

 


【材料】*4人分*

 

・わけぎ 2束

・イカ 70~80g

<A>

・味噌 大さじ2

・酢 大さじ1

・砂糖 大さじ1弱

・みりん 大さじ1

・くるみ(ローストしたもの) 適量(今回は15ぐほど入れました)

 

+お好みで、からしや豆板醤を少し入れるとパンチがでます


 

【作り方】

①わけぎをさっと塩茹でし、水にさらして、ざるにあげ、食べやすい長さにカットして水気を絞る。


②イカも、食べやすい大きさに切ってからさっとゆで、ざるにあげる。


③ボウルに<A>を入れてよく混ぜ、酢味噌を作る。①、②、粗く刻んだくるみを入れて和える。


+++使用する味噌によって味が変わるので、味をみて分量を加減してくださいね~+++



****************************************

   

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の、大きな励みになってますので、 お帰りの際、ぽちっと応援いただけると、すごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです)

 

レシピブログに参加中♪  

 

できるだけたくさん更新できるよう、がんばりまーす!!

 

****************************************