おはようございまーす。^^



今日はだいぶ筋肉痛でーす。
ふだん運動しない42歳が、この土日「キレッキレのダンス」を張り切って楽しんだ代償でーす。(笑)


今日は、体をいたわることにしよう…w



さてさて。
そこそこ前に、「おにぎらずにはまってまーす!(チビが)」って書いたことがあります が、
あれからも、我が家のおにぎらずブームは続いております。^^


おにぎらずの素敵なところは、
どんな具材を挟んでもほぼ間違いなくおいしい!というところ。


「海苔から生まれた海苔星人」のチビも、
(あれ?たしか私が産んだハズ…)
おにぎらずにすると、たいていなんでも間違いなく喜んで食べてくれるし、
前日のおかずの残りを活用するのに、ぴったりです。w




というわけで、今日は「おにぎらず」!

今日のおにぎらずは、
冷蔵庫に常備してた「大根と人参のなます」を活用したおにぎらずです。

大根がおいしい今の時季は、大根と人参のなますを常備菜としてちょいちょい作ります。
作っておくと、一品足りないってときに便利だし、意外とアレンジもきくからね~。

たとえば、ビビンバ風にしてみたり~ベトナムサンドのバインミー風にしてみたり~ 。(どっちもなんちゃって~ですがw)



で。
なにを血迷ったか、「バインミー風のおにぎらずを作ってみよう!」て、突然思ってしまった。w

こんなんできましたけど~。↓




おにぎらず6




  ↑ 『バインミー風おにぎらず』



フランスパンじゃなくてご飯やし、見た目に「バインミー感ゼロ」ですが。(;´▽`A``
一応、ベトナムのサンドイッチ「バインミー」を意識して作りました。(どこからどう見ればバインミー?笑)


ちなみにバインミーとは… Wikiさんに聞いてみよう~  


バインミーが大好きで、ときどき無性に食べたくなるんです。(グリーンカレーとかも無性に食べたくなる~)

そういうときに備えて、レバーパテとか、ヌクマムとかシーズニングソースとか、
昔は常備してたりもしたけど、もう最近は、そこまでできなくて。(;^_^A

「なんちゃってすぎるバインミー」しか作れません!(きっぱり)
それでも、野菜たっぷりとれるし、それなりにおいしいのでヨシとしてます。^^



私がよく作る「なんちゃってバインミー」は、

・フランスパンに横に切り込みを入れて、たっぷりとバターorマーガリンを塗る(たっぷりがポイント)。
・サンチュかグリーンリーフを敷いて、なますとメインの具材(肉系だったり魚介系だったり)を詰めて、マヨネーズをちょいとしぼる。
・あれば、パクチーも入れる。(できれば大盛り希望)
・仕上げに、シーズニングソースをがーっとかけて食べる(これ最高♡)。なければヌクマムorナンプラーでも可。スイートチリソースでも可。

だいたい、こんな感じ~。 




で。
今日の「バインミー風おにぎらず」は、「フランスパン→ご飯」に代えて作りました。


もはや「なんちゃって」を通り過ぎ、「完全に別物状態」です。( ̄ー ̄;


だけど、おいしかったんでアップします。w





おにぎらず3





パンにバターを塗る代わりに、ご飯にバターを混ぜて「バターライス」にしました。

あとは、おうちにあったもんで具材を準備。
お肉は豚肉を使ってナンプラーな味付けに。

葉っぱもんはサンチュで、きゅうりとパクチーはなかったので断念。
大根と人参のなますは、作り置きのものを使って、いつもは入れないけど、炒り卵を入れてみました。きれいかなと思って。

具材が準備できたら、あとはおにぎらずの形にするだけ~。



いまさらって感じですが、おにぎらずの工程を書いてみますね。
めっちゃ雑ですが、ご参考までに~。^^



工程1



海苔より大きめのラップを敷いて、海苔を置き、真ん中にご飯を乗せて、平らにします。



工程2


ごはんの上に、具材を乗せます。
ぽろぽろとこぼれやすいものを中にはさんでしまうようにすると、きれいに作れる気がします。

今回のおにぎらずだと、ごはん→サンチュ→炒り卵→なます→お肉→マヨネーズ、の順に乗せました。
こぼれやすい炒り卵となますを、真ん中にはさみこむ感じで。



工程3



最後に、もう一度ご飯を乗せて、平らにします。
何気に、これが一番やりにくい作業だと思います。

ぽろぽろご飯がこぼれ落ちたり、具材が崩れたりしやすいので、気を付けて~。
(言うてる自分が一番気を付けぃ!)




工程4



あとは、海苔の四隅をぱたんぱたんとたたんで、ご飯を包み隠します。
ふんわりというより、きゅっと締める感じで。



工程5



作業が雑で、ご飯がぜんぜん真ん中にきてませんけど(汗)、気にしなくてもぜんぜん大丈夫。(ほんまか)

包んでしまえば、わかりませーん!(笑)




工程6



包み終わったら、ラップで包んで、海苔とご飯を馴染ませます。
馴染んだところでラップを外し、さっと濡らした包丁で、2つにすぱっとカットして、できあがり。

具材の準備からトータルで、20分くらいって感じかな?(なますもいちから作ったら、30分?)



節分の恵方巻き作るより、何倍も簡単やし、意外ときれいっぽくできちゃうのが、「おにぎらず」のミラクルなところ!
そして、どんな具材をはさんでも、意外とおいしくできちゃうのが、「おにぎらず」のミラクルなところ!



このおにぎらずも、とってもおいしかったです。( ´艸`)

ご飯をバターライスにしたのが、大正解!これ、めっちゃポイントです。
海苔とも相性◎、ナンプラーをきかせたお肉とも相性◎だし、なんとなくバインミー的な味にしてくれます。(笑)

なますのシャキシャキした食感がアクセントになりつつ、
酸味が、がっつり系のお肉とよく合うので、いくらでも食べれちゃう感じ!

あれば、シーズニングソースをかけて食べるのがおススメ!
なければ、ヌクマムやナンプラーをちょいとかけて食べてもいいし。
今回は、スイートチリソースをちょいと付けながら食べました。




おにぎらず8



これもうまし。^^



そうそう、「なます」は、おうちの定番の味のもので大丈夫です。^^
でも、もしよかったら、こんななますもあります よ~。(今回は、レシピの柿は抜いて、醤油をナンプラーに、白ごまをピーナッツに置き換えて作ってます!)





おにぎらず5


 
よく使う食材ばかりなので、薬膳の効能も、もうお馴染みかな~と思います。^^
とにかく、
気・血ともに補って、巡りをよくして、体を元気にしてくれる食材がたっぷり!! (すんごいざっくりw)


きっと姉さんのダンスを、
さらに「キレッキレ」にしてくれることでしょう~。^m^





おにぎらず2  



おにぎらず、バンザイ!! \(^_^)/




みんなの“おにぎらず”を大募集|料理のレシピブログ
みんなの“おにぎらず”を大募集|料理のレシピブログ







***


【薬膳メモ】


<豚肉>
(部位によって効能は様々だけど)気を補い、血を補い、体の潤いを補ってくれる。
→から咳や、肌の乾燥、便秘にも。
腎を補ってくれるので、疲労回復や、産後の体力回復、母乳の出をよくする効能もあるとされる(特に豚足)。

<鶏卵>

体に潤いを与えてくれる。→体力回復・口の渇き・喉の痛みや咳などに。

血を補ってくれる。→体力回復や、貧血などに。

脾・胃の機能を整え、強くしてくれる。


<大根>
体にこもった熱を取り、胃腸の調子を整え、喉の痛みや咳・痰を改善する。→熱からくる風邪に○
潤いを補ってくれる。→風邪予防、美肌に。

<人参>

脾の機能を整え、胃などにある消化しきれていないものを取り除く効能がある。

→脾胃の機能がまだまだ未発達な子供の、消化不良にいいとされる。

血を補い、肝の働きを整え、貧血や、目のトラブルを改善する。

→疲れ目、かすみ目などの視力の不調(=明目)や、夜盲症、ドライアイにも。
★成長期の子供や、パソコンをよく使う方に、おすすめの食材!★

<白米>
気を補い、脾・胃の機能を補って、消化機能を高める。

<バター>

気と血を補い、体を潤し、五臓の働きを高めてくれる。
→喉や肌の乾燥を改善、便秘の解消、疲労回復に。

<酢>
温性で、体を温め、血をきれいにして、めぐりをよくする。→美肌に。
むくみや未消化物を解消し、血や痰によるしこりや結石などをやわらげる。
→体内にたまった老廃物を排出する。 体力回復にも。 <酢>

<海苔>
寒性で体を冷やすけど、腎を補ってくれるアンチエイジング食材のひとつ。
水分の代謝が滞ることで体内にできてしまった痰(様々な病気の原因物質)をとる。
体内の余分な水分を排出し、むくみを改善してくれる。おしっこが出にくいときにも。
皮膚や粘膜を保護する効能も。





****************************************




『バインミー風おにぎらず』


【材料】(おにぎらず2個・2人分くらい)

・温かいごはん 250gくらい
・バター 10~15gくらい

・焼き海苔 2枚
・サンチュ 1枚(芯を取って縦横にカットし4枚にする)
・紅白なます(汁気を切っておく) 適量
・卵 1個(塩・砂糖各少々で味付けしておく)
・マヨネーズ 適量

・豚肉 100g
・サラダ油 大さじ1
・塩・こしょう 少々

<A>
・酒 大さじ1/2
・砂糖 小さじ1/2
・ナンプラー 大さじ1/2
・おろしにんにく 少々
・レモン汁 少々

 +お好みで、シーズニングソースやスイートチリソースを添えて。


【作り方】
①大根と人参のなますを作る。(ご自宅のなますでどうぞ!よろしければコチラ を参考にしてください。)

②温かいごはんとバターを混ぜ合わせ、バターライスにする。

③フライパンに油大さじ1/2を熱し、炒り卵を作る。皿に取り出しておく。(※全部は使いません)

④③のフライパンをキッチンペーパーでさっとふき、油大さじ1/2を熱する。豚肉に塩・こしょうをふって炒め、<A>を加えて全体に味を絡ませるように炒める。

⑤ラップの上に海苔を置き、中央に②の1/4量を乗せる。サンチュ(2/4枚)→炒り卵→なます→豚肉の順に乗せ、マヨネーズをしぼり、その上にご飯の1/4量を乗せる。海苔の四隅を順に折り畳み、ラップで包んで馴染ませる。(※炒り卵もなますも適量乗せます!乗せ過ぎ注意~)

⑥海苔とご飯が馴染んだら、さっと濡らした包丁で半分にすぱっとカットする。できあがり。(同じ作業を繰り返してもう1つ作る)

+++お好みで、シーズニングソースやスイートチリソースをふったりかけたりして食べましょう~++


****************************************

                           

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の、大きな励みになってますので、 お帰りの際、ぽちっと応援いただけると、すごーくうれしいです。 ^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです)

                                            

 レシピブログに参加中♪                                                                   

できるだけたくさん更新できるよう、がんばりまーす!!

                                           

****************************************