おはようございまーす。^^


寒いですね~
月末ですね~
体も財布も寒いですね~ 

(ん?財布が寒いんは、うちだけか? アハハー)


というわけで、今夜はこれで決まりです。



治部煮1


 

  ↑ 『鶏胸肉で「治部煮」』



金沢の郷土料理「治部煮」が大好きです。
金沢出身ちゃうけどな。
ばりばり大阪出身・奈良在住の、コテコテのおばちゃんやけどな。


治部煮って、ほんとは鴨肉とかすだれ麩とか使って作るんですよね~。
でもわたし、鴨肉って買ったことも調理したこともないんですよね~。
わー、恥ずかしっ。


鴨肉で作ってみようかな~と思いつつ、近所のスーパー売ってへんし、
鶏もも肉で作ろうかな~と思いつつ、特売日以外は躊躇してしまう。
ついつい手が伸びるのは、お安い胸肉だったりするのよね~。 ノホホー


というわけで、我が家の治部煮は、鴨肉でもなく、鶏もも肉でもなく、「鶏胸肉で作るのが定番」でーす。
あ、ちなみに、すだれ麩も、入ってませーん。(すでに「別もの」w)




お肉以外の具材は、人参、椎茸、青い葉っぱもん。
だいたいいつもこんな感じ。

うちでは、「鶏肉×人参×椎茸」の組み合わせで作るもん、結構多いんです。

「鶏肉」は、胃腸の働きを高める効能があって、子どもの成長・発育を助けたり、働き盛りの旦那様の疲労を回復してくれます。

「人参」も、胃腸の働きを高める効能があって、胃腸の機能が未発達で消化不良になりがちな子どもに、すごくおすすめな食材です。
血を補って「肝」を補うので、貧血や目の不調にいいとされるので、パソコンをよく使う方にもおすすめです。お酒をよく飲む方にも~。

そして「椎茸」は、気を補って、免疫力を高めてくれる食材。


なので、
働き盛りの旦那様・成長期のお子さんに、
そして、毎日家族のために頑張る奥様・ママさんたちに、めっちゃおすすめの一品でーす。^^






青い葉っぱは、小松菜か水菜が多いかな。
アクが出ないし、時間のないとき(めんどくさいとき)は下茹でしなくてもいいし、子どもも食べやすいし。^m^

この日は小松菜やったみたいですけど、ほんまにめっちゃ急いでるときは、水菜がおすすめ。 すぐ火が通るからね♪

人参も薄めにきったら3分くらいで火が通るし、胸肉も薄く切るので3分くらいで火が通るから、トータルで15分もあれば完成する感じかな。^^ (ぶわーって作ったら10分・笑)


「さむさむ~」「早くあったかいもん食べたい~!」
ってときに、これはなかなかうれしいなと。^^

あったかい煮物で、早くほっこりしたいもんね♡
(そこそこ「手が込んでる風」に見えるんも、うれしい・笑)





治部煮5




お安い鶏胸肉でも、しっとりつるん♪とおいしくいただくコツは、

●胸肉を、薄く小さめにそぎ切りにすること
●下味をつけて、片栗粉をまぶすこと
●決して煮過ぎないこと

これで、しっとりで、ちゅるんとした口当たりの、それでいてしっかり味の乗ったおいしい胸肉ちゃんになってくれまーす。^^





治部煮2




出来立て熱々の治部煮に、「山葵」を添えて食べます。
わさびで食べるの、大好きです。
「治部煮のちょっとしっかりめのお味×わさび」の組み合わせって、ほんま最高♡
初めて治部煮作って食べたとき、この組み合わせを最初にやった人、すごーい!って素で感動したもん。


でも、たまには変化球投げたくなるのが、私の悪いクセ。(笑)
この日は、わさびの代わりに「柚子胡椒」を添えて、いただきましたー。(感動はいずこへ~)


たまには変化球も、必要やん?(変化球多すぎやw)
やっぱり、何事も、マンネリはいややん?(変化あり過ぎも問題w)
「安定感」とか「安心感」とか大切やけど、時には変化球で「ドギマギ」とか「驚き」とか「発見」とかも大切やん? 夫婦間もね。なんつってー。



わさびにしろ、柚子胡椒にしろ、どちらも体を温めて、胃腸を整えてくれる効能があるから、
その日の気分で、楽しんで決めちゃえばいいかなーと。^^
生姜でも、いいかもね。




詳しい材料と作り方は、➡コチラ★ に書いてますので、よかったら見に行ってみてください~!


今夜は、ともに「治部煮でほっこり♡」いたしませんか?^^






***


【薬膳メモ】


<鶏肉>
脾と胃を温め、その働きを高めてくれる。
成長・発育を助ける→成長期のこどもに。(生殖能力を高める働きも)
皮にはコラーゲンも。→美肌、老化防止。


<人参>

脾の機能を整え、胃などにある消化しきれていないものを取り除く効能がある。

→脾胃の機能がまだまだ未発達な子供の、消化不良にいいとされる。

血を補い、肝の働きを整え、貧血や、目のトラブルを改善する。

→疲れ目、かすみ目などの視力の不調(=明目)や、夜盲症、ドライアイにも。

★成長期の子供や、パソコンをよく使う方に、おすすめの食材!★


<椎茸>

気を補い、免疫力を高めてくれる。

生活習慣病の予防やガン予防にも効果があるといわれている。

(※天日に干した方が、栄養価がアップする)


<小松菜>
体の余分な熱を取り、気持ちを静める効能がある。→体がほてる、イライラするときに。
胃腸の働きを整え、便通を改善する。
カルシウムが豊富。

<柚子>
気のめぐりをよくしてくれる。
咳を止めたり痰の切れをよくしてくれるので、喉の風邪にいい。
胃腸が弱って食欲がないときや、二日酔いのときにいいとされる。
(※果汁は体を冷やすが、皮は体をあたためてくれるので、皮も一緒に摂ると○。)

<唐辛子>

脾・胃を温め、機能を高めて、食欲不振や消化不良を改善する。

体を温め、汗や尿として、湿邪を取り除く。(※便秘や咳のひどいときにはNG)

発汗作用を高める。心臓の働きを高める。(※高血圧やのぼせのある人はNG)


<山葵>

体を温め、血の巡りをよくしてくれる。

体内の余分な水分を排出してくれる→むくみの解消に。

胃腸の冷えを予防・改善する。

食欲増進、殺菌効果も。





****************************************

                          

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の、大きな励みになってますので、

  お帰りの際、ぽちっと応援いただけると、すごーくうれしいです。 ^^   

(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです)                                         

 レシピブログに参加中♪                                                               

 できるだけたくさん更新できるよう、がんばりまーす!!

                                               

****************************************