おはようございまーす。 ^^






「気付けばお盆ウィークだぁ~、どうしよう~」

って汗汗してる間に、

我が家も今日から、お盆休み突入です。  きゃーーー。




長期のお休みの前、特に帰省や旅行前って、

冷蔵庫の中身も、整理しとかなくちゃ~って、思いますよね~。



・・・うちは、今年は、帰省しないけど。 (・・;)




それに、長いお休みは、お出かけしたり、何かと、バタバタ。

楽しみが多い分、疲れもたまりがち。

元気パワーも、しっかり充電しとかなきゃ。




と、いうわけで、

冷蔵庫整理&元気パワー充電、両方兼ねて、作りました。 ^^





塩麹豚の漬け焼き丼2






  ↑ 『豚肉の塩麹漬けと残り野菜で、ごまにんにく蒸し炒め丼』






冷凍室に、

とんかつ用の、豚肩ロース肉が、3枚。




野菜室には、

玉ねぎ1/2個、キャベツが1/8個分くらい、

人参が少し(1/4本あるかないかくらい)、しし唐が6個。





     お盆目前、冷蔵庫で出番待ちしてたこの子たちを、使い切り~。





お野菜はね、野菜室に残ってるもん、何でもいいです。 (たぶん)

今回も、あるもん全部、ぶち込んだだけだから~。(笑)

ただ、水分の多い野菜を使うとか、野菜の量がやたら多いとか、

そういう場合は、味付けをちょいと濃くするなど、要調整でーす。 ^^







塩麹豚の漬け焼き丼4


 


作り方は、めちゃ簡単。

豚肉を塩麹に漬けこんでおきさえすれば、

あとは5分もあれば、オッケー♪




お肉と野菜をさっと焼き付け、

フタをして、3分ほど蒸し焼きにし、調味してざっと炒めたら、完成ーー!





と、こんな感じでめちゃ簡単なこの一品、

最大のポイントは、 「蒸し焼きにして炒める」 こと。




こうすることで、

時短&うまみたっぷり&お肉がやわらかく仕上がります
っ!






味付けも簡単。

お肉に塩麹の味が付いてるから、

あとは、

酒、すりおろしにんにく、白すりごま、でコクとうまみをプラスして、

香り付けに、醤油をすこーし。




   これで、オッケー。^^




いい感じに仕上がったら、

ほかほかのご飯の上に、どかーん!と乗っけて、

いっただっきま~~~す♪♪♪







塩麹豚の漬け焼き丼6





塩麹に漬けこんで、蒸し焼きにしたお肉は、

とってもやわらかでジューシー♪

にんにくの風味と、塩麹のうまみ、胡麻の香ばしい香りが、たまらーん♡






塩麹豚の漬け焼き丼7





お野菜たちは、

甘みがしっかり引き出されてて、おいしいー♪




    ご飯が、わしわし、食べれます。 ^m^






そうそう、

今回の味のポイントの一つが、「にんにく」。

使ったのは、コレ。 ↓




8月スパイス





今月のスパイス大使のテーマは、

『しょうが・にんにく・胡麻大活躍!手間ナシ♪夏の時短レシピ』




送っていただいたものは、

*ハウス特選本香り生しょうが
*ハウス特選本香り生にんにく
*ハウス白ねり胡麻




3つとも、私がよくお世話になってるものばかり。 ^m^

あ、でも、普段はチューブタイプを使ってるので、

大容量でリッチ仕様なビン詰めタイプは、初めて~♪  うれちー♡




で、こちらのすりおろしにんにく。

細かいすりおろしと、粒状のにんにくがブレンドされていて、

おろしたてのようなにんにくの旨さと風味が、手軽に楽しめる、という、優れモノ!

ほんとなら、使う直前にすりおろすのが一番おいしいんだけど、

にんにくすりおろすってのは、プチ手間なのと、手に匂いがずっと残るのが、困りもの。 ^^;

でも、これなら、手間も省けて匂いも移らず、しかも、風味がいい!




   とっても、便利です。 ^^





夏の時短料理レシピ
夏の時短料理レシピ スパイスレシピ検索






塩麹豚の漬け焼き丼9

 



ご飯にどかーんと乗せて、丼仕様にしてますが、  (ご飯、見えてないけど・・・)

ビールのお供には、ならんのか?っちゅーと、

そんなことはない。

ビールにも、とてもよく合います。




だけど、やっぱりコレは、

ホカホカご飯にぴったり(=がっつりお昼ご飯)だなーと思うわたしです。 ^^






    しっかりパワー充電して、お盆休みを満喫しましょう~。 ^^

         (ちなみに何して過ごすかは、いまだ家族で相談中。爆)←はよ決めぃ。

     







***


[薬膳メモ]

*白米・・・気を補い、脾・胃の機能を補って、消化機能を高める。

*豚肉・・・(部位によって効能は様々だけど)気を補い、血を補い、体の潤いを補ってくれる。

       →から咳や、肌の乾燥、便秘にも。

       腎を補ってくれるので、疲労回復や、産後の体力回復、母乳の出をよくする効能も

       あるとされる(特に豚足)。

*玉ねぎ・・・気・血の巡りをよくし、体を温めてくれる。 →美肌に。

        粘りのある痰や咳の緩和に。

        胃腸の調子を整え、消化を促進し、胃の不快感の改善に。

*キャベツ・・・腎を補い、胃腸の働きをよくしてくれる。→体全体の働きを高めてくれる。

         体内に蓄積した老廃物を散らす効能もある。→デトックス効果! 

         ビタミンCも多く含まれる。

  

*人参・・・脾の機能を整え、胃などにある消化しきれていないものを取り除く効能がある。

        →脾胃の機能がまだまだ未発達な子供の、消化不良にいいとされる。 

       血を補い、肝の働きを整え、貧血や、目のトラブルを改善する。

        →疲れ目、かすみ目などの視力の不調(=明目)や、夜盲症、ドライアイにも。 

       ★成長期の子供や、パソコンをよく使う方に、おすすめの食材!★


*しし唐・・・温性で、血の巡りをよくしてくれる。→美肌に○。血栓予防にも。
        胃腸の冷えを取り、調子を整えてくれる。
        肝の高ぶりを鎮め、目の疲れ・目のかすみ、目まいなどのトラブルの改善に。
        高血圧・がん予防・肥満予防にもいいとされる。

*白ごま・・・潤いを補うので、皮膚に潤いを与え、便秘の解消にも。

*にんにく・・・体を温め、下痢や、寒さからくる風邪に効果的。

         咳や痰を鎮めてくれる。 

        胃の活動を整え、体力の回復にも。

        (※はちみつとの組み合わせは×、陰虚体質の人にも×、とされる。) 
 

*塩麹・・・発酵食品のひとつで、

       腸内環境を整えてくれ、免疫力アップ、代謝アップ、デトックス効果もあり、

       アンチエイジングにもぴったり。もちろん、美肌にもよい。

      (※米麹・・・体を温め、気のめぐりをよくし、脾の機能を整える。             
             →消化不良や、下痢の改善。美肌に。)





****************************************


 



『豚肉の塩麹漬けと残り野菜で、ごまにんにく蒸し炒め丼』

 



〔材料〕*3人分*


・あたたかいご飯 3人分

・豚肩ロースとんかつ用 3枚
 

・塩麹 大さじ3

・玉ねぎ 1/2個 

・キャベツ 1/8個

・人参 すこし 

・しし唐 6本

・サラダ油 大さじ1

・すりおろしにんにく(「ハウス特選本香り生にんにく」使用) 小さじ1/2

・酒 大さじ2
・白すりごま 大さじ1 


 〔作り方〕 

①豚肉と塩麹をジップ袋に入れてよくもみ、空気を抜いて冷蔵庫へ。

 →半日以上、できれば一晩おく。
  

②玉ねぎはスライス、人参は薄く短冊切り、キャベツはざく切り、しし唐は穴をあけておく。

 お肉は1.5cm幅にカットする 。 


③フライパンに油を熱し、野菜をフライパンの片側にどさっと入れ、あいたところに豚肉を並べ、焼いていく。


④お肉の表面が両面焼けたら、全体をざっと炒め合わせ、酒+にんにくを加えてざっと混ぜ、
アルコールが飛んだらフタをして、中火で3分ほど蒸し焼きにする。
 

→すりごまを加えてさっと炒め、仕上げに醤油を鍋肌から加え、ざっと混ぜたら、完成。

 


****************************************

 

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の、大きな励みになってますので、

   お帰りの際、ぽちっと応援いただけると、すごーくうれしいです。 ^^
    (クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです)

レシピブログに参加中♪

 
         今年は、できるだけたくさん更新できるよう、がんばっておりますっ。

****************************************