ただいま、開催中の、


第2回 東京ごはん映画祭 」。





奈良在住のわたしは、


簡単には行けないけど、すっごい行きたい気持ちが強い。


レシピブログさんで、レシピコンテストも開催され、


去年も今年も応募してみたけど、


・・・・・・・かすりもせず。爆。





でもね、今年は、


ちょこっとだけ、


違うカタチで、参加できるの。^^





子育てスタイルさんのモニター企画 に、当選したんだよーん♪




モニターでいただいたものとは、


映画「eatrip」の、DVD!


ものすっごく、うれしい。*^-^*




decoの小さな台所。-eatrip1   




こんなパッケージ。


鮮やかな色彩が、視覚に飛び込んでくる。


とても好きな感じだー。*^-^*




decoの小さな台所。-eatrip2



ぱかっとあけると、こんなん~。


ナチュラル感たっぷり。素敵だ~。




一人になる時間を確保して(これがなかなか大変だった)、


じっくりと、映画「eatrip」の世界へ~。





映画は、


ひとつのストーリーがあって登場人物に感情移入する、というような感じではなく、


ドキュメンタリータッチで、いろんな人たちの、「食」についての考え方や、ライフスタイルを追ったものでした。


音楽も流れるけれど、終始、静かに、淡々と時が流れていくような感じ。


静かな分、お料理をするときの、「音」が、妙にリアルに感じられたりして・・・。


食べるときの「音」は、敏感に感じるけど、作るときの「音」を、こんなにリアルに感じたことは、なかったかも。




そして、色彩。


とにかく、色彩が、美しい。


ずっと、画面に見入ってました。笑。


食材そのものが持つ、色彩の美しさ。


はっとするほどでした。





映画のなかでも、五感を使って食べるということについて語られるシーンがあるけれど、


食べるときの「音」だけじゃなくって、食を作るときの、「音」。


これ、わたしももっと感じていきたいし、ちびさんにも、知ってほしいなーって、思いました。


あと、「触」という、感覚。


こどもって、離乳食になるころから、手掴みでものを食べるようになるけど、


あれって、成長過程で、とっても大切なんだよね。


でも、大きくなるにつれて、手掴みで食べることなんて、ほとんどなし。(料理にもよるけど)


これからは、食を「作る」ということを通して、「触」という感覚を、もっと、磨いてあげたいなーなんて、思いました。


もちろん、あたくしも、磨いていきたい。^^





音、色彩、匂い、味や食感、


そして、触るという感覚。


料理を食べるということにおいても、作るということにおいても、大切に感じていきたいです。


ちびさんと一緒に。^^





ちびさんが大きくなったときに、


それは、ささやかで日常的な記憶でしかないかもしれないけど、


もしかしたら、鮮明な記憶なんて残ってないかもしれないけど、


きっと、大切な糧となるんじゃないかな。


ふと、感じた匂いや味で、はっと思い出すことも、あるんじゃないかな。


そういうのって、素敵。^^





あと、映画ではね、


四季を感じて食べることについて語られるシーンもあったりするんだけど、


これは、わたしたちでも、意識的に、してると思うんだー。


旬の食材って、とにかく、おいしいしね。^^


でも、この映画にでてくるみなさんは、本当に、研ぎ澄まされた感覚で、繊細に四季を感じてるんだな、と思いました。


それだけ、「食」に、真剣に、向き合っておられるんだな、と。




わたしさ、一日の大半を、「今日のごはん、何にしよ?明日は何にしよ?」って、思って過ごしてる。


結構、いや、かなり、マジよ。


大マジだわよ。


難しいことはなにも考えてないしわかんないけど、


これでも、日々、「食」と、向き合ってる。と、思う。。。


ただただ、だんなクンとちびさんの体のこと、食べたいもののこと、好き嫌いの克服のこと、


いろーんなこと、考えてるだけやけど。^^;





そして、だんなクンもちびさんも、「今日のごはん、なに~?」って、必ず、聞いてくる。笑。


みんな、それぞれ、「食」には、大マジなのよ。笑。




研ぎ澄まされた感覚とか、繊細さとか、センスとは、ないけど、


とにかく、「食べること」が、大好きなのよ、みんな。


そして、


なかなか毎日は無理だけど、


家族みんなそろって、「いただきます」「ごちそうさま」ができる幸せ。


「おいしいね」「これ、な~に?」料理についてお話できる幸せ。


「今日ね、学校でね・・・」料理を食べながら、いろんなお話を聞ける幸せ。


「食べること」の周りには、幸せを感じる場面がいっぱいやね。^^


食べることが大好きなのは、おなかがすくから?おいしいから?いろんな幸せが感じられるから、なのかな?^^





「食」。


ひとつの食材、ひとつの料理を作ること、食べることを通じて、


たくさんのことを感じ、学び、人とつながることができる。


すごいな。。。




なんだか、


思うことをつらつら書いて、


まとまりのない記事になっちゃったけど、


それだけ、いろんなことを感じた映画だったってこと、なのです。^^




                                     モニター参加中!