おはようございます。
今日は6月6日ですね。

いまだに6月6日
=ドラえもんの絵描き歌を思い起こしてしまいます~(私だけ?)


さてさて。

梅雨真っただ中の今日この頃、
体にいろんな不調を感じてまして。

それなりに養生してるつもりでも、
ついつい忙しさにかまけてしもてちゃんとできてなかったのかも。(^^;)

てことで昨日、
こんな養生スープを作りました~。


梅雨のスープ2


↑『スペアリブと大豆ととうもろこしのスープ』

とにかくたまった疲れをとりたかったので、
安かった「スペアリブ」をたっぷり使用。

そして、梅雨の養生にいい「とうもろこし」と「大豆」を加えました。
(※詳しい効能については下記にて)


冬ならコトコトお鍋で煮るのもいいんですが、(台所もあたたかくなるし)
これから夏にかけては、煮る作業はだんだんつらくなってくる~てことで、

今回は愛しの「大同電鍋」ちゃんにお任せ。

火を使わないから暑くないし、
ほったらかしでOK&一気にたっぷり作れちゃうのもうれしいポイントです。^^


梅雨のスープ7

梅雨のスープ9

梅雨のスープ10


水と酒で煮て、塩・醤油で味付けしただけっていう、
めちゃくちゃシンプルなスープなんやけど、


じっくり煮込んだスペアリブはめっちゃやわらかくって、
とうもろこしはシャキっと甘みがあって、大豆はほっくりやさしい甘みがあって。

澄んだスープはうまみたっぷりで、
ブラックペッパーがいいアクセント!

素材のおいしさが活きていて、
体にやさしくじんわりと沁みこんでくのがわかる~♪


体も胃腸も弱ってたんやけど、
これ食べた翌日は、疲れもかなり取れて胃腸の調子もよくなってました。^^




それでは、レシピです。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


『スペアリブと大豆ととうもろこしのスープ』

【材料】(Lサイズの電鍋にたっぷり)

・スペアリブ 700g
・とうもろこし 2本
・大豆(ドライパック) 100g
・水 1800cc
・酒 大さじ2

・塩 小さじ1と1/2
・醤油 大さじ1/2
・ブラックペッパー 適量


【作り方】

梅雨のスープ工程1

梅雨のスープ工程2

梅雨のスープ工程3

①お鍋にスペアリブとたっぷりの水(お肉が十分かぶるくらい)を入れて火にかけ、茹でこぼす。流水で洗ってざるに上げる。

梅雨のスープ工程4

②スペアリブを茹でる間に、とうもろこしを食べやすい大きさに輪切りにする。

梅雨の養生スープ工程5

③電鍋の内釜に、①・②・水・酒を入れ、外釜に水360cc(付属のカップで2カップ分)を入れてフタをしてスイッチON。

梅雨の養生スープ工程6

梅雨の養生スープ工程8

④スイッチが切れたら、塩・大豆を加えて軽く混ぜ、
外鍋に水180cc(付属のカップ1カップ)を加えて再度フタをしてスイッチON。スイッチが切れたら醤油を加えて混ぜ、味をみて薄ければ塩で調整してブラックペッパーをふる。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


スペアリブを下茹ですれば、
あとは材料入れて、電鍋のスイッチぽん。


たったこれだけで、
豚肉ととうもろこしのうまみたっぷり&梅雨時季にうれしい効能が詰まったスープが完成!

電鍋にお任せ(=ほったらかし)でOKなので、ほんとにラクチンです♪
(普通にお鍋でじっくりコトコト煮ていただいても◎。※調味料や水分の調整は多少必要かもしれません)


ポイントは、
◆スペアリブを下茹ですること
◆とうもろこしを芯ごと入れること

豚肉の臭みと余分な脂を取りつつ、
うまみたっぷりのスープに仕上がります。

あと、ブラックペッパーはたっぷりめにふるのがおすすめです◎


それから、大豆は毎度おなじみ福山醸造」さんのドライパックのものを使ってます。
めっちゃおいしくて便利なので、愛用してまーす!


梅雨のスープ4


「豚肉」は、気や血を補い、疲労回復によくて、

「とうもろこし」&「大豆」には、気を補い、胃腸の機能を高体内の余分な水分を排出してむくみを解消してくれる効能があって。
胃腸の調子が悪くなったり、体がむくみやすかったりする梅雨どきにぴったり。疲労回復にも◎。

また、梅雨どきは、体の冷え・胃腸の冷えにも気を付けないといけないので、
体を温め胃腸の冷えを改善する効能がある「胡椒」を加えてます。

じっくり煮込んでる=胃腸にやさしいので、
疲れがたまってるときや、胃腸の調子がいまいち~ってときにおすすめのスープですよ◎。


梅雨のスープ5

たーーぷり作ったので、
2~3日はもつかな(作り過ぎ。笑)

これ食べてしっかり養生しつつ、
明日からも頑張ろうと思いまーす!(^O^)/


***

【薬膳メモ】

<豚肉>
(部位によって効能は様々だけど)気を補い、血を補い、体の潤いを補ってくれる。
→から咳や、肌の乾燥、便秘にも。
腎を補ってくれるので、疲労回復や、産後の体力回復、母乳の出をよくする効能もあるとされる(特に豚足)

<とうもろこし>
気を補い、胃腸の調子を整えて高める。
体内の余分な水分を排出し、むくみの解消に効果的。
高血圧の予防にも。

<大豆>
気を補い、脾を強くして、胃腸の機能を高める。
疲労回復や、むくみの解消にも効果的。
食物繊維が豊富で、便秘の解消に。→美肌に。
更年期障害の改善や、骨粗しょう症予防にもいいとされる。

<胡椒>
冷えによって弱った脾・胃を温め、おなかの冷え、痛みなどを緩和する。胃の機能をととのえ、吐き気などの症状の緩和に。食欲増進効果も。


******
★「LINE」で更新通知を受け取ることができます。

よかったら、登録お願いします。^^

★最近インスタにも投稿しはじめました。何かと迷走中&まだまだ投稿数も少ないですが、よかったらインスタもフォローお願いします!
インスタアカウント➡@deco_kitchen_

****************************************

★お手数をおかけして申し訳ないのですが、日々の更新の大きな励みになってますので、 お帰りの際ぽちっと応援いただけるとすごくうれしいです。^^(クリックしていただくと、このブログのランキングが上がる仕組みです) 

レシピブログに参加中♪ 

みなさま、今日もいい一日をお過ごしくださーい。^^
****************************************